プロモーションが含まれております

高卒だけどアニメ関連の仕事がしたい!←高卒でアニメ業界に入る方法

「高校卒業後、アニメ関連の仕事に携わりたい!」そんな夢を抱えている方は少なくありません。しかし、一体どのようにしてその夢を現実に変えればいいのでしょうか?この記事では、高卒でアニメ業界に飛び込む方法を探求していきます!

年収500万円が目指せる
無料の転職サイトはdoda

  1. 高卒でアニメ業界って入れるの?←なかなか厳しい現状・・・
    1. 高卒でアニメ業界に入りづらい理由
      1. スキルが求められる技術職が多い←未経験者は募集が少ない
      2. 就職先として人気がある←倍率が高い
      3. 特に東映とかufotableとか
  2. まずは自分がどんな仕事をしたいか考えよう!
    1. アニメーターやCGデザイナーなど技術職
      1. 採用にあたってスキルが重視される←全くの未経験だと厳しいかも・・・
      2. 未経験から目指すなら教育レベルの高い会社を探そう
      3. 就活前に職業訓練学校に通うのもあり!
    2. 監督やプロデューサー
      1. 未経験では難しいが、制作進行なら高卒採用もある!
      2. ツール等の専門スキルは不要。PCが得意であれば強みにできるかも!
      3. 求められるのはコミュ力。みんなのスケジュールを調整する仕事
  3. 高卒でアニメ業界に入る方法
    1. 制作進行を目指して、高卒採用している会社を探す
      1. 技術職もゼロではない。探してみよう
    2. 職業訓練校などでスキルを身に着ける
      1. 職業訓練校で必要なスキルを身につけてから就活するのも一つの手
      2. 制度によっては給付金もあるよ←最大月10万円
      3. お金に余裕があれば有料の通信教育もあり
    3. 番外編: 自主制作、発表する
      1. ネット社会の今、会社に所属せず、自分で制作し発表することも可能
      2. スキルに自信がある人はありかも!?
  4. まとめ←高卒でアニメ業界は狭き門だが、やり方次第で入れる!

高卒でアニメ業界って入れるの?←なかなか厳しい現状・・・

高校を卒業したばかりでアニメ業界に入るのは、正直なところ簡単ではありません。でも、不可能ではないんです!その理由を掘り下げていきましょう。まずは、なぜ一般的に難しいとされるのかを説明しますね。そして、高卒ではどうしてもカバーしきれない選択肢を消去していけば、可能な道も見えてくるはずです。

高卒でアニメ業界に入りづらい理由

普通は、専門学校なんかで1~2年、制作技術を学んで就職活動するもんね。そういう人達と「作る」という能力を比較されたとき… そりゃ、なかなか勝てんよね。

スキルが求められる技術職が多い←未経験者は募集が少ない

多くのアニメ関連職は、特定の技術や経験を必要とします。例えば、アニメーターやCGデザイナーなどは、専門的なスキルが求められる仕事。高卒で未経験からこれらの職に就くのは、なかなか難しいんです。

就職先として人気がある←倍率が高い

アニメ業界は、多くの人にとって魅力的な職場。そのため、求人に対して応募者が殺到し、競争が非常に激しいんです。高卒の新卒者が戦うには、相当の覚悟が必要です。

令和4年度高校卒業生(令和5年3月卒)の就職率

直近データは、次の通りになっています。本当は就職先の業界の分布が知りたいのですが、残念ながら統計データがありません。m(_ _)m なお、アニメ業界は、分類的には情報通信業の中に位置づけられています。

  • 全体:98.0%
  • 男子:98.4%
  • 女子:97.0%

特に東映とかufotableとか

東映アニメーションやufotableなど、名の知れた大手スタジオでは、特に競争が激しいです。これらの会社は、高い技術力や独自のスタイルを持っているため、未経験者が足を踏み入れるのは一層困難です。

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

まずは自分がどんな仕事をしたいか考えよう!

