本ページはプロモーションが含まれています

ISTJに最適な仕事は?安定の年収450万を目指すべき?←めっちゃ会社員向いてる

ISTJとは、性格診断において、”管理者型”に分類される方達のことです。データや実績に基づいて物事を考える性格で、安定した社会基盤の維持に大きく貢献できる人たちが多いです。

ISTJ型のあなたは、事実に基づいた決断が得意で、ルーティンワークをこなす真面目さを持っています。しかし、どのような職業がISTJにフィットするのか?それは、組織的思考と実務的スキルを活かせる場所です。会計士、エンジニア、法律家などが自然と輝ける職場と言えるでしょう。

いわゆる、仕事をキッチリこなせるタイプということですね

(周りから憧れられるタイプですね〜)

職業適性を見極める←あなたの強みを活かせる場所

決められたルールや手順を好むISTJ型は、秩序のない職場が苦手。例えば、個人のルールが横行している‥といった自由すぎる社風の職場だと、あなたの強みが発揮しにくいでしょう。

データは語る←数字で見るISTJの職業適性

ISTJ型は、データや実績に基づいて物事を考えるため、情報の整理や分析を得意とします。統計学やデータ分析の分野でも、その能力を発揮することができます。

「好きな言葉はエビデンス」っていうあなたは恐らくこのタイプ!

安定を求める職業←長期的視野で考える

ISTJ型は変化が大きな環境を苦手としているため、転勤が多い職場は苦手なようです。同じ会社とはいえ、場所が違えば雰囲気や細かいルールも変わってくるもの。

転職市場とISTJ←どんな業界が適している?

安定した業界で求められるのは、信頼性と正確性です。ISTJの特性は、変化の少ない業界、例えば公共機関や大手企業で重宝されます。

アドリブよりも、自分の中でしっかり台本を作っておきたいタイプ!

キャリアの進路を考えるとき、ISTJ型は安定と実績を重視します。自分の能力を最大限に活かし、安定した職業に就くことが重要です。年収450万円の安定した収入を目指すなら、中堅企業の管理職や公務員がおすすめです。

中堅企業とは…独自の経営力・技術力をもって堅実に経営している企業を指す。環境変化を苦手とするISTJ型にとって、働きやすい環境にあると言えるでしょう

長期的な視点で考える←キャリアのステップを計画する

日々の業務を忍耐強くコツコツと続けていけるISTJは、充分な経験を積んでいけば責任ある立場を任されていき、安定した仕事ぶりを発揮できるはずです。

安定した収入を得る職業←年収450万円を目指せ

堅実なキャリアアップを図りたいなら、財務や会計、さらには行政職が適しています。昇進の可能性も視野に入れつつ、勤務先を選ぶことがカギです。

数字がピッタリ合うのに快感を覚えるタイプなら、まさに適職!

ISTJ型は時に冷静すぎると見られがちですが、その客観性は職場での信頼を築くためには不可欠です。ただし、感情の橋渡しも重要で、これを理解することで職場での人間関係がスムーズになります。

普段から職場の人間関係を構築していくことで物事がスムーズに進む場面もあります。たまには心のヘッドホンも外してみよう!!

ISTJ型があまり信用することのない、思いつきの発想が状況を打破することもあります。多様な考え方も受け入れていくことで、人間関係がスムーズにいくことにもつながります

コミュニケーションでの誤解を避ける←事実と感情のバランス

感情を無視せず、時には積極的に人間関係を築くための努力が必要です。例えば、フィードバックを与える際は、肯定的なコメントを先に述べることで、相手の受け入れやすさを高めることができます。

同じ内容を伝える場合でも、伝え方によって相手の受け取り方が変わることもあります。

ISTJ型は生まれながらのリーダーではないかもしれませんが、計画性と責任感でチームを牽引できます。細部にわたる管理能力は、プロジェクトの成功に不可欠です。

自分からアピールすることが苦手でも、気がつけば周りから頼られていることも多いのでは?あなたがいるだけでプロジェクトは成功します!もっと自分をアピールしてみよう

リーダーシップスタイルを磨く←細部に目を光らせ

職業相談において、ISTJ型は具体的で実用的なアドバイスを求めます。自分の性格と仕事の相性を見極め、適職を見つけるための具体的なステップを踏むことが大切です。

ジャーナリストの池上彰さんもISTJだと言われているよ。自分からグイグイ引っ張っていく感じではなさそうだけど、きっちりと自分の仕事を全うするところは、まさにISTJ型!

職業と性格のマッチング←自分に合った仕事を探す

自分に適した転職先を見つけるために、転職エージェントのサービスを利用するのもアリです。転職エージェントを利用する最大のメリットは、求職者の特性や強みに合った提案をしてくれるため、転職後のミスマッチが生じにくいです。また、通常の転職サイトにはない非公開求人を紹介してもらえることも。

転職を考えるISTJへ←どの道を選ぶ?

自分の性格を理解し、それに合った職業を選択することで、仕事の満足度が大きく向上します。専門のキャリアカウンセラーに相談することも一つの手です。

論理的思考を持ち、情報の整理/分析が得意なISTJタイプは、自分の適性に合った転職先を見つけることが出来れば、職場で必ず活躍出来るはずです!