プロモーションが含まれております

「アニメに関わる仕事一覧」年収まとめ

アニメに関わる仕事の種類 アニメに関わる仕事

アニメ系の仕事の年収ってどうなの?

アニメに関わる仕事の種類と年収を公開します。

年収500万円が目指せる
無料の転職サイトはdoda

アニメの仕事の種類&年収相場

アニメの仕事の種類&年収相場

アニメ業界は多岐にわたる職種が存在し、それぞれの職種が協力して作品を生み出します。以下は、アニメ業界での主な仕事の種類と、それぞれの職種の平均年収についての情報です。

プロデューサー

プロデューサーはアニメ制作の全体的な進行管理を担当し、予算管理やスケジュール管理などを行います。プロジェクトの成功を導く重要な役割を果たし、他のスタッフと連携して作品を完成させます。

年収500万円~

プロデューサーの年収は経験や担当するプロジェクトの規模により異なりますが、平均的には500万円以上とされています。大手の制作会社であればさらに高い報酬が期待できる場合もあります。

プリプロダクション

プリプロダクションはアニメ制作の初期段階で行われる作業で、企画・脚本・キャラクターデザインなどが含まれます。この段階での作業が作品の方向性を決定づけるため、高い創造力と計画力が求められます。

年収500万円~

プリプロダクションに携わるスタッフの年収もプロデューサーと同様に500万円以上とされています。この職種では、アニメの世界観を形作る重要な役割を担っているため、経験とスキルが報酬に反映されることが一般的です。

ディレクター

ディレクターはアニメの演出を担当し、作品のビジョンを具現化します。ストーリーの流れや演技の指示など、作品のクオリティを高める重要な役割を果たします。

年収400万円~

ディレクターの年収は平均で400万円以上とされています。経験や担当するプロジェクトの規模によって変動するため、実績を積むことでより高い報酬が期待できます。

脚本家

脚本家はアニメのストーリーを書く役割を果たし、登場人物のセリフや行動、シーンの描写などを担当します。物語の骨格を作る重要な職種で、アニメの世界観を形作ります。

年収200万円~1000万円

脚本家の年収は非常に幅広く、200万円から1000万円以上とされています。これは、脚本家がフリーランスで活動することが多く、実力や実績によって報酬が大きく変動するためです。

実力社会

脚本家の世界は実力社会であり、才能と努力が報酬に直結します。一流の脚本家になれば、高額な報酬を得ることも可能ですが、その道のりは容易ではありません。

音響エンジニア

音響エンジニアは、音の録音、編集、調整などを行う仕事です。ライブやイベント、放送など幅広い分野で活躍します。

アニメには必ずBGMや効果音があるけど、

そういう音を作ったり、入れたりする仕事ってことね!

年収400万円~

音響エンジニアの年収はさまざまですが、経験やスキルに応じて400万円以上を稼ぐこともあります。

エンジニアの中にも監督や音響効果担当などいろいろなポジションがあって、

立場や経験によって年収が変わってきます。

しかし、専門学校からなるのがテッパンパターン

多くの音響エンジニアは専門学校で学んだ後、実務経験を積むことが一般的です。専門的な技術と知識が必要とされます。

専門性の高い分野だからこそ、いきなり入れる世界ではないんだな…

アニメーター

アニメーターはアニメのキャラクターや背景を動かす役割を果たします。手描きやコンピュータを使用して、動きを生み出す技術が求められる職種です。

年収300万円~

アニメーターの年収は平均で300万円以上とされています。経験やスキル、担当するプロジェクトによって変動するため、技術の向上が報酬に直結します。

声優の仕事は?年収は?

声優の仕事は、アニメやゲーム、ナレーションなど、声を使った仕事です。年収は大きく差があります。

みんなが知ってるような有名な声優さんたちは、なんだか儲かっているイメージだけど…

実際どうなんだろう?

年収0万円~1000万円超(平均:350万円)

新人の声優からトップクラスまで、年収は幅広いです。平均的な年収は約350万円とされています。

ええ!年収ゼロ!?そんなこともあるの!?幅広すぎでしょ…!

ギャラは一本1~3万円と言われている

声優のギャラは仕事によって異なりますが、一般的には一本あたり1万円から3万円程度と言われています。

アニメに関わる仕事の中でも安いほう

声優のギャラは、アニメ業界全体の中では比較的低い部類に入ります。しかし、人気が出れば収入も大きく変わります。

駆け出しの方だと、声優の仕事をする傍ら、舞台俳優の仕事などをかけもちしていることもあります。人気が出るまでは苦労する仕事かもしれませんね。

演出家(放送作家)

演出家や放送作家は、アニメのストーリーテリングと演出を担当します。シーンの流れや感情の表現など、視聴者に感動を与える演出を行う重要な職種です。

年収100万円~2000万円

演出家や放送作家の年収は非常に幅広く、100万円から2000万円以上とされています。これは、個人の実力や実績、担当するプロジェクトの規模などによって大きく変動するためです。

