本ページはプロモーションが含まれています

アニメ業界だけは辞めとけ…【しんどいよ、大学生のみんな】

アニメ業界の新卒 アニメに関わる仕事

大学生未経験だし文系だけど、アニメの世界で食っていきたい

就職活動は、今一番熱い新卒就活の選択肢の一つです。

年収500万円に達成していない方へ
応募から転職まであなた専任のサポーターが
マンツーマンで転職をサポートしてくれます
普通の求人サイトで仕事を探すより簡単で
あなたの希望条件に沿った転職が実現できます

アニメ業界だけは辞めとけ

相当アニメ好きじゃないとむり

アニメを
一日中見れて
アニメイトで課金するぐらい
アニメ好きじゃないと
しんどい

でも

好きな人は
ハマる

仕事と遊びの
境目が分からなくなる

それくらい
仕事が大好きになる

最近は
アニメの価値が
再認識されていて
お金事情は
結構よくなっているみたい

でも、
労働時間はちょっと・・・

アニメ好きじゃないなら

アニメ業界は
やめておこう。

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

アニメ業界に就活するなら?

アニメ業界への就職は、多くの学生にとって夢のような選択肢です。しかし、採用担当者によれば「99%の人が何もわかっていない」という厳しい現実があります。新卒採用の現状は非常にいびつで、多くの学生が本当に働きたい企業を見極めることなく、多数の企業に応募しています。

99%の人が何もわかっていない現実

新卒採用の現状は、学生と企業双方にとって非効率的であり、多くの問題を引き起こしています。特にアニメ業界はエントリーが集まりやすく、多くの学生が「アニメが好きだから頑張ります!」というあいまいな志望動機で応募しています。しかし、アニメ業界で成功するためには、具体的なビジョンと計画が必要です。自分がどんなアニメを作りたいのか、どういう会社に就職する必要があるのか、就職した後のキャリアパスなど、詳細にイメージすることが求められます。このような深い理解と準備がなければ、99%の学生が埋没してしまう可能性があります。

アニメ業界の新卒採用の変遷

アニメ業界の新卒採用は、近年大きな変化を遂げています。インターネットの普及により、情報収集が容易になった一方で、求人情報の見つけにくさやエントリーの増加など、新たな課題も生じています。以下、詳しく解説します。

インターネットだけでは求人を見つけにくい

インターネットの普及により、多くの求人情報がオンラインで提供されるようになりました。しかし、アニメ業界の求人情報は一般的な求人サイトには少なく、専門の求人サイトや業界団体のウェブサイトなどでしか見つけることができない場合が多いです。そのため、インターネットだけでは十分な情報を得ることが難しく、業界の動向を把握するための努力が求められます。

アニメ業界へのエントリーの増加

アニメの国際的な人気の高まりに伴い、アニメ業界へのエントリーも増加しています。多くの学生がアニメ業界でのキャリアを夢見ており、競争が激化しているのが現状です。しかし、エントリー数の増加と同時に、適切なスキルや志望動機を持たない学生のエントリーも増えており、企業側の採用の難しさも増しています。

アニメ業界への志望動機と現実

アニメ業界への志望動機として「アニメが好きだから」という理由が多く見られます。しかし、業界のプロフェッショナルからすると、それだけでは足りないというのが現実です。

アニメが好きだけでは足りない

アニメ業界で働くためには、アニメが好きであることだけでは不十分です。専門的な技術や知識、チームでの協力、厳しいスケジュールへの対応など、多岐にわたるスキルと精神力が求められます。アニメが好きだけでは、業界の厳しい現実に対応することが難しく、早期の離職につながることも少なくありません。

アニメ業界への新卒採用は、夢と現実のギャップが大きい分野と言えるでしょう。業界への深い理解と、自分に合った職種を見つけるための努力が必要です。

【更新】2024年04月18日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

アニメ業界にむいている人

アニメ業界は多様なスキルが求められる場所です。チームで一つの作品を作り上げるため、様々な人が活躍できます。

ふーん。どんな人が向いてるんだ?

