本ページはプロモーションが含まれています

アニメの演出家になるには?年収は?←監督との違いは?

アニメ制作の現場は多くの人の力によって動いています。その全ての動きに関係し、指示を出すのが「アニメ演出家」です。この記事では、そんな「アニメ演出家」になるための方法と給与や仕事内容について解説します。

まるすけ社長

岩手出身の40代の転職エージェント。2児の父。高卒・おにぎり工場勤務からリクルートに転職。そのあと転職エージェントの会社を作ったり。。。とりあえず転職のプロです。。趣味はブログ(笑)、のんびり業界のリアルをお伝えします。

まるすけ社長をフォローする
 
入社日まで完全無料でサポートが受けられる転職エージェントをご紹介します。
  • doda
    日本最大級の求人数を掲載しているので圧倒的な数の選択肢から会社を選ぶことができる。そのため自分の働きたいエリアで高収入&年間休日120日以上の求人情報を入手できる可能性が高い。さらに、履歴書・職務経歴書の作成と企業との面接日程調整も代行してくれるので、書類選考通過を高めつつ、自分のペースに合わせた仕事探しができる1人での転職活動は不安を感じるという方でも専任担当にいつでも相談できるので、どの企業に応募すると理想通りの働き方ができるかも教えてくれる。実際、年間休日90日&残業52時間/月から年間休日120日&残業20時間/月にまで働きやすさを向上させてプライベートの時間を増やした人は数えきれないほどいる。仕事よりも家族や趣味に向き合いたいなら、圧倒的な求人数のdodaから選択するのがベターです。しかしながら、dodaの欠点として利用者が多すぎるので早く応募しないとチャンスを逃すということが挙げられる。そのため、優良企業への応募はスピードが命になるのがポイントとなる。はじめての転職活動であればdodaの登録だけでも十分に可能性があるので、まず一番最初に抑えておきたい転職エージェントがdodaです。
     
  • 就職Shop
    リクルート運営の若手・フリーター向けの転職サービス。世界No.1の人材系企業ならではのパワーを活かし「書類選考不要」の就職活動を実現している。経歴に不安があったり書類選考が通過できず悩んでいる方には就職ショップは就職成功の最短ルートになる可能性が高い。実際に就職ショップを使う4人に3人は正社員未経験で事情がある方も気軽にサポートが受けられる。一般の転職エージェントと同じく、面接調整や入社までの手続きサポートもあるので難しいことを考えずに働く場所を選ぶことができる。求人の4割は営業職種なので大きく稼ぎたいという方も努力次第では収入面も充実できる。しかしながら、書類選考不要の求人を扱っているためハイクラス就職を狙っている方にはマッチしない。現在、就職すること自体に困っていて、今すぐ働く場所を見つけたいという希望であれば就職Shopは手堅く早く居場所を見つけられるはずです。
     
  • KOSMO
    大阪で30年以上続く老舗の転職エージェント。dodaやリクルートが幅広いエリアをサポートしている中、兵庫県、大阪府、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県に絞った転職支援をすることで専門性をたかめ、関西圏のレア度の高い優良求人を幅広く揃えているのが特徴。45歳までを対象とした転職サポートは管理職からの更なるキャリアアップでも定評がある。プライベートを重視した職場でゆったりと自分の時間を過ごしたい、全く異業種にチャレンジしたいといった悩みを関西に特化して実現してきたのがKOSMO。しかしながら、関西エリア以外をほとんど網羅できていないのが弱み。関西在住でdodaをはじめとした全国区転職エージェントで成果が出ていないのであれば、エリア特化型のKOSMOなら、まだ見ぬ珍しい求人が発見できて応募の選択肢が広がるはずです。

  • ハタラクティブ
    若手完全特化型の転職エージェント。テレビCMでお馴染みのレバレジーズが運営する18~29歳の若者限定のサポート。業界屈指の手厚い転職サポートが特徴で内定獲得率は80.4%と業界最高レベル。さらに、企業との交渉スピードも非常に早く最短2週間で内定獲得も可能。仕事探しに行き詰った20代ならハタラクティブなら内定を獲得して、大手企業・優良ベンチャー企業でキラキラした働き方ができるかもしれません。しかしながら、30代以上はメインターゲットにしていないため、若いうちしか使えないのが難点。100%利用可能な20代のうちに活用すべき転職エージェントがハタラクティブかと思います。

