本ページはプロモーションが含まれています

アニメに関わる仕事に就きたい←平均年収を激白!?

アニメに関わる仕事 アニメに関わる仕事

アニメでご飯を食べたい

アニメ業界は伸びしろです。

年収500万円に達成していない方へ
応募から転職まであなた専任のサポーターが
マンツーマンで転職をサポートしてくれます
普通の求人サイトで仕事を探すより簡単で
あなたの希望条件に沿った転職が実現できます

  1. アニメに関わる仕事
    1. アニメ業界における職種の多様性
    2. 業界への参入方法と求められるスキル
  2. 夢のアニメ業界へ!専門スキルは「最強」の武器
    1. 専門学校で知識とスキルをゲット!
    2. 学校選びも重要
  3. アニメに関わる仕事のメイン「アニメーター」とは
    1. アニメーターの主な業務内容
    2. アニメーターに必要な技術と経験
      1. アニメーターとして働く魅力と課題
  4. アニメに関わる仕事の平均年収
    1. アニメーターの平均年収
    2. アニメプロデューサーの平均年収
    3. アニメ監督の平均年収
    4. アニメ声優の平均年収
    5. アニメCGクリエイターの平均年収
    6. アニメ音響(SE)の平均年収
    7. 脚本家・演出家の平均年収
  5. アニメ監督・プロデューサーとは
    1. アニメ監督・プロデューサーの役割と責任
      1. キャリアパスと求められる能力
    2. アニメ業界での影響力と成功のポイント
  6. アニメ業界は天職?活かせる「強み」5選
    1. ①やっぱりアニメが大好き!
    2. ②人と話すのが好き!コミュニケーションを取るのが得意
    3. ③コツコツ作業をするのが得意
    4. ④集中力には自信がある
    5. ⑤仕事は最後までやりきる!強い責任感
  7. アニメ業界での転職活動
    1. 転職市場の動向と求人情報の探し方
      1. 転職エージェントの活用は必須
      2. 転職成功のためのネットワーキング
  8. 未経験でもアニメに関わる仕事はできる?
    1. 絵が下手でも大丈夫
  9. 高卒でもアニメに関わる仕事はできる?
    1. 学歴は関係ない
  10. 文系でもアニメに関わる仕事はできる?
    1. 大学は関係ない
  11. アニメ業界の将来性は?
    1. 世界中から注目され続けている日本のアニメ
    2. 世の中からアニメがなくなることはない
    3. 日々進化するアニメ制作技術
    4. アニメの仕事は今後も需要が安定している

アニメに関わる仕事

アニメーション業界は多岐にわたる職種が存在します。クリエイティブな才能を活かして、夢を追い求める人々にとって魅力的なフィールドとなっています。

アニメ業界における職種の多様性

アニメ業界では、アニメーターだけでなく、監督、プロデューサー、脚本家、声優、美術スタッフなど、多岐にわたる職種が存在します。それぞれの職種が連携して、一つの作品を創り上げるため、チームワークが求められる業界でもあります。

業界への参入方法と求められるスキル

アニメ業界への参入方法は多岐にわたります。専門学校での学びや、企業の新卒採用、中途採用などが一般的です。求められるスキルは職種によって異なりますが、共通してクリエイティブな思考やコミュニケーション能力、技術の習得が重要とされています。

夢のアニメ業界へ!専門スキルは「最強」の武器

アニメ業界は競争が激しく、専門的なスキルと知識が成功の鍵を握ります。夢を現実にするためには、しっかりとした準備が必要です。

アニメに詳しいだけじゃダメ

専門学校で知識とスキルをゲット!

