プロモーションが含まれております

弁護士はつまらない職業と言われる理由6選←弁護士っぽくない方が稼げるかも

キラキラあこがれる
弁護士という職業。
現実はストレスのたまる
単調なお仕事だったりします。

努力して取得したスゴイ資格

それを活用して
新たな道を開くのも
いいんじゃない?

日々もんもんとしていたら、
人の人生相談より先に
自分の人生、考えましょう。

つまらない毎日から解放されたら

家族からは良いパパと尊敬され、
恋人ともラブラブな充実した毎日が
待っているでしょう。

ゆったり働く弁護士へ
弁護士ドットコムキャリア

弁護士の仕事がつまらない理由6選

弁護士という職業は、法律の専門家として多くの責任を担い、社会的に重要な役割を果たしています。しかし、その一方で「弁護士はつまらない職業」と感じる人も少なくありません。ここでは、弁護士の仕事がつまらなく感じられる理由を6つ紹介し、弁護士のキャリアに新たな視点を提供したいと思います。

華やかで憧れ職業「弁護士」がつまらないってどういうこと?

華やかな裏にはいろいろな闇もあるんです

「結構同じことの繰り返し」

弁護士の日常業務は、案件に応じた書類作成やリサーチ、クライアントとの打ち合わせなど、一見多岐にわたるように見えます。

やりがいのある仕事なのは確かです。

「残業が多い」

弁護士は、依頼された案件を期限内に完遂する必要があり、そのためには長時間の労働が求められることが一般的です。残業が多いと、仕事とプライベートのバランスが崩れ、精神的な負担が増大します。また、長時間労働は身体的な健康にも影響を及ぼし、職業への情熱を削ぐ原因にもなります。

そもそも時間労働というわけでもないから「残業時間」という感覚がないみたいね。
残業代を請求しない弁護士がほとんどだそうよ。

「仕事量の割に給料が安い」

法律の専門知識を要する弁護士の仕事は、高度な専門性と責任を伴います。にもかかわらず、多くの弁護士はその専門性に見合った報酬を得ていないと感じています。特に若手弁護士や個人事務所に所属する弁護士は、仕事の量に対して十分な給料が得られないことがあり、これがモチベーションの低下につながることもあります。

年収1億以上稼ぐすご腕弁護士もいれば、200万円以下という弁護士もいる。弁護士って稼いでいるイメージがあると思うけど、現実はそう甘くないんですよ。

ニューヨークで弁護士になれば初任給で年収約3,000万円って言われてるよね。
小室圭さんみたく飛んでアメリカンドリームを実現!っていうのはどう?

そんな道もなくはないけど・・・(汗)

「トラブルを解決する仕事だからストレスが半端ない」

弁護士は、クライアントの法的な問題やトラブルを解決する役割を担っています。このような重圧の中、効果的な解決策を見出すためには、高度な専門知識経験が求められます。しかし、そのプロセスはストレスが伴うものであり、特に難しい案件や感情的になりがちな案件では、精神的な負担が大きくなります。

「プライベートがない職場もあり」

弁護士としての勤務は、プライベートの時間を圧迫することがしばしばあります。特に案件の締め切りが迫る時期や、複雑な法律問題に取り組む際には、余暇を犠牲にする必要が出てきます。このように仕事と私生活の均衡を保つことが困難になることは、弁護士にとって大きな課題の一つです。

家族や恋人との時間も削られるなんて…
弁護士は離婚率が高いっていうのも納得しちゃう…

「職場の人間関係に疲れる」

職場での人間関係も、弁護士にとってのストレス要因の一つです。法律事務所や企業内での競争、またはクライアントとの関係管理は、精神的な負担を生み出すことがあります。特に、意見の対立や価値観の違いが生じると、これらを解決するためには相当の労力が必要になります。

弁護士だけどゆったり働きたい

弁護士
弁護士

どうすればいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

せめて年収800万は欲しいよね…

弁護士
弁護士

リモートワークができるといいな

編集部
編集部

そもそも行きたい会社ない
とりあえず仕事辞めたい

弁護士ドットコムキャリアなら解決できます

ゆったり弁護士になるなら

弁護士転職エージェント業界大手の弁護士ドットコムキャリアは応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、土日祝が休み、残業も少ない会社でプライベートを充実させることもできます。

弁護士
弁護士

まさか、
弁護士で
リモートワークできるなんて!

編集部
編集部

転職のこと
なんにも分からなかったけど
お姉さんが全部教えてくれた


弁護士の企業法務転職で話題!
弁護士ドットコムキャリア

弁護士に飽きたということは向いてない?

