本ページはプロモーションが含まれています

看護師の仕事行きたくないときの必殺技←メンタル病む、辞めたい

看護師仕事行きたくない 看護師の転職
看護師
看護師

整形外科の看護師ってどんな仕事?稼げる?リハビリ専門?

看護師という職業は、非常にやりがいがある一方で、ストレスも多い仕事です。特に新人看護師や長時間労働が続く中で、「仕事に行きたくない」と感じることは少なくありません。この記事では、そんな看護師が仕事に行きたくないときの「必殺技」を紹介します。メンタルが病む前に、どう対処すればよいのか、具体的な方法を解説します。

お金に困らない年収600万
レバウェル看護

看護師の仕事行きたくないなら
  1. 看護師の仕事行きたくない←当然です
    1. 1年目看護師の「行きたくない」
      1. 覚えること多すぎ、上司うざすぎ
      2. 必殺技1:自分自身との対話を深める
      3. 必殺技2:ストレス発散方法を見つける
      4. 必殺技3:プロフェッショナルなサポートを求める
    2. 2年目看護師の「行きたくない」
      1. 仕事飽きてきた、毎日同じことの繰り返し
    3. 3年目看護師の「行きたくない」
      1. メンタル崩壊、給料上がらなくない?
  2. 看護師の仕事が嫌でたまらない理由
    1. ①くらだない愛想笑いの人間関係
    2. ②サービス長時間残業
    3. ③入社したときから給料が上がっていない
    4. ④患者さんとのトラブル
    5. ⑤結婚できない
    6. ⑥夜勤で肌荒れ
    7. ⑦毎日同じことの繰り返し
    8. ⑧ミスに厳しいお医者さん
    9. ⑨有給が取れない
    10. ⑩家族との時間が取れない
  3. 看護師は3年以内に4割が退職する仕事
    1. 仕事が嫌でたまらないと言う看護師は多い
      1. ①人間関係
      2. ②仕事がハード
      3. ③給料があまり高くない
  4. 看護師が仕事行きたくない時にやってはいけない行動
    1. ①無理やり外に出ようとすること
      1. 精神的に危険な状態かもしれません
      2. 深呼吸して休みのメールだけでも送りましょう
    2. ②お酒に逃げること
      1. ストレスはお酒で流してはいけません
      2. 心療内科などに行ってストレスチェックするのも大切ですよ
    3. ③周りの目を気にすること
      1. 他の人に迷惑かけてるかな…なんて考えないでください
      2. あなたの気持ちが最優先です
  5. 仕事行きたくない病を解決する必殺技
    1. ①訪問看護師になる
      1. 人間関係がドライ←基本は単独行動
      2. 高収入←時給4000円の看護師もいる
      3. 成長産業←先行者利益が得られるかも
      4. 早起きしなくていい←基本は昼に出勤
    2. ②転職する
      1. 職場を変えるだけで「鬱病」が治ることも
      2. 看護師の働きやすさは職場で変わる
      3. 人手不足だから転職はしやすい
    3. ③普通の会社員になる
      1. 看護師の資格を活かした仕事もある
  6. 看護師は楽な職業ではないですよ?
    1. ちゃんと休まないといけないお仕事です
    2. しっかり休む看護師の方が偉いです
      1. 苦痛から逃げるのは賢い選択ですよ
  7. 看護師なんてバカバカしいと思っている中堅看護師へ
    1. 「仕事は飽きるものです」
    2. 「転職しない看護師のほうが少数派です」
    3. 「好きな職場で働きましょう」
  8. 【まとめ】看護師の仕事行きたくないの解決法

看護師の仕事行きたくない←当然です

看護師の仕事は、人命を預かる重要な職業ですが、そのプレッシャーは決して小さくありません。特に新人看護師は、多くのことを覚えなければならず、上司や先輩からのプレッシャーも大きいです。そのため、「仕事に行きたくない」と感じるのは当然のことと言えます。

1年目看護師の「行きたくない」

新人、特に1年目の看護師は、多くのことを覚えるプレッシャーと、上司や先輩からの高い期待に直面します。この時期は、多くの看護師が「仕事に行きたくない」と感じる最も厳しい時期とも言えます。

覚えること多すぎ、上司うざすぎ

1年目の看護師が直面する問題の一つは、覚えることの多さです。医療用語、機器の使い方、患者さんのケア方法など、一から学ぶことが山ほどあります。さらに、上司や先輩からは厳しい指導が入ることも多く、そのプレッシャーは計り知れません。このような状況下で「行きたくない」と感じるのは、非常に自然な反応です。

