本ページはプロモーションが含まれています

40代で転職してホワイト企業に入った←証券会社からIT人事に

40代からホワイト企業 地獄の40代の転職を成功させる方法

最後の転職は
ホワイト企業に

もう耐えられない…

ブラック企業から転職だ!

こんにちは46歳のタイスケです。

証券会社の営業として10年働いていましたが、もう限界…ということで46歳にして転職活動をしました。今はIT企業の人事としてめっちゃホワイト企業で働いています。

年収900万×残業ほぼゼロ。

今回は私の転職体験談を紹介します。

40代でも無料で使える転職エージェントはこちら

  • doda
    ※テッパンですね。年齢不問で使える大手転職エージェントです。
タイスケ
タイスケ

ちなみに、私が転職活動で使ったサービスはdodaです。

40代でも遅くない!証券営業からIT人事への転職体験談

ブラック営業からホワイト企業に転職

こんにちは。

今年転職したばかりのIT人事のサラリーマンです。

今回は、私の転職体験談を通して、40代での転職について、そしてホワイト企業への転職の魅力についてお話しします。あなたが同じように転職を考えているなら、ぜひ参考にしてください。

挑戦者の肖像:46歳での転職を決意したきっかけ

私が転職を決意したのは、証券会社の営業職として働きながら感じた違和感からでした。

営業職は成果主義が強く、社員の労働時間は長いです。

月80時間以上の残業が当たり前の環境。

健康を害し、プライベートの時間も家族との時間もなくなっていきました。

だから、「もっと人間らしく、心地よく働きたい」と感じ転職を決意しました。

証券営業からIT人事へのキャリアチェンジ

私が目指したのは、人事部門。なぜ人事を選んだかというと、企業の中心的な役割を果たす部署であり、働く人々の生活やキャリアを直接的にサポートする仕事がしたかったからです。

その選択は決して易しいものではありませんでした。完全な未経験分野であり、それまで築き上げてきた営業のスキルが直接活かせるわけではなかったからです。

しかし、挑戦することで見える新たな世界がそこにはありました。自分が育てることで、企業が成長し、働く人々が幸せになる。その可能性にワクワクし、挑戦を決意しました。

マネジメント経験が有利になった

結果として、私は人事になれました。(運がよかったのかもしれませんが…)

証券会社で20名をまとめる係長をしていたので、その経歴が活かせたのと、人事も営業的な知見が必要だったので、完全未経験からでも人事に転職できました。

担当の転職エージェントが未経験であってもスキルが活かせる職種や求人を紹介してくれたのが本当にありがたかったです。

ホワイト企業への転職←選ぶべきは残業ゼロの職場

40代で転職して家族を大切に

今、私が働くのは、ほぼ残業がないホワイト企業

ワークライフバランスを大切にし、従業員の健康と満足度を重視する企業です。私自身が体験してきたように、長時間労働は健康を害し、精神的なストレスを増大させる一方で、生産性の向上には必ずしも寄与しないことを痛感しました。

選択の理由:なぜホワイト企業を選んだのか

私がホワイト企業を選んだ理由はシンプルです。

自分自身の人生を大切にするため。

過度のストレスや無理な時間管理は、長期的に見て健康、家庭生活、さらには仕事のパフォーマンスにも影響を及ぼします。それに対してホワイト企業では、個々の働き方やライフスタイルを尊重してくれます。また、自己実現やキャリア成長にも繋がると感じています。

見極め方:ホワイト企業の見つけ方と選び方

では、ホワイト企業を見つけ、選ぶためにはどうすればいいのでしょうか。私が用いた方法は、まず企業の評判を調査することです。社員のレビューが掲載されているウェブサイトやSNS、そして直接知り合いから情報を得るなどして、企業の実態を探りました。また、企業が提供する福利厚生やワークスタイル、働き方改革の取り組みなども重要な判断材料となりました。

特に役立つのは企業の評判の口コミがみられる「転職会議です。いい評判も悪い評判も丸分かりです。

ホワイト企業の特徴とは

ホワイト企業は従業員にとって働きやすい環境を提供する会社です。その特徴にはいくつかのポイントがあります。

気付かずにブラック企業に就職したら最悪だな…ホワイト企業の特徴がわかれば、人生も大きく変わるかも!