弁護士としてのキャリアに対して疑問を感じることは、その職業が向いていないというサインかもしれません。しかし、それが必ずしもそうであるとは限りません。

心身が疲れているだけかも?

長時間労働や高いストレスレベルは、心身の疲労を引き起こします。これが弁護士としての仕事への情熱の減少につながることがあります。疲れが原因であれば、適切な休息やストレス管理によって、仕事への興味を取り戻すことが可能です。

家族や恋人と、のんびり温泉や森林浴で、仕事に飽きてきた心をリセット!

成長を感じない日々を変えたいのかも?

日々の仕事において成長を感じられない場合、新たな挑戦が必要かもしれません。弁護士としてのスキルアップや異なる分野への挑戦は、モチベーションの回復に繋がります。

もう一度「弁護士として頑張りたい!」と奮起させるには?

弁護士としての情熱を再燃させるためには、新しいアプローチが効果的です。

新案件を扱う

今まで取り組んでいない案件に挑む

これまでの経験とは異なる新しい案件に取り組むことで、新たな刺激学びの機会を得ることができます。異なる法分野や未知の案件は、弁護士としての専門性を広げ、仕事に対する新鮮な視点をもたらすでしょう。

Youtuber弁護士になってみる

弁護士としてのキャリアに変化を求める方には、Youtuber弁護士として活動することも一つの選択肢です。インターネット上での活動は、従来の弁護士業務とは異なる新しい挑戦を提供し、幅広い層に法律知識を伝える機会を創出します。このような活動は、法律の専門性を活かしつつ、クリエイティブな表現を追求できる場でもあります。

弁護士会で一般人向けの法教育もやってるけど、ボクが小学生でもサルでもわかるように楽しくわかりやすく解説するYO!チャンネル登録よろしく!

新しい事にチャレンジしてみる。人気を得る。

Youtuberとしての活動は、弁護士が持つ専門知識を一般の人々に分かりやすく伝える新しい方法です。法律相談、事件の解説、法律に関する教育コンテンツなど、多岐にわたるテーマで視聴者の興味を引きつけることが可能です。また、人気を得ることで、新たなクライアントを獲得するチャンスにも繋がります。

転職する

弁護士として新たな環境で働くことを考える場合、転職は有効な手段です。異なる法律事務所や企業での勤務は、新たな視点やスキルの習得に役立ちます。

一般企業の法務部(インハウスローヤー)の求人も増えてきてるみたいね。残業も少なく福利厚生もばっちりだろうし、ライフワークとのバランスもとりやすそう。

心機一転。職場の規模を変えてみる。←扱う分野が変わってゼロスタート

大手法律事務所から小規模事務所へ、またはその逆への転職は、仕事のスタイルを大きく変える機会を提供します。職場の規模が変わることで、扱う案件の種類や働き方が変わり、新しいキャリアパスを開拓できる可能性があります。

【更新】2024年05月18日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

【まとめ】弁護士がつまらなくて飽きたら転職活動

弁護士としての仕事に飽きてしまった場合、転職は新しい道を切り開く一つの方法です。

会社の規模が変わると扱う案件が変わってくる

企業や法律事務所の規模によって、扱う案件の性質や仕事の進め方が異なります。新しい環境での勤務は、これまでの経験を活かしつつ、異なる視点から法律実務を学ぶことができます。

探せば待遇の良い所ややりがいのある事務所を見つけられるかもしれない。弁護士専門の転職エージェントもあるから相談してみようかな

弁護士の資格を活かした仕事へ転職

コンサルタント、インハウスローヤー、予備校講師、政治家、弁護士資格は、法律事務所以外の分野でも高く評価されます。コンサルタント、企業のインハウスローヤー、予備校の講師、政治家など、多様なキャリアパスが存在します。これらの職種では、弁護士としての経験や知識を生かしながら、新たな職務に挑戦することができます。

弁護士資格を持っているというだけで優遇されそうね。違う仕事なら新鮮な気分で仕事に取り組めそう!

弁護士がラクするなら

弁護士ドットコムキャリア
編集部
編集部

企業法務って
結局ラクな弁護士の生き方No.1だよね

弁護士のキャリアを歩むなら弁護士ドットコムキャリアの登録は欠かせない。弁護士専門の圧倒的な求人数と手厚いフォローが充実しているので、弁護士ドットコムキャリアに登録さえしておけば、いつでも好きな条件の職場に転職しやすいです。

弁護士
弁護士

転職の流れ
わからない

編集部
編集部

弁護士ドットコムで教えてもらえば?

こんなおじさん弁護士でも転職できました

万が一のために登録だけでもしておくべき

編集部
編集部

念の為の準備もアリだと思います

利用料金”無料”

【最新】2024年05月18日
オススメ転職エージェント