必殺技1:自分自身との対話を深める

仕事に行きたくないと感じたとき、まずは自分自身と対話を深めてみてください。具体的には、なぜ行きたくないのか、その原因を明確にすることが重要です。原因が明確になれば、解決策も見えてきます。

必殺技2:ストレス発散方法を見つける

ストレスが溜まると、どんどん仕事に行きたくなくなります。そこで、ストレス発散方法を見つけることが重要です。運動や趣味、友達との会話など、自分がリラックスできる方法を見つけて、定期的にストレスを発散しましょう。

必殺技3:プロフェッショナルなサポートを求める

仕事に行きたくないと感じたとき、プロフェッショナルなサポートを求めることも有効です。心理カウンセリングやメンタルケアの専門家からのアドバイスは、自分自身が気づかなかった解決策を見つける手がかりになることがあります。

2年目看護師の「行きたくない」

2年目に入ると、多くの看護師は初めての仕事に対する新鮮さが薄れ、日常業務に慣れてきます。この時期には、「仕事に行きたくない」と感じる看護師も少なくありません。

仕事飽きてきた、毎日同じことの繰り返し

2年目になると、1年目で覚えた基本的な業務が日常になり、新しい挑戦が少なくなることが多いです。その結果、仕事に飽きてくる看護師も少なくありません。毎日同じルーチンの繰り返しで、初めての仕事に感じたやりがいや刺激が感じられなくなることがあります。

3年目看護師の「行きたくない」

3年目に入ると、看護師としての基本的なスキルや知識はほぼ身についています。しかし、この時期には新たな問題が浮上することが多く、「仕事に行きたくない」と感じる看護師も増えます。

メンタル崩壊、給料上がらなくない?

3年目になると、多くの看護師は精神的な負担が増加します。これは、初めての仕事のプレッシャーが減少した一方で、患者ケアの質やチーム内のコミュニケーション、マネジメントスキルなど、より高度なスキルが求められるからです。さらに、3年目になると給料の上昇も頭打ちになることが多く、その点もストレスとなります。

病院以外の看護師へ

編集部
編集部

病院飽きた
お給料全然上がらない…

編集部
編集部

先生と相性悪い…
もう辞めたい

編集部
編集部

おばさん看護師だから
全然転職できません

レバウェル看護なら解決できます

勤務先が病院だけでなく保育園もあるので看護師としての働き方の選択肢が広いです。さらに、時給2500円超のアルバイト看護師案件も全国各地に保有しているし、応募から入社まで専任のコンサルタントが一緒に付いてくれます。レバウェル看護は年齢不問・経歴不問で無料でサポートしてくれます。

転職する前に職場の詳細が分かるのがレバウェル看護
編集部
編集部

保育園の看護師!
子ども可愛い!

編集部
編集部

結婚できる職場も
見つかるかも!

不安いっぱいな看護師転職を一緒にサポートしてくれる


ちょっとおしゃれな看護師の人生!
レバウェル看護

看護師の仕事が嫌でたまらない理由

そう、仕事がまじで嫌。

引きこもりたい気分

①くらだない愛想笑いの人間関係

看護師の仕事では、まるで舞台上の役者が観客に微笑むように、常に明るい表情を保つことが求められます。しかし、この強制的な笑顔が、時に重荷となることも。

②サービス長時間残業

医療現場では、まるで終わりの見えないマラソンを走っているかのように、長時間の残業が常態化しています。この過酷な労働条件が、看護師の心身を圧迫します。

まじでだるい。

いつまで続くのかわからんし

③入社したときから給料が上がっていない

多くの看護師が、まるで時が止まったかのように、入職時の給料から大きな変動がない状態に直面しています。経済的な報酬の停滞は、モチベーションを下げる原因となります。

④患者さんとのトラブル

看護師と患者さんとの間で、時には小さなすれ違いが大きな波紋を呼ぶこともあります。このようなトラブルは、まるで静かな湖に投げ込まれた石のように、穏やかな日常を乱します。

クレーム多すぎだし、こっちが我慢してばっかだよ

⑤結婚できない

不規則な勤務時間と過密なスケジュールは、まるで密林を切り開く旅人のように、私生活での大切な出会いの機会を奪います。これが結婚への道を遠ざける一因となることも。

⑥夜勤で肌荒れ

夜勤の影響で生じる肌荒れは、まるで長い冬を越えた庭に現れる荒れた土のように、看護師の外見にも影響を及ぼします。この肌の問題は、日常生活における自信の喪失につながります。