アニメ演出家になるための基本的なステップ

アニメ演出家になるためには、一般的には関連分野での学士号が求められます。美術やアニメーションなど、専門的な教育を受けることで、基本的なスキルと知識を身につけることができます。

アニメ制作の全てに精通する「演出家」には、専門的な知識や経験は必要不可欠だよ

学歴の重要性

高等教育はアニメ演出家にとって必須ではありませんが、多くの企業が学士号を求めています。特に、美術やアニメーションのような専門分野での教育は、技術的なスキルを高めるために非常に有用です。

アニメ演出家になるにはアニメ技術や美術への理解が必要で、それは実際の仕事から学ぶことはできるけど、近年企業は即戦略となる人材を求めていることから、すでにその知識を大学等で習得している人の方が圧倒的に優位ではあるよ!

専門学校と大学の違い

専門学校では、より実践的なスキルが教えられる傾向にあります。一方で、大学では広範な教養教育とともに専門教育を受けることができます。

専門学校ではアニメ制作に特化した技術やスキルを学べるプログラムが用意されており、自分次第で技術をどんどん高められる環境です。また、大学に比べ学費は安いです。
大学では、学部においてアニメーションや映像制作のコースが用意されていることもありますが、これら以外の学問も学ぶため視野を広げやすくなります。

必要なスキルセット

アーティスティックな才能はもちろん、コミュニケーションスキルやコンピュータスキルも必要です。特に、アニメーションソフトウェアに精通していることは、多くの企業が求めるスキルの一つです。

演出家は何十人もの人に指示を出すポジションだから、制作スキル以外にもリーダーとしてのスキルが重視されるよ!

アニメ演出家の年収と待遇

アニメ演出家の平均年収は約$71,266(約800万円)です。ただし、これは企業やプロジェクト、経験年数によって大きく変わる可能性があります。

年収の内訳

基本給以外にも、プロジェクト完了時のボーナスや、特定のスキルに対する手当などが含まれる場合もあります。

フリーランスと正社員の違い

フリーランスの場合、プロジェクトごとの収入となるため、安定性には欠けますが、スキルと実績に応じて高収入を得ることも可能です。

アニメ制作の現場においてフリーランスや契約社員の人が多く活躍されています。演出家においてもフリーランスで活躍することは可能です。しかし、フリーランスで活躍するには実績と人脈が何よりも必要不可欠です。

待遇と福利厚生

大手企業では、健康保険や退職金制度、研修制度などの福利厚生が充実しています。特に、研修制度はスキルアップに非常に有用です。

プロによる指導!卒業後は契約社員になれる養成塾

京都アニメーションやバンダイナムコでは現役のアニメーターなどによるプロ養成塾/作画塾が行われています。
アニメ制作技術は実際の現場やプロの技術を見ることで「生きた技術」を習得できます。
1年間の期間で制作現場へのインターンシップやプロからの指導が受けられるため飛躍的な技術の向上が期待できます。1年間の受講ののち卒業(入社)テストに合格すればそのまま契約社員として採用されます。
(参考:サンライズ作画塾プロ養成塾

アニメ演出家と監督の違い

アニメ演出家は、具体的なシーンやキャラクターの動きを指示する役割を担います。一方で、監督はプロジェクト全体を統括し、ストーリーの方向性を決定します。

演出家は監督が描きたいイメージを形にすることが仕事だよ。演出家と監督は別々のことをしているわけではなく、監督が演出家にイメージを共有して演出家が技術を使って形にするという流れになるよ。

演出家の具体的な仕事内容

シーンのカメラアングルや、キャラクターの表情、動きなどを細かく指示します。また、アニメーターと密に連携を取り、理想的な映像を作成します。

演出家はどのような構図やカット割りにするのか、どのようなカットにすれば、作品やキャラクターの魅力を引き出せるのかといった、作品の演出を考え、作品をより魅力的にするのが仕事だよ。

