本ページはプロモーションが含まれています

看護師は人間関係が最悪【いじめ】対処法を紹介

看護師の人間関係 看護師の転職
看護師
看護師

看護師同士でいじめあう環境。人間関係最悪なんだけど。

看護師は仕事のハードさからか、人間関係でトラブルを抱える人も多いです。離職理由No.1も「人間関係」と言われています。

看護師の人間関係を良くする方法
  1. 看護師は人間関係が良くない職場もある
    1. 意地悪が横行する理由
      1. ①女性同士のマウントの取り合い
      2. ②仕事がハードだから
      3. ③閉鎖的な空間
  2. 孤立する看護師は多い
    1. 看護師長が相手にしてくれない・・・
    2. パートの看護師と正社員看護師の差別問題
      1. 看護師の仲良しごっこに混ざるのは辛い
  3. それヤバいかも!人間関係が悪化しやすい原因5選
    1. 挨拶ができていないしていても暗い
    2. 働く上での積極性がない苦手なことから逃げる
    3. 人の話や注意を素直に受け止められない
    4. 完璧主義すぎる(相手にも自分にも厳しすぎる)
  4. 人間関係に悩みにくい看護師を活かせるおすすめの職場
    1. 多種多様な経験ができる「社会福祉施設」
    2. 少ない人数での人間関係が築きやすい「個人クリニック」
    3. 責任も大きいが給与もよく単独行動ができる「訪問介護」
  5. 看護師の人間関係を良好にするコツ
    1. ①良い職場に転職
      1. いじめのない職場に転職したらすぐ解決
      2. 看護師は人手不足だから転職しやすい
    2. ②訪問看護師になる
      1. 面倒な人間関係が不要
      2. 給料水準も高い
    3. ③労働基準監督署に相談
      1. パワハラは違法行為←上司の責任
      2. いじめも不法行為です
  6. 楽しく働けるのが一番!円滑な人間関係のためにできること
    1. 挨拶、感謝、謝罪など最低限のコミュニケーションは欠かさない
    2. 人に期待しすぎず人を変えようとしない
    3. 職場の人間関係はある程度悪いものと割り切る(仲良くなろうとしない)
      1. 心身に影響がでるくらいなら転職or異動を検討する
      2. 原因を把握せずに転職しても繰り返してしまうかも・・・。
  7. 【まとめ】看護師の人間関係

看護師は人間関係が良くない職場もある

看護師という職業は、多くの場合、チームでの協力が必要とされます。しかし、そのような環境が逆に人間関係のトラブルを引き起こすことがあります。特に、いじめや意地悪が横行する職場も少なくありません。この記事では、看護師が直面する人間関係の問題と、その対処法について詳しく解説します。

意地悪が横行する理由

看護師の職場で意地悪が横行する背景には、いくつかの理由が考えられます。それは、職場環境、ストレス、そして人間性に起因するものが多いです。以下に、主な理由をいくつか挙げてみましょう。

①女性同士のマウントの取り合い

看護師の職場は女性が多いため、女性同士のマウントの取り合いが起こることがあります。これは、自分が優れていると示すため、または自分自身の不安やストレスを他人にぶつける形で現れます。

いじめに発展するケースも

女性同士のマウントの取り合いは、時にいじめに発展することがあります。特に、新人や経験の少ない看護師がターゲットにされるケースが多いです。このような状況は、職場全体の雰囲気を悪化させ、業務にも悪影響を与える可能性があります。

②仕事がハードだから

看護師の仕事は非常にハードであり、そのストレスが人間関係にも影響を与えることがあります。長時間労働や夜勤、緊急時の対応など、日々の業務が厳しいため、そのストレスをどこかで発散する必要があります。

憂さ晴らしにパワハラが横行することも

仕事のストレスが高まると、その憂さ晴らしとしてパワハラが横行する場合があります。特に、上司や先輩がそのストレスを部下や後輩に向けるケースが多く、これがいじめや人間関係のトラブルを引き起こします。