離職率が低い

離職率が低いことは、従業員が長く働きたいと感じている証拠です。安定した職場環境が人々を引き留めます。

有給休暇取得率が高い

有給休暇を取りやすい文化があることは、従業員の健康とワークライフバランスを大切にしている証です。

有給休暇が取りやすい会社なら信頼できますね。上司との関係性も伺えて、社内の風通しが良さそうです。

男性育児休業取得率が高い

男性の育児休業取得率の高さは、ジェンダー平等と家族を大切にする企業文化を示しています。これにより、男女ともに働きやすい環境が整います。

旦那さんが育児休業で休んでくれるなら、かなり助かる!女性が社会に出るきっかけにもなりそう!!

残業時間が短い

残業時間が短い企業は、効率的な働き方を促し、従業員の健康とプライベートの時間を尊重しています。

女性の役職者が多い

女性が活躍している役職の多さは、キャリアアップの機会が平等に提供されていることを示しています。これは、多様性と包摂性の高い職場環境を反映しています。

女性の役職者が多いのは時代の流れに乗っている証拠。将来有望な会社って感じで信頼できる。

営業から人事へ:転職で感じた業務の違いと面白さ

40代でキャリアアップ

私が証券会社の営業職からIT企業の人事職に転職したことで、業務の違いと面白さを強く感じました。

営業職ではクライアントとの関係構築や営業活動が中心でしたが、人事職では従業員の雇用管理やキャリア開発、採用プロセスの改善など、組織全体の人材戦略に関わる業務に携わることができます。

人との関わりや組織の成長に貢献することに喜びを感じながら、新たなキャリアの道を歩んでいます。

挑戦のステップ:IT企業での人事職の日々

IT企業での人事職は多岐にわたる業務があり、日々新たな挑戦が待っています。人材採用の戦略立案や応募者との面接、社内研修やパフォーマンス評価の実施、従業員のキャリア開発支援など、幅広い領域で活躍することが求められます。さまざまな部署と連携しながら、優れた人材を採用し、育成していくことで、企業全体の成長に貢献できるやりがいを感じています。

40代で職種を変えて苦労した点

40代で職種を変えるとき、多くの挑戦があります。全く新しい分野でのスタートや就職活動には、特に大きな努力が必要です。

40代で転職するにはやっぱり努力が必要か…でも、努力して挑戦することで現状を打破できるならやる価値はある!

0からのスタート

新しい職種では、基礎から学ぶ必要があります。経験やスキルを一から築くことは、時間もエネルギーも必要です。

就職活動に時間がかかった

40代での転職市場は競争が激しく、理想の職を見つけるまでに時間がかかります。忍耐力と継続的な努力が求められます。

40代での転職は人生でも大きなターニングポイントになりそう。辛抱しながらも、しっかりと時間をかけるのも大事かも。

転職の成果:職種を変えて得た新たな視点と経験

転職によって職種を変えることで、新たな視点と経験を得ることができました。以前の営業職ではクライアントとの関係構築や成果の追求に重点を置いていましたが、人事職では従業員の成長や組織の発展に貢献することが求められます。人材の価値を見極め、適材適所の配置やキャリアパスの構築に携わることで、組織の持続的な成長に貢献することができるのです。転職によって得た新たな視点と経験を通じて、自身の成長も実感しています。