演出家とアニメーターの連携

演出家はアニメーターとの連携が非常に重要です。具体的な動きや表情を指示するだけでなく、アニメーターの意見も尊重し、より良い作品を作るために協力します。

演出家はアニメーターに「このシーンはこの構図にしよう」「このシーンにはこういう思いがある」といったことを細かく打ち合わせするよ。アニメーターによっても、バトルシーンが上手い人など得意なジャンルがあって、うまく連携できたら演出家が考えてたよりもいい作品が出来上がったりするよ。

(参考:アニメ演出家の仕事とは?『宇宙よりも遠い場所』など、数々の名作を手がけた澤井幸次さんに聞いてみた

監督の役割と責任

監督は、ストーリーの全体像を把握し、それに基づいて各部門と連携を取ります。特に、脚本や音楽、美術などとの連携は非常に重要です。

監督は企画の段階から携わるよ!脚本家や原作者との打ち合わせを重ねて制作準備に入るよ。

制作期間中は全てのものに対する最終決定を監督が下すから、話が進み新しいキャラ設定が出てきた場合それについて方向性を決定を下すのは監督の役目だね。

アニメ演出家になるためのキャリアパス

多くのアニメ演出家は、アニメーターやキャラクターアニメーターとしての経験を持っています。このような経験を積むことで、演出家として必要なスキルと視点を身につけることができます。

制作工程を知らないと演出は務まらないので演出家になるためにはアニメ制作の現場に身をおくことが第一!

アニメーターからの転職

アニメーターとしての基本的なスキルを身につけた後、演出家としての更なるスキルアップを目指すことが一般的です。
アニメーターはアニメーションの基となる原画を描く「原画マン」と動画を描く「動画マン」がいます。両方ともに共通して、実際に絵や映像を用いてキャラクターを動かしていくことになるのでアニメーターには相応のスキルや画力が求められます。

経験年数とスキルの関係

演出家になるためには、一定の経験年数とスキルが必要です。特に、多くのプロジェクトに関わることで、多角的な視点とスキルを身につけることができます。

キャラクターアニメーターからの転職

キャラクターアニメーターは、キャラクターの動きや表情に特化したアニメーターです。この経験を活かし、演出家としての視点を広げることが可能です。

あらゆる制作現場おいて経験に勝るものはなし!アニメーターは演出家の近くで仕事をするうちの一人。常に演出家からの指示や意見を聞きながら作業をするため、演出家としての思考を持ちやすいポジションだよ!

アニメ業界で成功するためのポイント

アニメ演出家になるためには、専門的なスキルと経験はもちろん、人間関係やコミュニケーション能力も非常に重要です。

ネットワーキングの重要性

業界内での人脈は、新しいプロジェクトや仕事の機会を広げる上で非常に重要です。

ネットワーキングとは「異業種交流会」のことだよ!

ネットワーキングの最大のメリットは普段交流のすることのない人と交流することによるアイデアの創出と人脈の形成にあるよ。

SNSでの露出

TwitterやInstagramなどのSNSを活用することで、自分のスキルや作品を広く知らせることができます。

#Hashtag Animation Fes

「#Hashtag Animation Fes」は2021年に第1回が開催されたイベントで、SNSを活用した作品コンテストを中心に「自主制作アニメ作品の発表の場を増やす」「アニメをつくる・つくりたいクリエイターの応援」「作品をつくりつづけることができる仕組みづくり」を目指しています。
参加方法は簡単でハッシュタグをつけてX(旧Twitter)に作品を投稿するだけ!
受賞者には賞金等が授与されます。
(参考:#Hashtag Animation Fes

コミュニケーション能力

プロジェクトを成功させるためには、チーム内での円滑なコミュニケーションが必要です。特に、意見の対立や問題が発生した場合に、スムーズに解決する能力は非常に価値があります。

どの仕事においてもコミュニケーション能力は必要不可欠だよ。それを疎かにすることは人を軽んじることにもなるから、たくさんの人の力が必要な制作現場ではより大切になるよ。