⑦毎日同じことの繰り返し

看護師の仕事のルーティンは、まるで同じメロディーが延々と繰り返される音楽のように、日々変わり映えのないものに感じられることがあります。この繰り返しは、仕事への飽きや倦怠感を生み出します。

⑧ミスに厳しいお医者さん

医師からの厳しい指摘は、まるで冷たい冬の風が吹きつけるように、看護師の心に冷たく感じられることがあります。この厳しさは、職場でのプレッシャーとなることも。

次から次へと看護師に押し付けたらいいと思ってないか?

⑨有給が取れない

有給休暇が取りにくい環境は、まるで大切な休息を求める旅人が水源を見つけられないように、看護師の心身の疲労を深めます。この休息の欠如は、職場での持続可能な働き方を困難にします。

⑩家族との時間が取れない

仕事の忙しさが原因で家族との貴重な時間が確保できないことは、まるで大切な宝石を手に入れるチャンスを逃すようなもの。この家族との絆の欠如は、看護師の心に大きな穴を開けます。

ぼっち気分。職場以外の人と話したいんだが。

看護師は3年以内に4割が退職する仕事

看護師は非常に厳しい職業であり、統計によると3年以内に約4割の看護師が退職しています。この高い退職率にはいくつかの理由があり、それぞれの看護師が抱える問題やストレスが影響しています。

仕事が嫌でたまらないと言う看護師は多い

「仕事が嫌でたまらない」と感じる看護師は少なくありません。この感情の背後には、多くの要因が絡み合っています。具体的には、人間関係の問題、仕事のハードさ、そして給料の問題などが主な要因となっています。

①人間関係

看護師の仕事はチームで行うことが多く、その中での人間関係が非常に重要です。しかし、人それぞれの性格や価値観があり、その中でストレスを感じることは避けられません。特に、上司や先輩との関係がうまくいかないと、仕事に対するモチベーションが大きく下がることがあります。

②仕事がハード

看護師の仕事は、長時間労働や夜勤が多く、肉体的にも精神的にも非常にハードです。このような厳しい労働環境が続くと、多くの看護師が「仕事が嫌でたまらない」と感じるようになります。

③給料があまり高くない

看護師は専門的な知識と技術が求められる職業ですが、その割には給料が高くないと感じる人も多いです。特に、3年目以降で給料の上昇が頭打ちになると、その不満はさらに高まります。

看護師なんてならなきゃ良かった

以上のような理由から、「看護師なんてならなきゃ良かった」と後悔する人も少なくありません。しかし、一度選んだ職業に後悔しても仕方がありません。大切なのは、自分自身がどう対処し、どう乗り越えるかです。この記事が、そんな看護師の皆さんの一助となれば幸いです。

【更新】2024年04月18日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

看護師が仕事行きたくない時にやってはいけない行動

もうがんばれない。無理ゲー

①無理やり外に出ようとすること

仕事に行きたくない気持ちが強い時、無理に自分を押し出すことは、まるで嵐の海に小舟で出るようなものです。このような時は、心が危険なサインを発しているかもしれません。一息ついて、落ち着いたら、休むための連絡をしましょう。

精神的に危険な状態かもしれません

心の不調は、見えない傷のようなものです。無理をして外出することは、この傷を深くする恐れがあります。

深呼吸して休みのメールだけでも送りましょう

まずは深呼吸をして、自分の感情と向き合いましょう。そして、休む必要がある時は、勇気を持って休暇を取ることが大切です。

私が休んだら他の人に迷惑がかかるのがさらにストレス

②お酒に逃げること

仕事のストレスから逃れるためにお酒に頼るのは、火に油を注ぐようなもの。一時的な忘れ物かもしれませんが、解決にはなりません。

ストレスはお酒で流してはいけません

お酒はストレスを一時的に忘れさせるかもしれませんが、問題を解決するわけではありません。健康的な方法でストレスに対処することが重要です。

よし、友達とカラオケ行くぞ!

大声出してストレス発散!