人と作業することが好きな人

アニメ制作はチームワークがとても大切です。アイデアを出し合い、互いの作業を補助しながら、素晴らしい作品を生み出します。人と一緒に働くことが好きな人にはぴったりの環境です。

サークル活動もやってたし、チームワークに問題なし

体力がある人

アニメ制作は意外と体力を要する仕事です。長時間の作業が多く、締め切りに追われることもあります。体力がある人は、このような状況でも元気に働けます。

コツコツ作業することが好きな人

アニメは一つ一つの動きを丁寧に描くことで生まれます。細部にまでこだわり、コツコツと作業を進めることが好きな人は、アニメーターとして大きなやりがいを感じることができるでしょう。

大雑把にみえるかもしれないけど、以外に繊細なんだよな

アニメ業界の就活で大学に差はある?

アニメ業界への就職活動において、大学の名声や学歴が重要かという疑問を持つ方も多いでしょう。しかし、アニメ業界は他の業界とは異なり、学歴よりも実力と情熱が重視される傾向にあります。以下、詳しく解説します。

学歴不問

アニメ業界においては、学歴はほとんど問われません。重要なのは、アニメーションの制作に対する技術や知識、そして何よりも情熱です。専門学校や大学でアニメーションを学んでいる方が有利とされることもありますが、自主制作でスキルを磨いた方でも十分にチャンスがあります。

新卒は完全未経験でも問題ない

アニメ業界は、新卒での採用においても完全未経験者を受け入れることが一般的です。多くの企業が、独自の教育プログラムを持っており、未経験者でも基礎から学べる環境を提供しています。そのため、アニメーションの専門教育を受けていない方でも、業界への入門は十分に可能です。

新卒就活で成功するポイント

新卒の就職活動では、自分をアピールするポイントを知ることが大切です。特にアニメ業界を目指すなら、次のポイントが成功の鍵となります。

自己アピールは得意だから心配ないと思うんだ

情熱(何よりも大切)

情熱は、就職活動で最も重要な要素です。自分がこの業界で働きたいという強い気持ちを持っていることを伝えましょう。情熱は人を動かす力があります。

その話をしだすと長いと思うよ。

将来のビジョン

自分がアニメ業界でどのように成長していきたいか、将来のビジョンを持っていることが重要です。自分の目標や夢を明確にし、それを達成するためにこの業界を選んだ理由を語りましょう。

志望するアニメ会社の作品をチェック

志望するアニメ会社の作品をしっかりとチェックしておくことは必須です。その会社のどの作品に魅力を感じ、どのような貢献ができるかを具体的に話すことができれば、面接官に強い印象を与えることができます。

間違えてライバル会社の作品を言ってしまったらサイアク

作りたいアニメのイメージがあるとOK

アニメ業界の採用面接では、技術や経験よりも「どんなアニメを作りたいか」というビジョンや情熱が問われることが多いです。自分が描きたい世界観やキャラクター、メッセージなど、具体的なイメージを持っていると、採用のチャンスが高まります。

アニメ業界の就活では、学歴や経験よりも自分の情熱とビジョンが重視される傾向にあります。自分が何を描きたいのか、どういったアニメーションに携わりたいのかを明確にし、それを伝える力を磨くことが、成功への鍵となるでしょう。

アニメ会社に就職後のキャリアプランの設計

アニメ業界に就職した後、どのようなキャリアプランを描くかは非常に重要です。アニメ業界は多岐にわたる職種が存在し、それぞれの職種に応じたスキルセットとキャリアパスがあります。以下、主要な職種について解説します。

ディレクター

アニメのディレクターは、プロジェクト全体の監督を担当し、アニメの方向性やビジョンを決定します。ディレクターになるためには、アニメーションの制作プロセス全体を理解し、クリエイティブな判断とリーダーシップが求められます。多くのディレクターは、アニメーターや脚本家などの職種からステップアップしています。

アニメーター

アニメーターは、アニメのキャラクターや背景を動かす役割を果たします。アニメーターとして成功するためには、絵の技術はもちろん、動きの理解と表現力が必要です。アニメーターからは、キャラクターデザイナーやディレクターなど、さまざまなキャリアパスが開かれています。