高卒でアニメ業界に入るには、まず自分がどのような職種に興味があるか、自分自身で明確にすることが大切です。アニメ業界には、多種多様な職種があります。

本当に、アニメを「作る」仕事に就きたいなら、それよりも前の時期・・・遅くとも2年生までには、自分で行動を起こすべきだね。独学でやれないこともないんだから! 基礎的なデッサンやトレースなどの本もたくさん出版されてるし、Youtubeなんかも役に立つよ。

アニメーターやCGデザイナーなど技術職

採用にあたってスキルが重視される←全くの未経験だと厳しいかも・・・

アニメーターやCGデザイナーは、高い技術力が求められる職種です。未経験者が採用されることは少ないですが、不可能ではありません。重要なのは、どれだけ自分がその分野に情熱を持ち、努力を惜しまないかです。次に、高卒でアニメ業界に入るための具体的なステップを見ていきましょう。

絵が好き、アニメが好きって動機で、この業界に入ってくる人はいっぱいいるよ。でも、入りたての頃の給料は安いし作業時間も長いので、「思ってたのと違う!」って辞めていく人も多いんだ。趣味としての「好き」を、仕事としても「好き」にできる人なら成功すると思うけどね。

未経験から目指すなら教育レベルの高い会社を探そう

アニメ業界での技術職を目指すならば、教育体制が整っている会社の存在は重要です。なぜかって?そういった会社なら、未経験者でも一から教えてくれる可能性が高いからです!実際の業務を通して、徐々に必要なスキルを身に付けることができるんです。それって、かなり魅力的ではありませんか?

就活前に職業訓練学校に通うのもあり!

もう一つの方法として、職業訓練学校に通うという選択肢もあります。ここでの学びは、実践的なスキルの習得に直結しています。さらに、業界で活躍するプロフェッショナルから直接学べるのも大きなメリット。これにより、就職活動において一歩リードできるかもしれませんね!

現役クリエーターが講座を開いてたり、オンラインの養成講座があったり… 昔に比べたら、可能性と選択肢が増えて、いい世の中になったねー。でも、講座の質はピンからキリまであるから、情報収集はしっかりね!

監督やプロデューサー

アニメ監督の仕事とは?

アニメ制作には、非常に多くの要素がからみます。シナリオ、キャラクターと背景、CG、動画、配色、音楽、声優、制作スタッフなどなど。監督はすべての決定権を持つ人なので、当然、技術的な話もできないといけないし、人を動かす力もないといけません。なお、監督の仕事の流れは、こんな感じです。

  • 企画を作る(寄せられた企画から選ぶ)
  • (企画が通ったら)必要な制作スタッフを集める
  • シナリオ、キャラ、背景などを作る
  • 動画にする
  • 声優さんによるアフレコ
  • 完成・公開する

未経験では難しいが、制作進行なら高卒採用もある!

「でも、技術職以外にはどんな道があるの?」と思いますよね。実は、監督やプロデューサーといった職種になるのは未経験では難しいですが、制作進行の職は高卒でもチャンスがあります!制作進行は、アニメ制作の現場を支える大切な役割。将来的には、監督やプロデューサーへの道も開けるかもしれません!

ツール等の専門スキルは不要。PCが得意であれば強みにできるかも!

制作進行に必要なのは、特別な専門スキルではなく、PC操作の基本的な技能や、プロジェクト管理の能力です。PCが得意なら、それが大きな強みになりますよ!仕事は、アニメ制作のスケジュール管理やコミュニケーションが中心。組織力と調整力が問われる仕事です。

求められるのはコミュ力。みんなのスケジュールを調整する仕事

制作進行では、何よりもコミュニケーション能力が重要です。制作チーム、声優、スタッフとの円滑なやり取りが求められるため、人と接することが得意な方にはぴったりの職種です。この職種は、アニメ制作の裏側を学ぶ絶好のチャンスでもあります!

