本ページはプロモーションが含まれています

アニメを見る仕事ってなに?好きなことがお金になるって最高

アニメを見るだけで
お仕事になる夢のような話ってあると思う?

それがあるんです。
そんな仕事があるから
アニメ業界も救われています。

今までたくさんの
アニメを見てきたあなただからこそ
務まる仕事は見つかるかもね。

アニメを見ることを仕事にできたら
趣味と仕事の両立だって夢じゃない。

アニメを見ながらできる仕事につけば
時間に余裕もできてお金もたくさん稼げちゃう。

仕事をきっかけに恋愛だってできちゃうし、
いずれ大切な家族もできるようになる。

これを実現した人はたくさんいるから、
今から動き始めても遅くないよ。

年収500万円に達成していない方へ
応募から転職まであなた専任のサポーターが
マンツーマンで転職をサポートしてくれます
普通の求人サイトで仕事を探すより簡単で
あなたの希望条件に沿った転職が実現できます

アニメを見る仕事ってどんなの?←おすすめ5選

アニメを見る仕事には、様々な職種があります。アニメの魅力を伝えたり、新たなファンを増やしたりすることが、これらの仕事の目的です。

アニメを見る仕事ってアニメ業界にとっても重要なポジションなんです!

①アニメを宣伝するライター

アニメの世界をより多くの人に知ってもらうために、様々な文章を書くライターの仕事があります。

どんなにいいアニメが完成しても、それを宣伝してくれる人がいなければ何も始まりません。

アニメ制作会社の専属ライター

アニメ制作会社の専属ライターとして働くと、新作アニメの情報を最前線で伝えることができます。

アニメサイトのライター

アニメ専門のウェブサイトでライターとして働くことで、多様なアニメ作品についての記事を書くことが可能です。

アニメの魅力を発信してくれるアニメサイトのライターがいるから、新しい出会いや発見もあるの!

あらすじ記事ライター

アニメのあらすじを紹介する記事を書くことで、視聴者の興味を引き、アニメの魅力を伝えることができます。

どんなに良い作品でも、まずあらすじを知ってもらわないと見てもらえないよ。

結構人気→ネタバレ記事ライター

ネタバレ記事を書く仕事は、ファンの間で大きな話題となり、作品への関心を高めることができます。

自分でアニメサイトを立ち上げるのもアリ

独自のアニメサイトを立ち上げることで、自分の視点からアニメの魅力を伝えることができます。

②アニメ評論家

アニメ作品を深く分析し、専門的な視点から評論する仕事です。

たくさんのアニメを見てきた人が評論家になれば、独自の観点で切り込むことだってできます。

アニメを分析し専門性をもって評論する

アニメ評論家は、作品の背景や意図を解析し、その価値を読者に伝えます。

③アニメのレビュアー

自分が見たアニメについての感想や評価を書く仕事です。

アニメの魅力を簡潔に伝えられるレビュアーを参考に視聴を決めるファンもたくさんいます。

アニメを見て感想を書く

アニメのレビュアーは、自分の視聴体験を共有することで、他の人のアニメ視聴を促します。

④アニメ制作会社の広報

アニメ制作会社の広報として働くことで、作品をより多くの人に知ってもらうことが目的です。

広報の力があるからこそ、作品の存在を初めて世に知ってもらえるんですよね。

企業のアニメを広く知ってもらう広報

広報担当者は、アニメの情報を広め、作品のファンを増やすことを目指します。

⑤出版社

漫画やアニメ関連の出版物を扱う仕事も、アニメを見る仕事の一つです。

雑誌の掲載をきっかけに、このアニメが見たいって思ってもらえる大切な役職だね。

漫画家たまごの作品が読める

出版社で働くことで、未来の漫画家の才能を発掘し、支援することができます。

書店などを回る売り込み営業

作品を多くの人に知ってもらうために、積極的に書店や関連施設を訪れ、作品を売り込みます。

自分が育てた漫画家が売れたらモチベーションUP

漫画家が成功を収めると、その支援者としての喜びもひとしおです。

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

映画を見る仕事もアニメと同じ感じで楽しそう

映画を見る仕事は、アニメ関連の職業と同様に、映画の魅力を広く伝えることに重点を置いています。映画愛好家にとっては夢のような職業群です。

今までたくさんのアニメを見てきた人なら、たとえ映画でも同じくらいの熱量がそそげるかも?

