プロモーションが含まれております

新人弁護士だけど仕事辞めたい←キャリアを生かして転職しよう

努力して合格をつかみ取った弁護士資格

いざ就職してみたら
忙しすぎて放置プレイ…
ボス弁からのパワハラ…

弁護士は成長できる所に身を置くことこそ重要。
成長できるか不安になったら
転職を考えてみてもいいかもしれません。

弁護士から離れて
法律を教える先生になってみる?

「新人弁護士だけど辞めたい」
いやいや、新人だから***辞めちゃいけない
なんてことはありません。

新人だろうが中堅だろうが
転職しよう!そう思えた人には

車はポルシェ
お正月は毎年ハワイ

理想していた未来がきっと実現できますよ!

ゆったり働く弁護士へ
弁護士ドットコムキャリア

  1. 新人弁護士が仕事を辞めたくなる理由はこれ!3選
    1. 労働時間が長い
      1. 一人当たりの案件が多く、残業も増えがちに
      2. 長時間労働でワークライフバランスがとれない
    2. 職場環境が合わない
      1. ボス弁や同僚との相性が悪い
      2. 社内の雰囲気が悪く、パワハラ、セクハラが横行している
    3. 新人教育の不足、放置プレイ
      1. 周りも忙しく、新人弁護士のメンタリングが煩雑
      2. 相談もできないため、業務に支障が出てしまうことも。
    4. ストレスで潰れてしまう前に、転職を検討しよう!
  2. 新人弁護士が転職で重視すべきポイントは?
    1. 職場の労働環境
      1. 平均残業時間や勤続年数が一つの目安。
      2. 転職活動前に自分の理想とする仕事と生活のバランスを明確にしておこう!
    2. 教育制度の充実度
      1. 特に新人弁護士はメンター制度が充実している職場がおすすめ!
      2. 上手に制度を活用して、キャリアアップを目指そう!
    3. 仕事内容
      1. やりがいのない仕事はストレスのもと!改めてやりたい仕事はどんなものか考えよう
  3. 新人弁護士の転職先例←コンサルが一番稼げるかも…
    1. 法律事務所
      1. 総合法律事務所の仕事内容は多岐にわたるため、色々な仕事をしたい人におすすめ!
      2. やりたい仕事に合わせて専門事務所を探すことも選択肢のひとつ
    2. インハウスローヤー(企業内弁護士)
      1. 法律事務所と比べて残業が少ない傾向←プライベートを充実させたい人におすすめ
      2. 福利厚生も手厚い企業も多い
    3. 弁護士経験を活かしたキャリアチェンジもあり!
      1. 予備校の講師
      2. コンサルティング
  4. 新人弁護士の転職は転職エージェントがおすすめ!
    1. 司法業界に詳しい転職の専門家があなたの転職をサポートします
    2. 弁護士に転職もキャリアチェンジも対応
    3. 専門家と理想の職場をさがそう!
  5. 新人弁護士で仕事を辞めたいは全然あり!

新人弁護士が仕事を辞めたくなる理由はこれ!3選

頑張って努力してやっと弁護士になれたのにね。
理想と現実のギャップってやつを感じちゃったかな

労働時間が長い

新人はわからないことを聞きながら作業しなければいけないから大変だよね。
一般企業でもそれは同じ。でも弁護士の仕事量って新人からハンパないのよ!

一人当たりの案件が多く、残業も増えがちに

新人弁護士が直面する最初の課題は、長時間労働です。多くの法律事務所では、一人当たりの担当案件数が多く、その結果、長時間の残業が常態化しています。これは、業務の習得に励む新人にとっては特に厳しい状況と言えるでしょう。

長時間労働でワークライフバランスがとれない

長時間労働は、ワークライフバランスを大きく崩す要因となります。家族や趣味の時間が取れないことで、個人の生活が圧迫されることもあり、これがストレスの原因となることも少なくありません。