③閉鎖的な空間

病院やクリニックは閉鎖的な空間であり、その中での人間関係は非常にデリケートです。特に、医者や上司との上下関係が明確であるため、その中での人間関係が緊張を生むことが多いです。

医者や上司との上下関係が明確過ぎる

医療現場では、医者や上司との上下関係が非常に明確です。そのため、その関係性によっては、ストレスや緊張が高まることがあります。特に、上司や医者からの圧力が強い場合、それがいじめやパワハラにつながる可能性もあります。

孤立する看護師は多い

看護師の中には、職場で孤立してしまうケースが少なくありません。特に、看護師長や上司が相手にしてくれない、またはパートと正社員の間で差別があるといった問題が、その孤立を助長しています。

看護師長が相手にしてくれない・・・

看護師長や上司が部下や新人看護師を無視することは、その人が孤立する大きな要因となります。特に、看護師長がリーダーシップを発揮しない、または明確な指示を出さない場合、職場の雰囲気は悪化し易く、孤立する看護師が増える可能性が高まります。

パートの看護師と正社員看護師の差別問題

看護師の中でも、パートと正社員での待遇に差がある場合があります。このような差別は、パートの看護師が孤立する原因となることが多いです。特に、正社員の看護師がパートの看護師を見下すような態度を取ると、その差別感は一層強まります。

看護師の仲良しごっこに混ざるのは辛い

看護師の中には、仲良しグループが形成されることがあります。そのようなグループに入れない看護師は、仲間外れにされがちで、その結果として孤立する可能性が高まります。特に、新人や経験の少ない看護師がその対象となることが多く、これが職場全体の雰囲気を悪化させることもあります。

それヤバいかも!人間関係が悪化しやすい原因5選

人間関係がうまくいかないと、日々の生活に影響が出ます。ここでは、悪化しやすい原因を5つ紹介します。

ポイントを抑えて良好な人間関係を築きたい!

挨拶ができていないしていても暗い

明るい挨拶は、良好な関係の第一歩です。挨拶が暗かったり、全くなかったりすると、人との距離が生まれやすくなります。

挨拶は絶対に相手より先に自分からするぞ!とゲーム感覚で取り組んでみるといいかもしれません。

働く上での積極性がない苦手なことから逃げる

積極的に取り組む姿勢が大切です。苦手なことから逃げると、信頼を失い、チームワークが損なわれます。

苦手なことがあるのは当たり前。

がんばって取り組む姿勢を周りは見てくれています。

人の話や注意を素直に受け止められない

相手の話を真摯に聞くことは重要です。自分の意見ばかりを押し通すと、周囲との摩擦が生じやすくなります。

チームワークが求められる職場では、相手の意見を「聴く」ことを意識すると良いと思います。

完璧主義すぎる(相手にも自分にも厳しすぎる)

過度な完璧主義は、ストレスの原因になります。自分と他人に寛容であることが、良好な人間関係を築く鍵となります。

完璧な人間はいないですよね。

人間関係に悩みにくい看護師を活かせるおすすめの職場

.看護師は様々な職場で活躍できますが、人間関係に悩みにくい環境を選ぶことも大切です。以下の職場は特におすすめです。

自分にあった場所を探してみるのが良いと思います。

多種多様な経験ができる「社会福祉施設」

社会福祉施設では、多様なニーズに対応します。様々な経験を積むことができ、人間関係も広がります。

児童施設や老人ホームなど、施設によって雰囲気もガラッと変わる職場です。

少ない人数での人間関係が築きやすい「個人クリニック」

個人クリニックでは、スタッフ数が少ないため、密な関係を築きやすいです。チームワークが大切にされます。

責任も大きいが給与もよく単独行動ができる「訪問介護」

訪問介護では、一人で患者様宅を訪問します。自立した働き方を好む看護師には最適で、給与面も魅力的です。

介護業界は手当が充実しているところが多く、看護師資格をいかしながら給与アップも目指せる業界です。

看護師の人間関係を良好にするコツ

看護師が職場で孤立したり、人間関係で悩む場合、その解決策はいくつか存在します。以下に、その主な方法をいくつかご紹介します。

①良い職場に転職

転職は、人間関係の問題を解決する最も効果的な手段の一つです。特に、現在の職場での人間関係に問題がある場合、新しい職場でのスタートは大きな変化をもたらす可能性があります。