高卒でアニメ業界に入る方法

制作進行を目指して、高卒採用している会社を探す

「アニメ制作の世界に飛び込みたい!」という高卒の方には、制作進行を目指すのがおすすめです。なぜなら、この職種は高卒採用の機会も比較的多いからです。さらに、この仕事を通じて、将来的に監督やプロデューサーといった上流のポジションを目指すことも夢ではありません。高卒からでも、アニメ業界の中核を担う仕事に就くことができるんです! まずは、高卒者を採用しているアニメ制作会社を探しましょう。例えば「アニメ 高卒 求人」などで検索してみてください。実は、、、結構あります。アニメーター養成学学校の職員などという求人も混ざっていますが、アニメ制作会社もちょこちょこありますよ!

技術職もゼロではない。探してみよう

「技術職の道、本当に閉ざされてるの?」と思うかもしれませんが、実はそうでもありません!高卒でも、アニメーションの世界で技術職を目指せるチャンスはあります。大切なのは、どこにどんな機会が隠れているかを見つけ出すこと。熱意と探究心を持って、未来への扉を開いてみませんか?

まあ、いきなり技術職っていうのは確かに難しい。でも、会社に入ってしまえば、現場を見ながら勉強することもできるわけだし、何年後かにそっちに移るっていう道もあるよ!

職業訓練校などでスキルを身に着ける

職業訓練校で必要なスキルを身につけてから就活するのも一つの手

「技術職を目指すけど、どうやってスキルを身につけたらいいの?」そんな悩みには、職業訓練学校が答えを提供します!ここでは、アニメーション業界で求められる具体的なスキルを学ぶことができます。その後の就職活動においても、これらのスキルは大きな武器になるはずです!

制度によっては給付金もあるよ←最大月10万円

さらに、職業訓練学校の利点として、給付金制度があります。これは、訓練中の生活をサポートするための制度で、最大で月10万円の給付が受けられることも!経済的な負担を軽減しながら、夢に近づく一歩を踏み出せるのです。なお、この制度で給付金を受給するには、いろいろな要件を満たしている必要があります。詳しくは、高生堂同省のページ「求職者支援制度のご案内」で確認してくださいね。

お金に余裕があれば有料の通信教育もあり

また、「もっと自分のペースで学びたい!」という方には、有料の通信教育もおすすめです。自宅で自分の時間を使って学べるので、ライフスタイルに合わせて柔軟にスキルアップが可能です。ただし、これには費用がかかるので、自分の経済状況と相談してくださいね。

オンラインスクールをいろいろあるけど… まあ、価格的なことを考えると、やっぱりUdemyかな。たくさんあるので、自分に合いそうなものを探してみてね。あと、YouTubeもバカにできないよ。無料だけど編集レベルが高くて、ヘタな有料講座よりわかりやすっかりするんだ。

番外編: 自主制作、発表する

ネット社会の今、会社に所属せず、自分で制作し発表することも可能

「でも、会社に所属しなくてもアニメを作れるの?」と疑問に思うかもしれません。現代はインターネットが発展し、個人でもアニメの制作・発表が可能です!YouTubeやSNSなど、自作のアニメを世界に向けて発信できるプラットフォームがたくさんあります。自信があるなら、この道もありかもしれませんね!

スキルに自信がある人はありかも!?

この自主制作の道は、特にスキルに自信のある人に向いています。もし、自分のアニメーション制作能力に確信があれば、世界に向けて自分の作品を発表することで、大きな注目を集めることも夢ではありません。やるかやらないかはあなた次第です!

一般的に、「”好き”を仕事にするのは簡単じゃない、稼げるのは一握り」とみなされる職業は結構あります。声優、スポーツ選手、マンガ家、音楽家などなど。でも、実際になった人たちはいます。「あきらめなかった」からなんです。そう、君にもチャンスがあります!

【更新】2024年06月19日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

まとめ←高卒でアニメ業界は狭き門だが、やり方次第で入れる!

高卒でアニメ業界への道は決して広くはありませんが、不可能ではありません。自分がどんな仕事をしたいかを明確にし、必要なスキルを身につけることで、夢は現実に近づきます。

年収500万円が目指せる
無料の転職サイトはdoda

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。