看護師辛いし大変だしキツイ←辞めて違う仕事しよう

看護師キツイ看護師の転職
看護師
看護師

看護師きつくね?辞めたい。真面目に働くのがバカらしくなってきた。

看護師という職業は、多くの人々にとって命を預かる重要な仕事ですが、その裏側には数々の困難が潜んでいます。この記事では、看護師が感じる「辛い」という感情の背景にある要因を探り、その解決策を考えてみましょう。

まるすけ社長

岩手出身の40代の転職エージェント。2児の父。高卒・おにぎり工場勤務からリクルートに転職。2018年頃に人材紹介会社を設立。現在は従業員70名程度の中堅転職エージェント会社の社長です。趣味はブログと定食屋めぐり(笑)、のんびりと仕事探し業界のリアルをお伝えします。

まるすけ社長をフォローする
看護師辛いし大変
 
 
  1. 看護師が辛い理由5選
    1. ①人間関係が辛い
      1. 閉鎖的な空間だから
      2. いじめ・パワハラも多い
    2. ②責任が大きい
      1. 医療の仕事はメンタルワーク
      2. 患者さんを傷つけてしまう不安
    3. ③給料が低い
      1. 平均年収は500万程度
      2. 職場によっては300万円台もある
    4. ④リモートワークできない
      1. 在宅でゆったり働けない
      2. 有給休暇も取得しにくい
    5. ⑤思ったよりも地味
      1. もっとキラキラした白衣の天使だと思っていた
      2. 汚物処理の仕事が多い
  2. 看護師なんてバカバカしい←心の叫び
    1. どうして医者の奴隷みたいな扱いになるの!?
    2. 真面目に働くのがばかばかしくなってきた
      1. 理想と現実のギャップがある仕事
  3. 看護師の仕事で大変なこと3選
    1. ①人間関係
      1. 先輩看護師と医者の顔色を伺わなければならない
    2. ②汚物処理
      1. 患者さんの汚したシーツを洗う
    3. ③勉強
      1. 看護学校の知識だけでは足りない
    4. 【まとめ】看護師はきつくて大変
  4. 看護師辞めて違う仕事するなら?
    1. 訪問看護師は新しい働き方
      1. 好きな時間で高収入が稼げる
    2. 医療オペレーターは在宅勤務もできる
      1. 急病の方を電話でサポート
    3. 医療データ入力スタッフ(在宅可能)
      1. タイピングができる主婦看護師も活躍中
  5. 【まとめ】看護師辛いなら辞めよう
    1. 職場を変えるだけで働きやすさがアップするかも
      1. 転職は新しい人生の始まり
    2. 看護師資格を活かした一般の仕事も沢山あります

看護師が辛い理由5選

①人間関係が辛い

人間関係のトラブルは、どの職場にも存在しますが、看護師の場合はその影響が一層大きいです。

閉鎖的な空間だから

看護師は多くの時間を病院内で過ごします。そのため、職場は比較的閉鎖的な空間となりがちです。このような環境では、一度人間関係が悪化すると、その影響を受ける時間が長くなり、ストレスが積み重なります。特に夜勤などで長時間同じメンバーと過ごす場合、その影響は計り知れません。

いじめ・パワハラも多い

看護師の職場においては、いじめやパワハラが頻繁に報告されています。特に新人看護師が狙われやすく、これが原因で退職を考える人も少なくありません。いじめやパワハラは、看護師が持つプロフェッショナリズムにも影響を与え、最終的には患者へのケアにも悪影響を及ぼす可能性があります。

このような状況を改善するためには、職場文化の見直しや、メンタルヘルスのケアが必要です。また、看護師自身が自分の心の健康を大切にすることで、人間関係のストレスを和らげる方法もあります。

②責任が大きい

看護師の仕事は、文字通り「命を預かる」仕事です。そのため、負う責任は計り知れません。

医療の仕事はメンタルワーク

看護師の仕事は、単に医療技術を駆使するだけでなく、患者さんの心に寄り添う必要があります。そのため、この仕事は高度なメンタルワークとも言えます。一つのミスが患者さんの命に関わる場合もあり、そのプレッシャーは常人が想像する以上に重いものがあります。

