プロモーションが含まれております

アニメ業界は人手不足過ぎる←予算が少ないから?AI活用で仕事が進化するって本当?

アニメ業界は人手不足過ぎる←予算が少ないから?AI活用で仕事が進化するって本当? アニメに関わる仕事

アニメ業界は人手不足って言われているけれどアニメがなくならないか心配だなぁ。

今やアニメ産業は日本を代表する文化となっているもんね。

年収500万円が目指せる
無料の転職サイトはdoda

アニメ業界の現状←なぜ人手不足なのか?

アニメ業界の現状:なぜ人手不足なのか?

アニメ業界は、多くの人々に夢と希望を与える一方で、裏側では人手不足という深刻な問題に直面しています。この人手不足の背景には、労働環境の厳しさと低い収入が大きく影響しています。

企画数が制作会社のキャパシティを上回る状況が続いて、優秀なスタッフの取り合いの結果、人材確保が困難を招いていると言われているよ。

(参考:アニメブームの影で、深刻な「人材不足」 業界改善のための文化庁事業「あにめのたね」とは?)

労働環境と収入の現実

アニメーターとして働く場合、多くの場合はフリーランスとしての活動が主流です。そのため、安定した収入を得ることが難しく、多くのアニメーターが生計を立てるために他のアルバイトを掛け持ちしています。

日本アニメーター・演出協会の実態調査では、動画担当の平均年収は125万円年収300万円以下のアニメーターが約4割という結果が出ているみたい。

若手アニメーターの厳しい状況

特に若手アニメーターは、スキルが未熟なために低い報酬しか得られず、その結果として業界から足が遠のくケースが多いです。このような状況が人手不足を招いているのです。

まさに負の連鎖が起きてしまっているね。この状況をどうにか断ち切らないといけないね!

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

業界団体「NAFCA」の設立とその目的

業界団体「NAFCA」の設立とその目的

このような問題に対処するため、業界団体「NAFCA(New Anime Film Creator Association)」が設立されました。

NAFCAが目指すアニメ業界の未来

NAFCAは、アニメーターの待遇改善やスキルアップを目的としています。具体的には、アニメータースキル検定の導入や、業界全体での報酬の見直しを行っています。

NAFCAとは

NAFCAは2023年に設立された一般社団法人日本アニメフィルム文化連盟です。「アニメに未来があることを信じたい」 を理念に掲げ業界の立て直しや発展を目指す団体。代表理事はアニメプロデューサーの植田益朗氏。事業内容は人材育成やアニメ福祉関連事業など多岐にわたります。

アニメータースキル検定の内容

アニメーションに興味がある人にとって、スキルを証明する方法のひとつがアニメータースキル検定です。

アニメータースキル検定って初めて聞いた。どんな検定なんだろぉ?

一般社団法人日本アニメフィルム文化連盟が開催

この検定は、アニメ業界の専門家が集まり、質の高いアニメ作品づくりを目指しています。

アニメ好きにはたまらない!

ひとつの目標としてあってもいい検定だね!

受験資格は16歳以上

16歳以上であれば、誰でもアニメーションの世界に挑戦できます。

年齢だけクリアすれば挑戦できるのか…あとはやる気と根性だな!

専門学校の前に受検

アニメーションの道に進む前に自分の適性を知ることができます。

適性を知ることができるのはありがたい!

ぜひ受けてみたい検定です!

スキル検定の教科書あり

検定対策に役立つ教材が用意されており、基礎から学べます。

検定対策がそのままスキルに繋がるなら受ける価値が大いにありそう!

メリット3つ

アニメータースキル検定には、受検者にとってさまざまなメリットがあります。

興味ある!たくさんメリットありそうだから知りたい!

①アニメの基礎が学べる

アニメーションの基本的な技術や知識が身につきます。

やっぱり基本はおさえておきたいところ。基礎を固めるのにいいかも。

②動画の仕事を覚えられる

実際のアニメ制作過程で必要なスキルを学ぶことができます。

③就職が有利になる

アニメ業界への就職に有利な資格となり、夢への一歩を踏み出せます。

アニメータースキル検定とは?

この検定は、アニメーターが必要とする基本的なスキルを測定し、それに応じた報酬を設定することを目的としています。これにより、スキルが高いアニメーターはより高い報酬を得られるようになります。

検定の流れとしては基本的なことを動画で覚えた後に教科書を読んで、トレーニングしてから検定を受ける流れみたいだよ!

アニメ制作の過酷な現場

アニメ制作の過酷な現場

アニメ制作は、一見華やかに見えますが、実際は非常に過酷な現場です。

「人間らしい仕事がしたい」と発言した人もいるみたい。それくらい過酷な仕事なのがひしひしと伝わってくるね。

長時間労働の要因

アニメ制作には多くの手間と時間がかかります。特に、手描きアニメーションでは、一秒間に24枚もの絵が必要です。このような作業量が、長時間労働を引き起こしています。

アニメを作るにはどれくらいの絵が必要?