彼女と夕飯を一緒に食べたくてもなかなか会えない(T T)
ボクもガマン、彼女にもガマンさせてる。
これでいいのかな…

職場環境が合わない

今のこのご時世、まだまだパワハラ訴訟とかのニュースをたびたび聞きますからね…

仕事がら、言って良いこと悪いこと、よくわかってるはずなのにな。

ボス弁や同僚との相性が悪い

職場環境の問題も、新人弁護士が仕事を辞めたくなる大きな理由の一つです。上司であるボス弁護士や同僚との人間関係がうまくいかない場合、職場での居心地の悪さが日々の業務に影響を及ぼします。

社内の雰囲気が悪く、パワハラ、セクハラが横行している

また、職場におけるパワーハラスメントやセクシュアルハラスメントの問題は、特に新人弁護士にとって大きな負担となります。これらの問題が横行している職場では、精神的な健康を害する恐れがあります。

新人教育の不足、放置プレイ

それぞれみんな忙しすぎて新人教育どころじゃない…。
これからボクどうなるんだろう。不安~-

周りも忙しく、新人弁護士のメンタリングが煩雑

新人弁護士の育成体制が不十分な場合も、仕事を辞めたくなる理由として挙げられます。忙しい職場では、新人に対する適切な指導やサポートが行き届かないことがあります。

相談もできないため、業務に支障が出てしまうことも。

メンタリングが不十分な環境では、新人弁護士が抱える疑問や不安を適切に解決できないことがあります。

これが業務の質に影響を及ぼすだけでなく、精神的なストレスの原因ともなり得ます。

ストレスで潰れてしまう前に、転職を検討しよう!

これらの理由から、新人弁護士が職を辞めたくなるのは十分理解できます。しかし、辞める前に、自分のキャリアを生かした転職を検討することも一つの選択肢です。次のセクションでは、転職を考える際に重視すべきポイントについて詳しく解説していきます。

弁護士の世界の何が普通で何がおかしいのか、新人だとわからないですよね。
弁護士友達にでも所内の様子を聞いて、自分のところが異常なんだと思ったら迷わず転職を考えていいと思うよ!

弁護士だけどゆったり働きたい

弁護士
弁護士

どうすればいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

せめて年収800万は欲しいよね…

弁護士
弁護士

リモートワークができるといいな

編集部
編集部

そもそも行きたい会社ない
とりあえず仕事辞めたい

弁護士ドットコムキャリアなら解決できます

ゆったり弁護士になるなら

弁護士転職エージェント業界大手の弁護士ドットコムキャリアは応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、土日祝が休み、残業も少ない会社でプライベートを充実させることもできます。

弁護士
弁護士

まさか、
弁護士で
リモートワークできるなんて!

編集部
編集部

転職のこと
なんにも分からなかったけど
お姉さんが全部教えてくれた


弁護士の企業法務転職で話題!
弁護士ドットコムキャリア

新人弁護士が転職で重視すべきポイントは?

新人弁護士が転職を検討する際、重要なポイントはいくつかあります。まず、長時間労働や職場の人間関係など、現在の職場での課題を解決できる環境を求めることが重要です。また、自己成長を促す教育制度や、自分の価値観に合った仕事内容の選定も、キャリア形成において欠かせない要素です。

職場の労働環境

法律事務所にもブラックと言われるようなところがあるんだよ。

平均残業時間や勤続年数が一つの目安。

転職先を選ぶ際、労働環境は重要な判断基準の一つです。平均残業時間や従業員の勤続年数は、職場環境の良さを測る指標として参考になります。残業時間が少なく、長く働く人が多い職場は、ワークライフバランスが保たれやすい傾向にあります。

転職活動前に自分の理想とする仕事と生活のバランスを明確にしておこう!

転職活動において、自分の理想とする仕事と生活のバランスを事前に明確にしておくことが肝要です。これにより、自分に合った職場を見つけやすくなり、長期的なキャリア形成につながります。

教育制度の充実度

わからないことがあればすぐに聞ける体制が整ってると安心だよね

教育担当の先輩との相性が悪かったりしたら最悪~

特に新人弁護士はメンター制度が充実している職場がおすすめ!

新人弁護士にとって、教育制度の充実は非常に重要です。特にメンター制度が整っている職場では、先輩弁護士からのフィードバックを通じて、実務スキルを効率的に身につけることができます。

上手に制度を活用して、キャリアアップを目指そう!

