プロモーションが含まれております

小児科の看護師の年収は?稼げる?平均年収と向いてる人

小児科の看護師 看護師の転職
看護師
看護師

小児科って働きやすいかな?稼げる?

小児科は医療業界の中でも安定していると言われていますが、実際どうなのでしょうか?これから他の職場に移りたいとおもっている方に向いて情報を提供します。

お金に困らない年収600万
レバウェル看護

小児科の看護師のお給料
  1. 小児科看護師の年収は400~600万円
    1. クリニックのなかでは比較的給与水準が高め
      1. もし年収300万円代なら低いかも?
  2. いま小児科看護師で年収400万以下なら?
    1. 就職エージェントに相談のすすめ(無料)
      1. 今と同じような仕事で待遇が良い会社を教えてくれる
  3. 小児科の看護師は稼げる?←転職の大事なポイント
    1. 小児科の看護師の平均月給は?
      1. 450~500万円
      2. 看護師の平均並みの給料
    2. 「小規模の地域のクリニックはもっと高額になるかも」
      1. 子どもの多い地域の小児科は稼げる
  4. 小児科看護師の仕事内容や分野
    1. 呼吸器系疾患
    2. 消化器系疾患
    3. アレルギー性疾患
    4. 予防接種
    5. 健康診断
      1. 子どもならでは体調不良に対応
    6. 0~10歳のデリケートな子ども達を治療
      1. 仕事がハードになるかも
  5. 小児科看護師のやりがい
    1. ①子どもと触れ合える
      1. 元気がもらえる
    2. ②子どもの成長を見守れる
      1. かかりつけになるケースが多い
    3. ③感謝される
      1. 親から信頼される看護師になれる
  6. 小児科看護師の働き先は?
    1. ①小児科クリニック
    2. ②保育園
    3. ③学童
    4. ④総合病院
    5. ⑤小児科に特化した訪問看護
      1. 小児科看護師は子どもがいるところで活躍できる
      2. 難しい知識は不要だけど、「親」とのコミュニケーションが大変です
  7. 小児科看護師にになるための資格は?
    1. 普通の看護師資格だけでOK
    2. 追加で持ったおいた方が良い資格
      1. 小児看護専門看護師
      2. 小児緊急看護認定看護師
      3. 新生児集中ケア認定看護師
    3. 転職活動でアピールできる資格です
  8. 全然違う業界から小児科に転職してもOK?
    1. 結論:OK
    2. 小児科は専門スキルよりも総合スキルが求められる
      1. 看護師は深い知識よりも幅広い知識が必要
  9. 小児科の看護師に向いてるタイプ
    1. ①子どもが好き
    2. ②地域密着型で働きたい
    3. ③夜勤が嫌だ
      1. ※総合病院の小児科になると夜勤がある可能性も・・・
  10. 【まとめ】小児科の看護師になろう
    1. 新しい職場で楽しく働こう
  11. 小児科看護師の年収は400万だとちょっと低いかも…?
    1. 将来後悔しないために他の職場のチェックは必須です
      1. まずは就職エージェントで情報収集してみましょう(無料)

小児科看護師の年収は400~600万円

小児科看護師は、専門性が高い分野の一つであり、その年収は400万円から600万円の範囲が一般的です。

それって・・・高いほうだっけ?

クリニックのなかでは比較的給与水準が高め

小児科看護師は、他のクリニック勤務の看護師と比べても給与水準が高めに設定されていることが多いです。

スキルに見合った給料なら安心。

子供相手にするのは大変だからね。

もし年収300万円代なら低いかも?

年収が300万円代の場合は、小児科看護師としてはやや低いと感じるかもしれません。

病院以外の看護師へ

編集部
編集部

病院飽きた
お給料全然上がらない…

編集部
編集部

先生と相性悪い…
もう辞めたい

編集部
編集部

おばさん看護師だから
全然転職できません

レバウェル看護なら解決できます

勤務先が病院だけでなく保育園もあるので看護師としての働き方の選択肢が広いです。さらに、時給2500円超のアルバイト看護師案件も全国各地に保有しているし、応募から入社まで専任のコンサルタントが一緒に付いてくれます。レバウェル看護は年齢不問・経歴不問で無料でサポートしてくれます。

転職する前に職場の詳細が分かるのがレバウェル看護
編集部
編集部

保育園の看護師!
子ども可愛い!