専門学校では、アニメーション制作に必要な技術や知識を体系的に学ぶことができます。経験豊富な講師から直接指導を受けることができ、実際の制作現場で使われているツールや技術を習得することが可能です。

自力でやるよりも、講師から習うほうがまちがいない

学校選びも重要

アニメ業界への就職を目指すなら、学校選びは非常に重要です。業界とのつながりが強く、就職支援が充実している学校を選ぶと良いでしょう。また、卒業生の実績やカリキュラムの内容もチェックすることが大切です。自分の目指す分野に特化したプログラムがある学校を選ぶと、夢への近道になります。

どこでもいいわけじゃないんだ。知ってた?

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

アニメに関わる仕事のメイン「アニメーター」とは

アニメーターは、アニメ業界における中心的な職種で、作品の魅力を引き出す役割を果たします。

アニメーターの主な業務内容

アニメーターの主な業務は、キャラクターや背景の描画、動きの設計などです。原画、動画、色指定など、細かい工程に分かれており、専門的な技術が求められます。

アニメーターに必要な技術と経験

アニメーターには、描画技術やソフトウェアの操作スキル、動きの理解などが必要です。経験を積むことで、より高度な作業が可能になります。

アニメーターとして働く魅力と課題

アニメーターとして働く魅力は、自分の描いたキャラクターが動き出す瞬間の感動や、多くの人々に楽しんでもらえる作品づくりです。一方で、厳しい納期や労働環境などの課題も存在します。しかし、自分の技術と情熱を活かして、夢の世界を創造する喜びは、他の職種では味わえないものとなっています。

アニメに関わる仕事の平均年収

アニメ業界は多岐にわたる職種が存在し、それぞれの職種で年収が異なります。以下は、主要な職種の平均年収についての情報です。

アニメーターの平均年収

アニメーターの平均年収は約300万円です。経験やスキルによって変動しますが、新人アニメーターの場合は200万円前後のことも多いです。

アニメプロデューサーの平均年収

アニメプロデューサーの平均年収は約600万円です。プロジェクトの規模や成功によって大きく変動することがあります。

アニメ監督の平均年収

アニメ監督の平均年収は約700万円です。作品のヒットや監督の名声によって、さらに上がることもあります。

アニメ声優の平均年収

アニメ声優の平均年収は約400万円です。人気声優になると、年収が数千万円に達することもあります。

アニメCGクリエイターの平均年収

アニメCGクリエイターの平均年収は約500万円です。技術の進化に伴い、需要が高まっています。

アニメ音響(SE)の平均年収

アニメの音響効果を担当するSEの平均年収は約450万円です。専門的なスキルが求められる職種です。

脚本家・演出家の平均年収

アニメの脚本家・演出家の平均年収は約550万円です。作品のクオリティと人気に直結する重要な職種です。

アニメ監督・プロデューサーとは

アニメ監督とプロデューサーは、アニメ作品の制作において重要な役割を果たします。彼らのリーダーシップとビジョンが、作品の方向性を決定します。

アニメ監督・プロデューサーの役割と責任

アニメ監督は、作品の全体的なビジョンを持ち、スタッフと共にそのビジョンを具現化します。プロデューサーは、プロジェクトの管理と資金調達、マーケティングなどを担当します。

キャリアパスと求められる能力

アニメ監督・プロデューサーになるためには、多岐にわたる経験と高いリーダーシップ、コミュニケーション能力が求められます。多くの場合、アニメーターや他の職種からの昇進が一般的です。

アニメ業界での影響力と成功のポイント

成功したアニメ監督・プロデューサーは、業界内外での影響力を持ちます。成功のポイントは、オリジナリティ、チームワーク、マーケットへの理解などが挙げられます。

【更新】2024年04月17日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

アニメ業界は天職?活かせる「強み」5選

アニメ業界で成功するためには、特定の「強み」を活かすことが重要です。以下のような強みを持つ人は、アニメ業界で特に活躍できる可能性があります。

どんな強みだろう?想像できる?

①やっぱりアニメが大好き!

アニメへの情熱は、この業界で働く上での大きな動機となります。アニメが好きであれば、厳しい状況でもモチベーションを保ちやすくなります。

それは間違いないわ!