30分のアニメで計算した場合、一秒間で24枚なので24×60=1440。1分で1440枚。30分で計算すると1440×30=43,200。合計で43,200枚の絵が必要になってきます。映画の場合は2時間が一般的な長さなので、約4倍の172,800枚のとてつもない量の絵が必要となると、どうしても長時間労働は避けて通れないのかもしれません。

スキル不足とその影響

また、スキル不足がこの過酷な現場をさらに厳しくしています。スキルが不足していると、作業効率が落ち、結果として長時間労働が増えるのです。

新人が増えたことによる弊害

アニメーターとしてのスキルが足りていない新人が大量に増えたことにより、ベテランの作画監督や総作画監督がスキル不足のアニメーターの描いた絵を修正し、描き直すことでクオリティを保っていますが、高齢化もあり限界に来ていると感じています。目の前の大量の仕事をこなそうと総動員で取り掛かりますがそれは悪循環でしかなく、一部の仕事ができる人たちの重荷が異常に膨大してしまっています。

(参考:アニメ制作、ベテランの高齢化進み現場は限界 過酷な仕事量で技術継承進まず…「検定」で問題打開なるか)

【更新】2024年05月18日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

AIとアニメ制作:未来の可能性

 AIとアニメ制作:未来の可能性

近年、AI技術の進化により、アニメ制作においても大きな変革が期待されています。

アルゴリズムを得意とするAI

AIはアルゴリズムに沿った作業、つまりマニュアル通り業務を遂行するのに長けています。アニメの制作ではレイアウトや動画、スキャン、デジカメ取り込みなどといった作業はマニュアル化によりAIが作業を差し替えることができると言われています。

(参考:「アニメ制作は全てAIに代替されるかもしれない」 AT-X・岩田社長「創造領域の侵食が始まっている」)

AIの活用事例

例えば、AIを用いて背景画を自動生成する技術や、動きの自然なアニメーションを生成する技術が開発されています。

アニメとAIの相性ってよさそうだからうまくいけば今よりワンランク上ものが生まれそう!

AIがもたらすリスクとチャンス

しかし、AIの導入にはリスクも存在します。AIによって仕事が奪われる可能性もありますが、一方で、AIと人間が協力することで、より高品質な作品を生み出す可能性もあります。

塞翁が馬っていうから幸運を招く引き金になって欲しいな

アニメ業界で成功するためのスキルとは?

アニメ業界で成功するためのスキルとは?

最後に、アニメ業界で成功するためには、どのようなスキルが必要なのでしょうか。

アニメ業界で成功するためのスキル3つ

アニメ業界では、個々の技術だけでなく、プロジェクトを円滑に進めるためのスキルも重要です。

どんな業界でも専門的なスキル以外もないといけないんですね。

①スケジュール管理能力

アニメ制作は締め切りとの連続です。計画的に仕事を進める能力が必要になります。

コミュニケーション能力

多くの人と協力しながら作品を作り上げるため、効果的なコミュニケーションが不可欠です。

トラブル対応能力

アニメ制作は予想外の問題が起こりがちです。柔軟に対応できる力が求められます。

自分の能力を最大限に発揮するためにも、どんなことにも適応する力を鍛えておく必要があるんですね。

必要なスキルセット

基本的な描画スキルはもちろん、コミュニケーション能力やプロジェクト管理能力も非常に重要です。

これはアニメーターに限らず社会で色々な人と関わりながら、働いていく上で重要なスキルだよね。

成功するアニメーターの特徴3つ

優れたアニメーターには、特定のスキルや理解が不可欠です。

どんな職業でもスキルは磨き続けないとね!

①デッサンの能力が高い

キャラクターや背景をリアルに描ける技術が基本です。

背景がきれいに描かれてたら、アニメ全体に対して芸術性を感じますよね。

②演技の知識を備えている

キャラクターに感情を込めるため、演技に関する深い理解が求められます。

演技を知ることで、感情移入ができてそのキャラクターに魂が宿る…ってとこかな。

③観客の求める価値を理解している

視聴者の心を掴むためには、彼らが何を望んでいるかを知ることが大切です。

エンターテインメントってやっぱり見る人がいて成り立つものだから、視聴者目線は忘れちゃいけません。

成功するアニメーターの特徴

成功するアニメーターは、単に技術力が高いだけでなく、チームでの協力やコミュニケーションが得意な人物が多いです。

技術は大前提だとしてアニメーターにもチームワークが必要不可欠なんだね!

【最新】2024年05月18日
オススメ転職エージェント