心療内科などに行ってストレスチェックするのも大切ですよ

自分の心の状態を理解し、適切なサポートを受けることは、まるで夜空の星を頼りに航海する船長のようなもの。専門家の助けを借りることで、正しい方向へ進むことができます。

③周りの目を気にすること

他人の目を気にしすぎると、自分の感情やニーズを見失いがちです。まるで他人の意見に流される葉っぱのように、自分を見失わないようにしましょう。

他の人に迷惑かけてるかな…なんて考えないでください

他人への配慮は大切ですが、自分の健康と幸福が最優先です。まるで自分の心に優しい雨を降らせるように、自己ケアを大切にしましょう。

あなたの気持ちが最優先です

自分の感情や体調を一番に考えることは、自分自身を大切にすることの表れです。まるで自分の庭を丁寧に手入れするように、自分自身にも優しく接しましょう。

仕事行きたくない病を解決する必殺技

看護師が「仕事に行きたくない」と感じるとき、その解決策として考えられるのが職種の変更です。特に、訪問看護師になることで、多くのストレス要因を解消できる可能性があります。

①訪問看護師になる

訪問看護師は、患者さんの自宅や施設を訪れて看護ケアを提供する職種です。この仕事にはいくつかの大きなメリットがあり、それが「仕事行きたくない病」を解決する必殺技となる可能性が高いです。

人間関係がドライ←基本は単独行動

訪問看護師の仕事は基本的に単独行動が多く、そのため人間関係でのストレスが大幅に減少します。特に、病院やクリニックでの人間関係に疲れている看護師にとっては、この点が非常に魅力的です。

高収入←時給4000円の看護師もいる

訪問看護師は、一般的な病院勤務の看護師よりも高収入を得ることが多いです。特に、専門性が高く評価される場合、時給4000円以上を得ることもあります。

成長産業←先行者利益が得られるかも

訪問看護は今後ますます需要が増えるとされている成長産業です。そのため、早めにこの分野に参入することで、先行者利益を享受する可能性があります。

早起きしなくていい←基本は昼に出勤

多くの訪問看護師は、基本的に昼間に活動することが多いです。そのため、早朝に出勤する必要がなく、生活リズムを崩すことなく働くことができます。

②転職する

もう一つの「仕事行きたくない病」を解決する必殺技として、転職があります。看護師は専門職であり、そのスキルは多くの場所で求められています。転職によって、多くの問題を解消できる可能性があります。

職場を変えるだけで「鬱病」が治ることも

職場環境や人間関係、仕事の内容などが原因で鬱病になることも少なくありません。そのような場合、職場を変えるだけで症状が改善することがあります。新しい職場でのスタートは、メンタルのリセットにも繋がる場合が多いです。

看護師の働きやすさは職場で変わる

看護師の働きやすさは、職場によって大きく変わります。一部の職場では、働きやすい環境が整っており、ストレスが少ないです。転職を通じて、自分に合った職場を見つけることができれば、仕事に対するモチベーションも自然と上がります。

人手不足だから転職はしやすい

看護師は常に人手不足の職種であり、そのため転職市場でも高い需要があります。特に経験豊富な看護師は、多くの職場で歓迎されるため、転職は比較的容易です。このような状況を利用して、自分に合った働き方を見つけることが可能です。

③普通の会社員になる

看護師が「仕事に行きたくない」と感じた場合、もう一つの選択肝は、医療業界から一歩引いて、普通の会社員として働くことです。看護師の資格や経験は、一般企業でも十分に活かせるスキルがあります。

看護師の資格を活かした仕事もある

看護師の資格は、医療業界以外でも多くの場で活かすことができます。例えば、薬品のデータ入力スタッフや一般企業のヘルスケア事業部など、看護師の専門知識が求められる職種は多いです。

薬品のデータ入力スタッフ

薬品のデータ入力スタッフとして働く場合、看護師としての医療知識が大いに役立ちます。薬品の成分や効果、副作用などについての知識は、データ入力の精度を高めるために非常に有用です。

一般企業のヘルスケア事業部

多くの一般企業では、従業員の健康を管理するヘルスケア事業部が存在します。看護師の資格を持っていると、そのような部署で働くチャンスが広がります。ここでは、従業員の健康診断の管理や健康教育、緊急時の対応など、多岐にわたる業務があります。

看護師は楽な職業ではないですよ?

看護師の仕事は、ただの「お仕事」ではありません。病院の中で、患者さんの笑顔や健康を守る大切な役割を担っています。想像してみてください。一日中、足が棒になるほど立ちっぱなしで、時には夜を徹して働くことも。看護師さんは、まるで病院の中のスーパーヒーローのようです。

医者より絶対大変じゃん。

あなた知ってた?