実力社会

演出家や放送作家の世界も実力社会であり、才能と努力が報酬に直結します。一流の演出家になれば、高額な報酬を得ることも可能ですが、その道のりは厳しいものがあります。

デザイナー

アニメ業界のデザイナーは、キャラクターや背景、衣装などのビジュアルデザインを担当します。クリエイティブな発想と高いデザインスキルが求められる職種です。

年収200万円~

デザイナーの年収は200万円からとなっております。経験やスキル、担当するプロジェクトによって変動するため、デザインの専門性を高めることが報酬に反映されます。

CGデザイナー

CGデザイナーは、コンピュータを使用して3Dや2Dのグラフィックデザインを行う専門家です。アニメ業界では、リアルな表現や効果的なビジュアル演出が求められます。

年収400万円~

CGデザイナーの年収は平均で400万円以上とされています。技術の進化に合わせてスキルを磨くことで、より高い報酬を得ることが可能です。

CGアニメーター

CGアニメーターは、3Dモデリングやアニメーションを作成する職種です。映画やゲーム、テレビアニメなど、多岐にわたるメディアで活躍することができます。

年収400万円~

CGアニメーターの年収も400万円以上とされており、専門的な技術と経験が報酬に反映されます。最新の技術を学び続けることで、キャリアを積み重ねることができます。

Mayaデザイナー

Mayaデザイナーは、3Dグラフィックソフトウェア「Maya」を使用して、3Dモデリング、アニメーション、エフェクトなどを作成する専門家です。アニメーション制作の現場では、高い技術とセンスが求められる職種となっています。

年収450万円~

Mayaデザイナーの年収は平均で450万円以上とされております。Mayaのスキルを高め、多岐にわたるプロジェクトに携わることで、より高い報酬を得ることが可能です。

コンポジター

コンポジターは、映像の最終的な合成を行う専門家で、アニメーション、実写映像、CGなどを組み合わせて一つの映像作品を作り上げます。細部にわたる調整が求められるため、高い技術と美的センスが必要とされます。

年収450万円~

コンポジターの年収は平均で450万円以上となっています。経験とスキルに応じて報酬が上がるため、専門的な技術を磨くことが重要です。

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

文系OKのアニメの仕事の種類

文系OKのアニメの仕事の種類

アニメ業界は、技術職だけでなく、文系のバックグラウンドを持つ人々にも多くの機会があります。特に、脚本家や演出家などの職種は、文系の学生にとって魅力的な選択肢となっています。以下、詳しく解説します。

基本はどの仕事も文系でOK

アニメ業界は、技術的なスキルだけでなく、ストーリーテリングやクリエイティブな思考が重視されるため、文系の学生にも開かれたフィールドです。アニメが好きであれば、専門的な技術を持っていなくても、多岐にわたる職種で活躍することが可能です。

脚本家と演出家は文系向け

脚本家と演出家の仕事は、物語の構築やキャラクターの心情を表現する能力が求められるため、文学や人文学などの文系の学問が役立つことが多いです。文系の学生がアニメ業界で成功する典型的な例と言えるでしょう。

専門学校を出ているならデザイナー系

デザインやアートの専門学校を卒業した文系の学生も、デザイナー系の職種で活躍することが可能です。専門学校での学びが、アニメ業界でのデザイナーとしてのキャリアを支える基盤となります。

アニメ業界は、技術職だけでなく、文系の学生にも多岐にわたる職種での活躍の場があります。自分の興味や専門性に合わせて、様々な道が選べるのがアニメ業界の魅力です。特に、「アニメが好きだから頑張ります!」という情熱だけでなく、具体的なアニメ制作に対する関心と理解が求められるため、自分が何をしたいのか、どういうアニメを作りたいのかを明確にしておくことが重要です。

アニメ業界に転職するには

アニメ業界への転職には、専門的なスキルと知識が求められます。以下のルートが考えられます。

技術がものをいう世界!自分が目指したい職種にあわせて

スキルアップに励みましょう!がんばってください!

1.専門学校を経由する

専門学校では、アニメーション制作に必要な技術を学ぶことができます。実践的な授業でスキルを身につけることができます。

アニメ業界で必要なスキルを学ぶには、独学では限界があります。

設備の整った学校で学ぶことは一番の近道ですね♪

2.映像、音響系の学部のある大学を卒業する(難易度高)

映像や音響を専門とする大学の学部では、理論と実技の両方を学ぶことができます。しかし、そのような学部は競争が激しく、入学するのが難しい場合があります。

音や工学の知識を深く学ぶことができるのが、大学の魅力ではありますね。

3.アニメーター志望であれば日頃から絵の練習をしよう!

アニメーターを目指すなら、日々の絵の練習が欠かせません。基本的な描画技術から始め、徐々にアニメーション制作の技術を学んでいくことが大切です。

絵がうまいだけでなく、絵の理論をわかっていることも大事です。

また、アニメーターは毎日膨大な量の絵を描く体力勝負の仕事でもあります。

練習の段階でたくさん絵を描くことに慣れていて損はありませんよ!

【更新】2024年07月08日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

手書きが苦手ならデジタル作画のアニメーター

手書きが苦手ならデジタル作画のアニメーター

アニメーターといえば、手書きのイラストが必要というイメージが強いかもしれませんが、現代のアニメ制作はデジタル技術が主流となっています。手書きが苦手な方でも、デジタル作画のスキルを身につければアニメーターとして活躍する道があります。

最近はデジタルが主流

アニメ業界では、効率的な制作のためにデジタル技術が積極的に取り入れられています。特に、デジタル作画は、修正が容易であるため、手書きに比べてミスの許容範囲が広がります。

絵が下手でも大丈夫

デジタル作画のアニメーターになるためには、基本的な絵の技術は必要ですが、手書きのような高い技術は必ずしも求められません。ソフトウェアを使った作画技術を学べば、絵が苦手な方でもアニメーターとしてのキャリアを築くことが可能です。

【まとめ】アニメの仕事の種類と年収

【まとめ】アニメの仕事の種類と年収

アニメ業界は、多岐にわたる職種が存在し、それぞれの職種で求められるスキルや年収も異なります。プロデューサー、ディレクター、脚本家、アニメーター、デザイナーなど、自分の興味やスキルに合わせて選ぶことができます。

最近では、デジタル技術の進化により、手書きが苦手な方でもアニメーターとして活躍する道が開かれています。

【最新】2024年07月08日
オススメ転職エージェント