アニメ演出家の日常と仕事の進め方

アニメ演出家の日常は、多くの場合、スケジュールがタイトであり、多くの人と連携を取る必要があります。そのため、効率的な仕事の進め方とタイムマネジメントが求められます。

制作と同時にアニメの放送日が決まっていることもあり、スケジュールは非常にタイトです。トラブルが起きた場合うまくリカバリーし放送日には間に合わせなければなりません。
そのため、制作現場の仕事は必ずしも熱意だけでできるものではありません。締め切り直前には徹夜や休憩なしで制作を進めることもあり、演出家と監督は締め切りに追われるプレッシャーにも耐えなけれななりません。

スケジュール管理の重要性

アニメ制作は多くのステップと人々が関わる複雑なプロセスです。そのため、スケジュール管理がしっかりと行われていないと、全体の進行が遅れる可能性があります。

プロジェクト管理ツールの活用

TrelloやAsanaなどのプロジェクト管理ツールを活用することで、各ステップの進捗を一目で確認することができます。これにより、効率的な作業が可能となります。

チームとの連携

アニメ演出家は、アニメーター、背景美術、音響、編集など、多くの部署と連携を取ります。そのため、明確なコミュニケーションが非常に重要です。

これまでにも話したとおり演出家は多くの人にコミュニケーションを取り指示を出す、監督とアニメーターの橋渡し役を担っているよ。監督の意図を正確に汲み取り、形にすることが求められるから聞き手と話し手両方のコミュニケーションスキルが必要だよ。

アニメ演出家におすすめの資格と研修

アニメ演出家になるためには、特定の資格が必須というわけではありませんが、いくつかの資格や研修が役立つ場合があります。

使うソフトウェアのスキルは必須条件として、アニメーション実技検定やCGクリエイター検定を取っておくとアニメ制作のスキルや表現の知識を持っていることを証明できるよ!

Adobe Certified Expert(ACE)

Adobeのソフトウェアに関する知識とスキルを証明する資格です。特に、Adobe After EffectsやAdobe Premiere Proに精通していると、多くの企業で評価されます。

資格取得のメリット

資格を持っていると、採用時や昇進時に有利とされる場合が多いです。また、資格を目指す過程で得られる知識とスキルは、実務にも大いに役立ちます。

研修プログラムとセミナー

多くの企業や団体が、アニメ演出家向けの研修プログラムやセミナーを開催しています。これらに参加することで、最新の技術やトレンドを学ぶことができます。

グラフィックソフトウェアを手がける株式会社.Tooではクリエイターのスキル向上のためのウェビナーを公開していて、実際のソフトウェアの使い方も学ぶことができるよ!

(参考:株式会社.Tooトレーニング プログラム

総括←アニメ演出家になるには?

アニメ演出家になるためには、多くのスキルと経験が必要です。しかし、それだけでなく、人間関係やコミュニケーション能力も非常に重要です。この記事を参考に、あなたもアニメ演出家として成功する一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

アニメ演出家になるには制作工程に精通することと制作を進めるためのコミュニケーション能力が必要不可欠です。
また、演出家になるための明確なキャリアパスはなく、自分からアピールをして人脈や仕事の幅を広げていくことが演出家になるためのスタートラインになります。

まとめと次のステップ

この記事で紹介した各ポイントは、アニメ演出家になるための基本的なガイドラインです。次のステップとして、具体的な研修プログラムや資格に挑戦することで、更なるスキルアップを目指しましょう。

これまでにもいくつかイベントやセミナーを紹介しましたが、企業では優秀な人材を育てるためにアニメ制作に関連するプログラムを開催しています。
株式会社.TOO主催のアニメ制作技術の総合イベントとして「あにつく2023」が開催されました。現役の制作スタッフの講話が聞けたりするまたとない機会です。
今年はすでに終了してしまいましたが、毎年開催されているようなのでぜひチェックしてみてはどうでしょう。
(参考:あにつく2023

おすすめの参考書とウェブサイト

アニメ演出家になるためには、常に学び続ける姿勢が重要です。以下は、そのためのおすすめの参考書とウェブサイトです。

以上が、アニメ演出家になるための全ての情報です。あなたのキャリアに役立つことを願っています。

演出家になるには、制作現場を知り尽くしていることが大事だけど、もっと大切なのは実際に制作現場に入った後自分が演出家になりたいっていうことを周りの人にアピールすること!周りにアピールすることでチャンスを生み出していこう!