いじめのない職場に転職したらすぐ解決

いじめやパワハラが問題となっている職場から、そのような問題のない職場に転職することで、人間関係のストレスは大幅に解消されます。

看護師は人手不足だから転職しやすい

看護師は常に人手不足の状況にあり、そのため転職市場でも非常に需要が高いです。これを利用して、良い職場を見つけることが可能です。

②訪問看護師になる

訪問看護師は、病院やクリニックでの勤務とは異なり、一対一で患者さんのケアをする仕事です。そのため、面倒な人間関係が少なく、ストレスを感じにくい環境が整っています。

面倒な人間関係が不要

訪問看護の仕事では、患者さんと直接コミュニケーションを取る時間が多く、職場での人間関係に起因するストレスが大幅に減少します。

給料水準も高い

訪問看護師の給料水準は一般的に高く、特に時給制の場合、時給4000円以上のケースも少なくありません。このような高収入は、ストレスの軽減にも寄与します。

③労働基準監督署に相談

労働基準監督署は、労働者の権利を守るための公的機関です。特に、パワハラやいじめなどの人間関係に起因する問題が発生した場合、こちらに相談することができます。

パワハラは違法行為←上司の責任

パワーハラスメントは、労働者が受ける精神的・身体的な負担を増加させる行為とされ、違法行為です。特に、上司や管理職がそのような行為を行った場合、その責任は重く、労働基準監督署による調査や指導が行われます。

いじめも不法行為です

いじめは、労働者同士が行う場合でも、その行為は不法行為とされます。特に、いじめが原因で精神的なダメージを受けた場合、その証拠を労働基準監督署に提出することで、解決に向けた手続きが進められます。

楽しく働けるのが一番!円滑な人間関係のためにできること

働く上で、人間関係は楽しさにも影響します。良い関係を築くためには、以下のことを心がけましょう。

考え込んで視野が狭くなってしまう前に、一度思い出してみると良いかもしれません。

挨拶、感謝、謝罪など最低限のコミュニケーションは欠かさない

基本的なコミュニケーションは大切です。挨拶や感謝、謝罪は人との関係を良くします。

人に期待しすぎず人を変えようとしない

他人を変えることは難しいです。期待しすぎず、受け入れることが大切です。

職場の人間関係はある程度悪いものと割り切る(仲良くなろうとしない)

全員と仲良くする必要はありません。適度な距離感を保つことも重要です。

心身に影響がでるくらいなら転職or異動を検討する

人間関係が原因で心身に影響が出る場合は、環境を変えることを考えましょう。

そんな理由で…と思わなくて大丈夫。人間関係が原因の転職も少なくありません。

原因を把握せずに転職しても繰り返してしまうかも・・・。

転職を考える前に、問題の原因を理解することが大切です。そうしないと同じ問題が繰り返されることもあります。

【まとめ】看護師の人間関係

看護師の職場は、多くの場合、人間関係が複雑であり、それがストレスや孤立、いじめ、パワハラといった問題を引き起こすことがあります。このような問題に対処するための主な方法として、良い職場への転職、訪問看護師になる選択、そして労働基準監督署への相談があります。

  • 良い職場への転職:いじめやパワハラがない職場に移ることで、人間関係のストレスは大幅に解消される可能性があります。
  • 訪問看護師になる:一対一でのケアが主な仕事であり、職場での人間関係に起因するストレスが大幅に減少します。また、給料水準も一般的に高いです。
  • 労働基準監督署への相談:パワハラやいじめは違法行為であり、労働基準監督署に相談することで、法的な手段による解決が期待できます。

以上の方法を活用することで、看護師はより健康で、ストレスの少ない職業生活を送ることが可能です。人間関係で悩む看護師の皆さんにとって、この情報が少しでも参考になれば幸いです。