未経験でもうまく転職できた理由

未経験の分野に転職するのは簡単ではありませんが、成功への鍵はいくつかあります。サービスの利用や目標の明確化、挑戦する心がそれです。

未経験の分野に転職となれば、挑戦する気持ちが大切。さらに成功させるためには努力が必要不可欠ってことですね。

転職活動サービスの利用

転職サービスを利用することで、未経験でも挑戦できる仕事を見つけやすくなります。専門のアドバイザーがサポートしてくれるのが大きな利点です。

どうしても一人では不安だから、転職サービスを活用すれば心にゆとりができますね。間違ってブラック企業を選ぶリスクも減りそうです。

自分が転職して実現したいことの明確化

自分が何を求めて転職するのかをはっきりさせることが大切です。目標が明確だと、転職活動が具体的な方向を持ち、成功に近づきます。

信念をもって転職をすれば、採用する側にも伝わるんじゃないかな。転職が成功に終わる可能性も高くなるでしょうね。

挑戦する気持ち

未経験の分野への転職は、大きな挑戦です。新しいことを学ぶ意欲と、困難に立ち向かう勇気があれば、未経験でも成功することができます。

いくつになっても挑戦する心を忘れなければ、困難にも打ち勝って成功するはずじゃ。

ホワイト企業で働く利点:残業ゼロの真実

ホワイト企業で働く利点:残業ゼロの真実

私が感じた、ホワイト企業で働く最大の利点は、残業ゼロの環境です。私が転職したIT企業では、効率的な業務プロセスや適切な人員配置が行われており、残業がほとんどない環境で働くことができます。これにより、仕事とプライベートのバランスを取りやすくなりました。

家族との時間が取れるようになった

仕事とプライベートの時間の使い方に余裕ができました。家族や趣味に充てる時間が増えたことで、より充実感のある日々を過ごすことができるようになりました

働きやすさの秘訣:ホワイト企業で働く魅力とは

ホワイト企業で働く魅力は、働きやすさにあります。残業が少なく、労働時間や休暇制度が充実していることはもちろんのこと、風通しの良い職場環境や上司や同僚とのコミュニケーションの良さも魅力の一つです。私が転職したIT企業でも、チームワークを大切にし、助け合いながら働く風土があります。仕事に対するモチベーションが高まり、やりがいを感じながら働くことができます。

ホワイト企業での働きやすさは、私の転職の決断を後押しする大きな要素でした。

まとめ:40代からの転職、ホワイト企業への道

40代での転職は決して遅くありません。私自身が証券営業からIT人事への転職を果たし、ホワイト企業での働き方を経験しました。残業ゼロやワークライフバランスの向上など、さまざまなメリットがあります。転職を通じて新たなキャリアの道を切り開き、成長を実感することができました。

挑戦から見えた新たな景色:転職を通じて感じた成長

40代からの転職は新たな挑戦ですが、その先には成長と新たな景色が待っています。私が転職してホワイト企業で働くようになってから、自分自身の成長を実感することができました。新しい職場環境での経験やスキルの習得は、自己成長につながるものです。転職を通じて新たなステージに進むことで、自分の可能性を広げることができます。

40代転職のアドバイス:ホワイト企業への一歩を踏み出すために

40代でホワイト企業への転職を考えている方に向けて、アドバイスをいくつか共有します。

  • 転職エージェントに聞こう
    ※自分の職歴でどんな仕事に転職できるか確認してみましょう
  • 残業時間は必ず確認しておこう
    ※ブラック企業は残業時間を隠します
  • 自己分析しよう
    ※40代にもなって自己分析…ってダサく思われるかもしれませんが、転職活動では超必須です。

転職活動では、自己PRや面接対策に時間をかけ、自信を持ってアピールすることも大切です。転職は新たなステージへの一歩です。自分の可能性を信じて、ホワイト企業への転職を実現させましょう。

40代のおススメ転職サイトの情報を詳しく知りたい方はこちらをご参考ください。

40代におススメのサービス
  • doda
    ※テッパンですね。年齢不問で使える大手転職エージェントです。