入社日まで完全無料でサポートが受けられる転職エージェントをご紹介します。
  • doda
    日本最大級の求人数を掲載しているので圧倒的な数の選択肢から会社を選ぶことができる。そのため自分の働きたいエリアで高収入&年間休日120日以上の求人情報を入手できる可能性が高い。さらに、履歴書・職務経歴書の作成と企業との面接日程調整も代行してくれるので、書類選考通過を高めつつ、自分のペースに合わせた仕事探しができる1人での転職活動は不安を感じるという方でも専任担当にいつでも相談できるので、どの企業に応募すると理想通りの働き方ができるかも教えてくれる。実際、年間休日90日&残業52時間/月から年間休日120日&残業20時間/月にまで働きやすさを向上させてプライベートの時間を増やした人は数えきれないほどいる。仕事よりも家族や趣味に向き合いたいなら、圧倒的な求人数のdodaから選択するのがベターです。しかしながら、dodaの欠点として利用者が多すぎるので早く応募しないとチャンスを逃すということが挙げられる。そのため、優良企業への応募はスピードが命になるのがポイントとなる。はじめての転職活動であればdodaの登録だけでも十分に可能性があるので、まず一番最初に抑えておきたい転職エージェントがdodaです。
     
  • 就職Shop
    リクルート運営の若手・フリーター向けの転職サービス。世界No.1の人材系企業ならではのパワーを活かし「書類選考不要」の就職活動を実現している。経歴に不安があったり書類選考が通過できず悩んでいる方には就職ショップは就職成功の最短ルートになる可能性が高い。実際に就職ショップを使う4人に3人は正社員未経験で事情がある方も気軽にサポートが受けられる。一般の転職エージェントと同じく、面接調整や入社までの手続きサポートもあるので難しいことを考えずに働く場所を選ぶことができる。求人の4割は営業職種なので大きく稼ぎたいという方も努力次第では収入面も充実できる。しかしながら、書類選考不要の求人を扱っているためハイクラス就職を狙っている方にはマッチしない。現在、就職すること自体に困っていて、今すぐ働く場所を見つけたいという希望であれば就職Shopは手堅く早く居場所を見つけられるはずです。
     
  • KOSMO
    大阪で30年以上続く老舗の転職エージェント。dodaやリクルートが幅広いエリアをサポートしている中、兵庫県、大阪府、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県に絞った転職支援をすることで専門性をたかめ、関西圏のレア度の高い優良求人を幅広く揃えているのが特徴。45歳までを対象とした転職サポートは管理職からの更なるキャリアアップでも定評がある。プライベートを重視した職場でゆったりと自分の時間を過ごしたい、全く異業種にチャレンジしたいといった悩みを関西に特化して実現してきたのがKOSMO。しかしながら、関西エリア以外をほとんど網羅できていないのが弱み。関西在住でdodaをはじめとした全国区転職エージェントで成果が出ていないのであれば、エリア特化型のKOSMOなら、まだ見ぬ珍しい求人が発見できて応募の選択肢が広がるはずです。

  • ハタラクティブ
    若手完全特化型の転職エージェント。テレビCMでお馴染みのレバレジーズが運営する18~29歳の若者限定のサポート。業界屈指の手厚い転職サポートが特徴で内定獲得率は80.4%と業界最高レベル。さらに、企業との交渉スピードも非常に早く最短2週間で内定獲得も可能。仕事探しに行き詰った20代ならハタラクティブなら内定を獲得して、大手企業・優良ベンチャー企業でキラキラした働き方ができるかもしれません。しかしながら、30代以上はメインターゲットにしていないため、若いうちしか使えないのが難点。100%利用可能な20代のうちに活用すべき転職エージェントがハタラクティブかと思います。