編集部
編集部

結婚できる職場も
見つかるかも!

不安いっぱいな看護師転職を一緒にサポートしてくれる


ちょっとおしゃれな看護師の人生!
レバウェル看護

いま小児科看護師で年収400万以下なら?

もし現在の年収が400万円以下であれば、転職を検討してみるのも一つの選択です。

就職エージェントに相談のすすめ(無料)

専門の就職エージェントを利用することで、自分に合ったより良い条件の職場を探す手助けをしてもらえます。

新卒の時は学校の先生が斡旋してくれたけど、転職はそういうわけにもいかないか。

就職エージェントが相談に乗ってくれるならありがたい!

今と同じような仕事で待遇が良い会社を教えてくれる

就職エージェントは、現在の職務内容に近いが待遇の良い職場を提案してくれることがあります。

今すぐでなくとも情報収集してみると良いかもしれません

即時の転職を考えていなくても、市場情報を収集することは将来のキャリアプランに役立つかもしれません。

自信がついたらすぐ転職できるように、今から準備!

小児科の看護師は稼げる?←転職の大事なポイント

仕事探しで小児科の看護師は選択肢になるのでしょうか?

小児科の看護師の平均月給は?

小児科の看護師の平均月給は、一般的に450~500万円程度とされています。この給料は、看護師全体の平均給与とほぼ同じで、経験やスキル、勤務地によって多少の差があります。

450~500万円

この範囲の給料は、一般的な病院やクリニックでの勤務を想定した場合の平均的な給与です。看護師としての基本的な業務をこなすだけでなく、小児科特有のケアが求められるため、専門的なスキルが必要とされることもあります。

看護師の平均並みの給料

小児科の看護師の給料は、他の科の看護師と比較しても平均的な水準です。しかし、子供たちとのコミュニケーションや、その親御さんとの連携など、特別なスキルと感受性が求められる職種であるため、やりがいを感じる方も多いです。

「小規模の地域のクリニックはもっと高額になるかも」

小規模な地域のクリニックでは、看護師の需要が高い場合があります。特に子供の多い地域では、小児科の専門的なケアが求められるため、給料が高額になることも少なくありません。

子どもの多い地域の小児科は稼げる

子供の多い地域では、小児科のクリニックが重要な役割を果たします。そのため、専門的なスキルと経験を持つ看護師は高く評価され、給料もそれに応じて高額になることが一般的です。地域社会に貢献しながら、より高い収入を得ることが可能な職種と言えるでしょう。

【更新】2024年06月18日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

小児科看護師の仕事内容や分野

呼吸器系疾患

小児科の看護師は、子供たちの呼吸器系疾患のケアに携わります。風邪や気管支炎など、子供特有の呼吸器の問題に対応するため、専門的な知識と技術が求められます。

消化器系疾患

消化器系の問題も子供には一般的で、下痢や嘔吐などの症状に対応する必要があります。栄養管理や脱水症状の予防など、細かいケアが必要とされることが多いです。

アレルギー性疾患

食物アレルギーや皮膚のアレルギーなど、子供のアレルギー性疾患のケアも重要な業務です。アレルギーの原因を特定し、適切な治療と予防を行うためのサポートが求められます。