患者さんを傷つけてしまう不安

患者さんに対するケアが不十分だった場合や、医療ミスを犯してしまった場合の責任は重大です。そのような状況に陥った場合の心的ストレスは、看護師自身が持つプロフェッショナリズムにも影響を与え、仕事への情熱やモチベーションを低下させる可能性があります。

③給料が低い

看護師の仕事は専門性が高く、責任も大きいにも関わらず、給料が低いと感じる人は少なくありません。

平均年収は500万程度

看護師の平均年収は約500万円とされています。この数字は一般的なサラリーマンと比較しても決して高いわけではありません。特に、看護師が求められる専門性やスキル、責任感を考慮すると、多くの看護師が「給料に見合った評価を受けていない」と感じています。

職場によっては300万円台もある

さらに悪いことに、職場によっては年収が300万円台という、非常に低いケースも存在します。このような状況では、看護師としてのスキルや経験が十分に評価されていないと感じ、仕事に対するモチベーションが低下する可能性が高いです。

このような問題に対処するためには、看護師自身が自分の価値を高める努力が必要です。また、職場選びにおいても、給与だけでなく、教育制度や福利厚生、人間関係など多角的に評価することが重要です。

④リモートワークできない

看護師の仕事は、その性質上、リモートワークが難しい職種です。これが、特に新型コロナウイルスの影響で在宅勤務が一般化している現代において、ストレスの一因となっています。

在宅でゆったり働けない

多くのオフィスワークがリモートワークに移行している中、看護師はその恩恵を受けられません。医療現場での対面でのケアが必須であり、在宅でゆったりと働くという選択肢は基本的に存在しないのです。

有給休暇も取得しにくい

さらに、医療現場は24時間365日、誰かが働いていなければならない環境です。そのため、有給休暇も取得しにくいのが現実です。このような状況は、看護師のワークライフバランスを崩す大きな要因となっています。

⑤思ったよりも地味

看護師という職業に対するイメージと現実は、しばしば乖離しています。多くの人がテレビドラマや映画で見る「キラキラした白衣の天使」を期待していることが少なくありません。

もっとキラキラした白衣の天使だと思っていた

多くの人が看護師に対して持つイメージは、患者さんを優しくケアする「白衣の天使」です。しかし、現実はそう綺麗事ばかりではありません。看護師の仕事は、時には厳しい現実と向き合わなければならないものです。

汚物処理の仕事が多い

看護師の仕事には、汚物処理など地味で厳しい作業も多く含まれています。これは、看護師が担当するケアの範囲が広いため、避けては通れない道です。このような「地味な作業」が多いことも、看護師が「辛い」と感じる要因の一つです。

看護師なんてバカバカしい←心の叫び

看護師という職業に対するフラストレーションは、多くの人が感じるものです。特に、医者との関係性や仕事の内容に対する不満が積もり積もって、「看護師なんてバカバカしい」と心の中で叫びたくなる瞬間も少なくありません。

どうして医者の奴隷みたいな扱いになるの!?

医療現場において、医者はプロフェッショナルとしての地位が確立されていますが、看護師もまた専門的な知識とスキルを持つプロフェッショナルです。それにも関わらず、「医者の補佐役」や「医者の奴隷」といった扱いを受けることがあるのは、多くの看護師が感じる不満点です。

真面目に働くのがばかばかしくなってきた

看護師は、命を預かる重要な仕事をしています。そのため、一生懸命に、そして真面目に働くことが求められます。しかし、その努力が報われない、または周囲から評価されないと感じると、真面目に働くこと自体が「ばかばかしい」と感じてしまうこともあります。

理想と現実のギャップがある仕事

多くの看護師がこの職に就く際、持っていた理想と現場での現実が大きく乖離していることに気づきます。例えば、看護師になることで「人を助けたい」「医療に貢献したい」といった高尚な理想を抱いていたものの、現場では厳しい人間関係や過酷な労働環境に直面することが多いです。このような理想と現実のギャップが、看護師が「辛い」と感じる大きな要因となっています。