プロデューサー

アニメのプロデューサーは、プロジェクトの企画から制作、販売に至るまでの全プロセスを管理します。プロデューサーになるためには、アニメーションの制作だけでなく、マーケティングや財務管理などのビジネススキルも求められます。プロデューサーは、企画やマネジメントの経験を積んでキャリアアップすることが一般的です。

放送作家

アニメ業界では、放送作家が物語のプロットや台詞を創り出す重要な役割を果たします。放送作家になるためには、物語構造の理解、キャラクター創造の才能、そして細部への注意が必要です。放送作家は、アニメだけでなく、テレビドラマや映画など、さまざまなメディアで活躍することができます。

声優マネージャー

声優マネージャーは、声優のスケジュール管理、オーディションへの応募、契約交渉などを担当します。声優マネージャーになるためには、組織力、交渉力、人間関係のスキルが求められます。声優マネージャーは、声優のキャリアをサポートし、業界内でのネットワーキングも重要な役割を果たします。

アニメ会社を選ぶ際にみるべき3つの項目

アニメ会社を選ぶとき、働く環境を知ることは大切です。以下の3つの項目は、職場の実情を把握するのに役立ちます。

それは大事なことだわ。早く知りたーい

平均残業時間

平均残業時間は、働き方のバランスを知る上で重要な指標です。残業が多い会社は、プライベートの時間が少なくなる可能性があります。自分のライフスタイルに合った会社を選びましょう。

いくら入りたくてもブラック過ぎるのはちょっと…

平均年収

平均年収は、その会社での収入の目安となります。自分の生活水準や将来設計に合っているかを考えるとき、参考になります。ただし、仕事のやりがいや成長機会も重要な要素です。

最初や安くてもちゃんとアップしてくれるのなら我慢できる!

休日出勤があるか

休日出勤の有無は、ワークライフバランスを考える上で重要です。休日をしっかりと休める会社は、メンタルや体力の回復に役立ちます。自分が働きやすい環境を選びましょう。

ストレス発散には休みが必要!

アニメ会社に就職するのは難しい?

アニメ業界への就職が難しいというイメージが一般に広まっていますが、現代の状況は少し異なります。

やめとけ←昔の給料の低い時代の話

かつて、アニメ業界は給料が低く、労働環境が厳しいというイメージが強かったです。しかし、アニメの国際的な人気の高まりや、業界のプロフェッショナリズムの向上に伴い、この状況は変わりつつあります。

今は給料が上がってきている

近年、アニメ業界の給与体系は改善されており、新卒でも年収400万円以上を得ることが可能なケースが増えています。特に、専門的なスキルを持つ職種では、より高い給与が期待できるでしょう。

年収400万円以上は堅い

アニメ業界での給与は、職種や経験、スキルによって異なりますが、年収400万円以上を得ることは十分に現実的です。アニメ業界への就職を検討する際には、自分の興味やスキルに合った職種を選び、必要な資格や経験を積むことで、理想的な給与を得ることができるでしょう。

【まとめ】アニメ業界は新卒就活で成功できるか?

アニメ業界への新卒就職は、多くの人々にとって魅力的な選択肢であり、成功への道は確実に開かれています。以下、本記事で取り上げたポイントのまとめです。

  • アニメ業界の現状: アニメ業界は国際的にも人気が高まり、給与体系や労働環境も改善されています。
  • 新卒採用の変遷: インターネットだけでは求人を見つけにくい時代から、アニメ業界へのエントリーが増加しています。
  • 学歴や経験の問題: 学歴不問で、新卒は完全未経験でも問題ない職種が多く、作りたいアニメのイメージがあればOKとされています。
  • キャリアプラン: ディレクター、アニメーター、プロデューサーなど、多岐にわたるキャリアパスが存在します。
  • 給与の問題: 昔の給料の低い時代とは異なり、今は給料が上がっており、年収400万円以上も現実的です。

アニメ業界への新卒就職は、自分の夢や情熱を追求するための素晴らしい機会であり、適切な準備と努力によって、成功への道は広がっています。アニメが好きだけでは足りない現実もありますが、具体的な目標と計画を持ち、業界の動向を理解することで、アニメ業界での充実したキャリアを築くことができるでしょう。

【最新】2024年04月18日
オススメ転職エージェント