予防接種

子供たちの健康を守るための予防接種も、小児科の看護師の重要な業務です。接種スケジュールの管理や、保護者への説明など、丁寧な対応が必要とされます。

健康診断

定期的な健康診断も小児科の看護師の業務です。成長の進捗や健康状態のチェックを行い、必要に応じて医師と連携してケアを提供します。

子どもならでは体調不良に対応

子供特有の体調不良や成長に伴う問題に対応するため、感受性と専門的な知識が求められます。

0~10歳のデリケートな子ども達を治療

0~10歳のデリケートな子供たちの治療は、精神的なケアも含めて非常にデリケートです。親身な対応と、子供たちの心のケアも重要な業務となります。

仕事がハードになるかも

小児科の看護師の仕事は、感情的にも肉体的にもハードになることがあります。しかし、子供たちの健康と成長を支えるやりがいのある仕事です。

小児科看護師のやりがい

小児科の看護師は、子供たちの健康と成長を支える非常に特別な職種です。そのため、以下のようなやりがいを感じることが多いでしょう。

①子どもと触れ合える

子供たちと直接触れ合い、その無邪気な笑顔や元気を感じることができます。子供たちの純粋な反応は、看護師自身にも元気と活力を与えてくれることが多いです。

元気がもらえる

子供たちの笑顔や感謝の言葉は、看護師自身の励みとなります。そのため、仕事の疲れを癒やし、次の日への活力を与えてくれることも少なくありません。

②子どもの成長を見守れる

小児科の看護師として働くと、同じ子供たちと長い期間接する機会が多く、その成長を直接見守ることができます。

かかりつけになるケースが多い

特に地域密着型のクリニックなどでは、かかりつけの看護師として、子供たちの成長を長期にわたって見守ることができるため、深い信頼関係を築くことが可能です。

③感謝される

子供たちだけでなく、その親御さんからも感謝されることが多い職種です。子供たちの健康を守る重要な役割を果たすため、親からの信頼も厚く、その感謝の言葉は看護師自身のやりがいとなります。

親から信頼される看護師になれる

親子の信頼関係を築くことで、看護師としてのプロフェッショナルなスキルだけでなく、人としての信頼も得られることがあります。

小児科看護師の働き先は?

小児科看護師は、子どもたちの健康を守るために様々な場所で活躍しています。

①小児科クリニック

小児科クリニックでは、日常の健康管理や病気の診療サポートを行います。

誰もが利用したことがありますね。

今の勤務先と仕事内容が似ている場合が多いのではないでしょうか。

②保育園

保育園では、子どもたちの日々の健康管理や怪我の応急処置などを担当します。

子供がたくさんでにぎやかですね。

医療行為より応急処置が多いので、病院とは違う雰囲気です。

③学童

学童保育では、放課後の子どもたちの安全と健康を見守ります。

保育園より年齢が高い子供たちが相手です。

放課後がメインなので勤務時間が短い可能性もありますね。

④総合病院

総合病院の小児科では、より専門的な医療を必要とする子どもたちのケアを行います。

⑤小児科に特化した訪問看護

家庭を訪問して、特定の医療ニーズを持つ子どもたちのケアを提供します。

小児科看護師は子どもがいるところで活躍できる

子どもたちの健康と安全を守るため、様々な環境でのニーズがあります。

今の職場が合わない人も、選択肢がたくさんあります!

難しい知識は不要だけど、「親」とのコミュニケーションが大変です

専門的な知識も必要ですが、子どもの保護者とのコミュニケーション能力も非常に重要です。

小児科看護師にになるための資格は?

小児科の看護師になるためには、特別な資格は必ずしも必要ではありませんが、以下のような資格があると、より専門的なケアが可能となります。

普通の看護師資格だけでOK

小児科の看護師になるためには、基本的には一般の看護師資格があれば十分です。しかし、小児科特有のケアに対応するためには、専門的な知識と技術が求められることもあるため、追加の資格を取得することもおすすめです。

追加で持ったおいた方が良い資格

以下の資格は、小児科の看護師としての専門性を高め、より高度なケアが可能となるため、持っておくと良いでしょう。

小児看護専門看護師

小児の成長と発達、疾患の特性に対応した専門的なケアが可能となります。小児科のクリニックや病院での求人に強いアピールポイントとなるでしょう。

小児緊急看護認定看護師

小児の緊急時のケアに特化した資格で、救急対応などの高度な技術が身につきます。緊急時の対応力を高めたい方におすすめです。

新生児集中ケア認定看護師

新生児の集中治療に特化した資格で、新生児の特有のケアに対応することができます。新生児ケアに興味がある方に適しています。

転職活動でアピールできる資格です

これらの資格は、転職活動時にも強いアピールポイントとなります。専門的なスキルと経験をアピールすることで、より良い条件での転職が可能となるでしょう。

小児科の看護師になるための資格は、基本的な看護師資格で十分ですが、さらに専門的なケアを提供したい場合は、追加の資格を取得することをおすすめします。自分の興味とキャリアプランに合わせて、適切な資格を選ぶと良いでしょう。

全然違う業界から小児科に転職してもOK?