映画を宣伝するライター

映画の魅力を文章を通じて伝えるライターは、映画についての情報や魅力を多くの人に知ってもらうために、記事やレビュー、特集などを書きます。新作映画の紹介やインタビュー、舞台裏の話などを通じて、映画への期待感を高めることができます。

専門性を持った映画評論家

映画を深く理解し、その価値や意味を専門的な視点から分析、評価する仕事です。映画評論家は、映画の技術的な側面や演出、ストーリーテリング、俳優の演技力などを評価し、読者に深い理解を促します。また、映画の文化的・社会的な影響についても考察することがあります。

映画の感想レビュアー

映画を観た後の感想や評価を書く仕事です。個人の視点から映画を語ります。映画レビュアーは、一般の観客としての感想をブログやSNS、映画レビューサイトに投稿することが多いです。親しみやすい文章で、他の映画ファンと意見を交換したり、映画選びの参考にされたりします。

レビューを参考に見たい映画を決めているから、レビュアーの存在は助かってます。

映画製作会社の広報

映画の製作会社で働く広報担当者は、作品を多くの人に知ってもらうための活動を行います。映画製作会社の広報は、メディア対応やプレスリリースの発信、映画祭やプレミア上映会の企画・運営などを通じて、映画のプロモーションを行います。作品の魅力を伝えることで、公開前の期待感を高め、成功に導くことが目標です。

アニメを見る仕事の探し方って?

アニメを見る仕事を見つけるには、いくつかのアプローチがあります。アニメ業界への情熱を仕事に生かしたい人にとって、以下の方法は有効な手段となり得ます。

転職エージェントに相談

専門の転職エージェントに相談することで、アニメ業界に特化した仕事を紹介してもらえる可能性があります。転職エージェントは、あなたのスキルや経験、希望する職種を詳しく聞いた上で、適した仕事を探してくれます。業界に精通したエージェントであれば、非公開求人を含めた幅広い選択肢を提案してくれるでしょう。

転職エージェントに任せて頂けたら、要望に合わせたお仕事を見つけてみせます!

転職サイトを利用

オンラインの転職サイトを利用することで、アニメ関連の職種を自分で探すことができます。転職サイトでは、職種や業界、勤務地などの条件を指定して検索することが可能です。アニメ関連の仕事も多く掲載されており、求人情報を比較しながら応募することができます。

フリーランス案件サイトで見つける

フリーランスとしてアニメ関連の仕事を探す場合、案件を紹介するサイトが役立ちます。フリーランス案件サイトでは、ライターやイラストレーター、編集者など、さまざまな職種の仕事が見つかります。アニメ業界でのフリーランス案件も多く、自分のスキルや興味に合った仕事を選ぶことができます。

自分でサイトを立ち上げて活動

自分のアニメに対する情熱を形にするために、個人のウェブサイトやブログを立ち上げるのも一つの方法です。自分でサイトを立ち上げることで、アニメレビューや批評、解説記事などを発信することができます。これらの活動が評価されれば、ライティングの依頼が来ることもありますし、自分のサイトが収益源になる可能性もあります。

もし有名になれば、安定した収入が稼げる上に大手企業から仕事の依頼が来ることだってあります!

【更新】2024年04月21日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

【まとめ】アニメを見る仕事で好きなことにチャレンジ

アニメを見る仕事は、アニメが好きという情熱を生かしながら、様々な形で業界に貢献できる魅力的な選択肢を提供します。アニメを見る仕事を通じて、好きなことを仕事にすることは、多くの人にとって夢のようなことかもしれません。しかし、情熱を持って取り組むことで、その夢を実現することが可能です。アニメ業界で活躍することに興味があるなら、今がチャレンジする絶好の機会です。自分の好きなことを仕事にして、アニメ業界に貢献しましょう。

【最新】2024年04月21日
オススメ転職エージェント