②人と話すのが好き!コミュニケーションを取るのが得意

アニメ業界では、監督やアニメーター、声優など、多くの人と協力して作品を作り上げます。円滑なコミュニケーションができると、チームワークが向上し、作品の質が高まります。

人見知りは直したほうがいいよね

③コツコツ作業をするのが得意

アニメーション制作は細かい作業が多く、根気強くコツコツと取り組む必要があります。このような作業が得意な人は、アニメーターや背景美術などの分野で力を発揮できます。

アニメって人物だけじゃないもんね

④集中力には自信がある

アニメ制作には高い集中力が求められます。特にアニメーションや美術などの作業では、長時間同じ姿勢で細かい作業を続けることもあります。集中力があれば、効率よく作業を進めることができます。

ストレッチして身体はほぐしておこう

⑤仕事は最後までやりきる!強い責任感

アニメ業界では、納期に間に合わせるために、時には厳しいスケジュール管理が求められます。責任感が強く、何事も最後までやり遂げることができる人は、プロデューサーやディレクターなどの管理職に適しています。

自分の仕事はきちんとやり切る!

アニメ業界での転職活動

アニメ業界は、常に新しい才能を求めており、転職市場も活発です。

転職市場の動向と求人情報の探し方

アニメ業界の転職市場は、専門的なスキルと経験が求められるため、求人情報の探し方も特殊です。業界専門の求人サイトやネットワークを活用することが一般的です。

転職エージェントの活用は必須

アニメ業界での転職成功には、転職エージェントの活用が欠かせません。エージェントは、業界の動向を理解し、個人のスキルと経験に合った求人を紹介してくれます。

転職成功のためのネットワーキング

アニメ業界での転職成功には、人脈とネットワーキングが重要です。業界のイベントやセミナーに参加し、関係者とのつながりを深めることが、転職成功への道を開く鍵となります。

未経験でもアニメに関わる仕事はできる?

アニメ業界は多岐にわたる職種が存在し、未経験者でもチャレンジできる場があります。

絵が下手でも大丈夫

絵が下手でも、制作進行やプロデューサーなど、絵を描かない職種も多く存在します。意欲と情熱があれば、アニメ業界でのキャリアを築くことが可能です。

高卒でもアニメに関わる仕事はできる?

アニメ業界は学歴よりもスキルと実績が重視されることが多いため、高卒者でも参入することができます。

学歴は関係ない

多くのアニメ企業では、学歴よりも実力と意欲を重視しています。専門学校や独学でスキルを磨いた人々も多く活躍しています。

文系でもアニメに関わる仕事はできる?

アニメ業界には、理系・工学系のバックグラウンドを持つ人々だけでなく、文系出身者も多く活躍しています。

大学は関係ない

アニメ業界での成功には、大学の学部や学科よりも、個人のスキルと情熱が重要です。シナリオライターやプロデューサーなど、文系の知識が活かせる職種も多く存在します。

アニメ業界の将来性は?

アニメ業界は日本の文化として世界中から高い注目を集めており、その将来性は非常に明るいと言えます。

世界中から注目され続けている日本のアニメ

日本のアニメは世界中で愛されており、国際的な市場も拡大しています。このようなグローバルな需要は、業界の将来性を後押ししています。

世の中からアニメがなくなることはない

アニメはエンターテイメントの一形態として、子供から大人まで幅広い層に受け入れられています。その普遍的な魅力は、アニメがこれからも長く愛され続けることを保証しています。

日々進化するアニメ制作技術

CG技術などの進化により、アニメ制作の方法は日々進化しています。この技術革新は、新たな表現の可能性を広げ、業界の将来性を支えています。

アニメの仕事は今後も需要が安定している

アニメの制作には多種多様な職種が関わっており、それぞれに対する需要も安定しています。アニメ業界の持続的な成長に伴い、関連職種における求人も増加傾向にあります。

アニメーターや制作だけがすべてじゃない!

【最新】2024年04月17日
オススメ転職エージェント