ちゃんと休まないといけないお仕事です

スーパーヒーローでも、休息は必要です。体が資本の仕事なので、自分の体を大切にしないといけません。休息を取ることは、バッテリーを再充電するようなもの。しっかり休むことで、次の日も元気に患者さんのために働けるんです。

しっかり休む看護師の方が偉いです

休むことが「偉い」と聞くと、少し不思議に感じるかもしれませんね。でも、自分の健康を守りながら仕事を続ける看護師さんは、本当に賢明です。体を休めることは、長いマラソンで息を整えるようなもの。その一息があるからこそ、最後まで走り切れるのです。

慌てない、慌てない。

一休み、一休みって一休さんも言ってたよ

苦痛から逃げるのは賢い選択ですよ

「逃げる」と聞くと、負けたように感じるかもしれませんが、実は違います。無理をして体を壊すよりも、早めに休息を取って回復する方がずっと賢い選択です。患者さんを思う心は変わらずとも、自分自身を大切にすることが、最終的にはより多くの人を助けることにつながるんですよ。

逃げるが勝ちっていうからね

看護師なんてバカバカしいと思っている中堅看護師へ

中堅看護師ともなると、多くの方が「看護師なんてバカバカしい」と感じることがあります。しかし、そのような感情に対しても、いくつかの視点で考え直す価値があります。

「仕事は飽きるものです」

どんな仕事でも、長く続けていると飽きてくるのは自然なことです。看護師の仕事も例外ではありません。しかし、飽きたからといってその職を否定するのではなく、新しい挑戦や視点を持つことで、仕事に新たな魅力を見い出すことができます。

「転職しない看護師のほうが少数派です」

看護師の職場は多種多様です。病院だけでなく、クリニック、訪問看護、企業のヘルスケア部門など、多くの選択肢があります。実際、転職を経験していない看護師は少数派であり、多くの看護師が何度かの転職を経ています。転職を通じて、自分に合った働き方を見つけることが多いのです。

「好きな職場で働きましょう」

「看護師なんてバカバカしい」と感じる原因の一つは、現在の職場環境に不満を持っている可能性が高いです。そのような場合、自分が本当に働きたいと思う職場を見つけ、そこで働くことを考えてみてはいかがでしょうか。好きな職場で働くことができれば、仕事に対するモチベーションも自然と上がります。

【まとめ】看護師の仕事行きたくないの解決法

看護師という職業は、非常に報酬が高く、尊敬される一方で、ストレスも多い仕事です。特に中堅看護師になると、「仕事に行きたくない」と感じることが増えるかもしれません。本記事では、そのような感情に対処するためのいくつかの解決法を提案しました。

  1. 訪問看護師になる: 人間関係がシンプルで、高収入も期待でき、成長産業であるため、先行者利益が得られる可能性もあります。
  2. 転職する: 看護師は人手不足の職種であり、転職市場でも高い需要があります。職場を変えることで、多くの問題が解消される場合もあります。
  3. 普通の会社員になる: 看護師の資格や経験は一般企業でも活かせる場面が多く、新しい働き方を模索することができます。
  4. 自分に合った働き方を見つける: 「仕事は飽きるものです」と考え、新しい挑戦や視点を持つことで、仕事に新たな魅力を見い出すことができます。

以上のように、看護師が「仕事に行きたくない」と感じたときには、多くの選択肢と解決法が存在します。大切なのは、自分自身がどうしたいのか、どうありたいのかをしっかりと考え、行動に移すことです。

泣かない看護師に
※年齢不問

レバウェル看護
編集部
編集部

事前に職場の
詳細が分かる!

人間関係に苦しまない看護師に

20代のうちに事務職のキャリアを歩むならミラキャリは欠かせない。圧倒的な事務求人数が特徴で、女性キャリアアドバイザーが無料で会社選びから入社までサポートしてくれます。

看護師
看護師

転職の流れ
わからない

編集部
編集部

レバウェル看護で教えてもらえば?

看護師ならではの悩みに寄り添った職場相談
レバウェル看護
念の為に事前に登録しておくと、いい求人があったときに優先紹介してくれます

万が一のために登録だけでもしておくべき

看護師のリアルな職場探し
編集部
編集部

念の為の準備もアリだと思います

利用料金”無料”

【最新】2024年04月18日
オススメ転職エージェント