異業種から小児科の看護師への転職は、実際には十分可能です。以下の点を理解しておくと、スムーズな転職が期待できるでしょう。

結論:OK

異業種からの転職でも、必要な資格と適切な研修を受ければ、小児科の看護師として活躍することは十分に可能です。多くの病院やクリニックでは、異業種からの転職者に対しても、必要な支援と研修を提供しています。

小児科は専門スキルよりも総合スキルが求められる

小児科の看護師として働く際には、専門的なスキルも重要ですが、それ以上に総合的な看護スキルとコミュニケーション能力が求められます。子供たちとその家族との関わりが中心となるため、幅広い知識と感受性が重要となるのです。

看護師は深い知識よりも幅広い知識が必要

小児科の看護師は、子供たちの成長と発達、さまざまな疾患の特性に対応するため、深い知識よりも幅広い知識が求められます。異業種からの転職者でも、基本的な看護の知識と技術、そして子供たちとのコミュニケーション能力があれば、十分に活躍することができるでしょう。

小児科の看護師に向いてるタイプ

小児科の看護師として活躍するためには、特定の性格や興味を持っている方が向いていることが多いです。以下の特徴を持つ方は、小児科の看護師として特に活躍できるでしょう。

①子どもが好き

小児科の看護師は、日々子供たちと接する仕事です。子供たちの無邪気な笑顔や成長を楽しめる方、子供たちの健康を支えることに喜びを感じる方に向いています。

②地域密着型で働きたい

地域のクリニックなどで働く小児科の看護師は、地域社会と深く関わることが多いです。地域の子供たちとその家族との長期的な関係を築きたい方、地域社会に貢献したい方に特に適しています。

③夜勤が嫌だ

小児科のクリニックなどでは、夜勤が少ない場合が多いです。夜勤を避けたい方、日勤中心の働き方を希望する方に向いています。

※総合病院の小児科になると夜勤がある可能性も・・・

ただし、総合病院などの大規模な施設では、夜勤が必要となることもあります。働く場所によっては、夜勤の有無も考慮する必要があるため、自分のライフスタイルに合った職場を選ぶことが重要です。

【まとめ】小児科の看護師になろう

小児科の看護師は、子供たちの健康と成長を支える特別な職種です。そのため、子供たちとの深い関わりや地域社会への貢献など、多岐にわたるやりがいを感じることができます。

新しい職場で楽しく働こう

  • 子供たちとの触れ合い: 子供たちの笑顔や成長を間近で見ることができ、その喜びを共有できます。
  • 地域とのつながり: 地域密着型のクリニックなどで働くことで、地域社会に貢献し、信頼関係を築くことができます。
  • キャリアの多様性: 小児科の看護師としては、一般のクリニックから専門の病院まで、多岐にわたる職場で活躍することができます。
  • 夜勤の選択肢: 働く場所によっては、夜勤の少ない職場も選べるため、自分のライフスタイルに合った働き方が可能です。

小児科の看護師としてのキャリアは、自分の興味や価値観、ライフスタイルに合わせて選ぶことができます。子供たちの未来を支える重要な役割を果たしながら、新しい職場で楽しく働く道が広がっています。

小児科看護師の年収は400万だとちょっと低いかも…?

小児科看護師の年収が400万円では、一部の人にとっては期待に満たないかもしれません。

小児科は子供も親も相手にするし、専門の知識も必要だし・・・見合った給料が欲しいです!!

将来後悔しないために他の職場のチェックは必須です

キャリアの満足度を高めるためには、他の職場の条件を知ることが重要です。

業務内容も給料も、満足できるところで働くにはどうしたらいいの?

まずは相場が知りたい!

まずは就職エージェントで情報収集してみましょう(無料)

就職エージェントを利用することで、自分の条件に合った職場の情報を得ることができます。

小児科看護師が必要とされる職場はたくさんあります。

よりよい環境に転職したいと考えるのは当然のことです。

ぜひ自信をもって一歩を踏み出してみてください!

泣かない看護師に
※年齢不問

レバウェル看護
編集部
編集部

事前に職場の
詳細が分かる!

人間関係に苦しまない看護師に

20代のうちに事務職のキャリアを歩むならミラキャリは欠かせない。圧倒的な事務求人数が特徴で、女性キャリアアドバイザーが無料で会社選びから入社までサポートしてくれます。

看護師
看護師

転職の流れ
わからない

編集部
編集部

レバウェル看護で教えてもらえば?

看護師ならではの悩みに寄り添った職場相談
レバウェル看護
念の為に事前に登録しておくと、いい求人があったときに優先紹介してくれます

万が一のために登録だけでもしておくべき

看護師のリアルな職場探し
編集部
編集部

念の為の準備もアリだと思います

利用料金”無料”

【最新】2024年06月18日
オススメ転職エージェント