看護師の仕事で大変なこと3選

看護師の仕事は多岐にわたり、その中には非常に厳しい側面も多く存在します。以下では、特に大変とされる3つのポイントについて詳しく解説します。

①人間関係

先輩看護師と医者の顔色を伺わなければならない

看護師の仕事は、医療チームの一員として働くため、人間関係が非常に複雑です。特に、先輩看護師や医者の顔色を伺い、その気分や指示に応じて行動しなければならない場面が多いです。これがストレスとなり、メンタルを消耗する原因ともなります。

②汚物処理

患者さんの汚したシーツを洗う

看護師の仕事には、汚物処理も含まれます。これは、患者さんが汚したシーツを洗ったり、排泄物を処理するなど、一般的にはあまり知られていない厳しい側面です。これらの作業は、感染症のリスクもあり、非常に注意が必要です。

③勉強

看護学校の知識だけでは足りない

看護師になるためには、専門的な知識と技術が必要です。しかし、看護学校で学んだことだけでは、現場での対応は難しいです。医療技術の進歩や新しい治療法の出現に対応するために、常に勉強を続けなければならないのです。

【まとめ】看護師はきつくて大変

看護師の仕事は、多くの人が考える以上に厳しいものがあります。人間関係のストレス、汚物処理の厳しさ、そして絶えず必要な勉強と、三重苦とも言える状況に置かれています。しかし、その一方で、患者さんの命を救い、多くの人々に感謝される瞬間もあり、それがこの仕事のやりがいでもあります。看護師という職業を選ぶ際には、このような厳しい現実もしっかりと考慮する必要があります。

看護師辞めて違う仕事するなら?

看護師の仕事が厳しいと感じた場合、他にも多くの選択肢があります。看護師の資格や経験を活かしつつ、より柔軟な働き方ができる職種も存在します。以下に、そのような選択肢をいくつかご紹介します。

訪問看護師は新しい働き方

好きな時間で高収入が稼げる

訪問看護師は、患者さんの自宅を訪れて看護ケアを提供する仕事です。この職種は、自分のスケジュールに合わせて働くことができるため、ライフワークバランスが取りやすいです。また、訪問先ごとに報酬が発生するため、効率よく高収入を得ることも可能です。

医療オペレーターは在宅勤務もできる

急病の方を電話でサポート

医療オペレーターは、電話やインターネットを通じて医療相談を受ける仕事です。看護師の資格や経験を活かして、遠隔で患者さんをサポートすることができます。在宅勤務も多く、子育て中の看護師にも適した働き方が可能です。

医療データ入力スタッフ(在宅可能)

タイピングができる主婦看護師も活躍中

医療データ入力スタッフは、医療機関で生成される大量のデータを整理・入力する仕事です。この職種は、一般的にはオフィスでの勤務が多いですが、在宅勤務も増えています。タイピングスキルがあれば、主婦であっても十分に活躍できる職種です。

【まとめ】看護師辛いなら辞めよう

看護師としての仕事が厳しいと感じるなら、それはそれで一つの答えです。人それぞれの状況や考え方があり、全ての看護師が同じ道を歩む必要はありません。もし、現在の職場や環境が合わないと感じたら、その先には他の選択肢も広がっています。

職場を変えるだけで働きやすさがアップするかも

転職は新しい人生の始まり

職場環境は人それぞれ異なります。一つの職場でうまくいかなかったからといって、それが全ての看護師の仕事に当てはまるわけではありません。新しい職場での人間関係や業務内容が、今のよりも合う可能性は十分に考えられます。転職は新しいスタートを切る大きな一歩であり、多くの場合、新しい環境は新しい自分を引き出してくれます。

看護師資格を活かした一般の仕事も沢山あります

看護師資格は多くの分野で活かすことができます。医療以外にも、福祉や教育、企業の健康管理など、看護師のスキルと知識が求められる場は多いです。資格を持っているからこそ、多くの道が開かれています。