充実した教育制度を提供する職場では、自己成長の機会が豊富にあります。これらの制度を上手に活用することで、キャリアアップを目指すことが可能です。

仕事内容

特定の分野に深く関わりたいのか、幅広い分野に関わりたいのか、また、どのくらいの規模の案件に関わりたいのか、まずは自己分析!

やりがいのない仕事はストレスのもと!改めてやりたい仕事はどんなものか考えよう

転職を考える際は、仕事内容にも注目しましょう。現在の職場で感じる不満やストレスの原因が、仕事内容にある場合もあります。自分が何にやりがいを感じるのか、何を求めているのかを再考することが重要です。

【更新】2024年05月19日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

新人弁護士の転職先例←コンサルが一番稼げるかも…

法律事務所

総合法律事務所の仕事内容は多岐にわたるため、色々な仕事をしたい人におすすめ!

転職先の一つとして考えられるのが、総合法律事務所です。総合法律事務所では、民事、刑事、企業法務など、多岐にわたる案件を扱うことができます。これにより、幅広い経験を積むことが可能であり、自分の興味や得意分野に合わせて、様々な分野の仕事に挑戦できるため、キャリアの幅を広げたい方には特におすすめです。

やりたい仕事に合わせて専門事務所を探すことも選択肢のひとつ

新人弁護士が自身の興味や専門性を活かすためには、専門事務所への転職も一つの良い選択です。例えば、企業法務、知的財産権、国際法など、特定の分野に特化した事務所では、専門的な知識と経験を深めることができます。自分の志向と専門性に合った職場を選ぶことで、キャリアの充実を図ることが可能です。

インハウスローヤー(企業内弁護士)

2001年では66人しかいなかったインハウスローヤーが、2023年には3,184人!
非常にニーズが高まっているんですよ

(参考:日本組織内弁護士協会:組織内弁護士の統計データ)

法律事務所と比べて残業が少ない傾向←プライベートを充実させたい人におすすめ

企業内弁護士、いわゆるインハウスローヤーは、法律事務所に比べて残業時間が少ない傾向にあります。このため、ワークライフバランスを重視する弁護士には適した選択肢となります。企業の法務部門で働くことで、ビジネスの第一線で法的サポートを提供する経験を積むことができます。

福利厚生も手厚い企業も多い

また、多くの企業では福利厚生が充実しています。安定した収入や、社会保険などの福利厚生は、安心して働くための大きな支えとなります。

弁護士経験を活かしたキャリアチェンジもあり!

教員免許を持っていなくても学校で教えるお仕事ができる!
「特別非常勤講師」として採用されれば、小中学校や高校でも教えられます。

予備校の講師

弁護士の経験を活かして、予備校の講師として活躍する道もあります。法律の専門知識を生徒たちに伝え、次世代の法律家を育成することは、社会への大きな貢献となります。

コンサルティング

法律知識を活かしたコンサルティング業も、弁護士のキャリアチェンジとして適しています。企業のリスク管理やコンプライアンス対策など、法律的な観点からのアドバイスが求められています。

新人弁護士の転職は転職エージェントがおすすめ!

司法業界に詳しい転職の専門家があなたの転職をサポートします

新人弁護士の転職に際しては、司法業界に精通した転職エージェントの利用がおすすめです。業界特有のニーズや傾向を熟知した専門家が、あなたのキャリアプランに合った職場を提案してくれます。

弁護士に転職もキャリアチェンジも対応

転職エージェントでは、法律事務所への転職はもちろん、キャリアチェンジに関する相談にも対応しています。弁護士としての経験を活かした異なる分野への挑戦も、専門家のサポートを受けながら進めることができます。

転職エージェントに相談すれば、法律事務所や企業の「雰囲気」や「働き方」等、自分で調べてもわからない情報をたくさん教えてくれるよ!

専門家と理想の職場をさがそう!

自分一人で転職活動を行うのは大変ですが、転職エージェントを利用すれば、理想の職場探しがよりスムーズになります。経験豊富な専門家と一緒に、あなたに最適な職場を見つけましょう。

新人弁護士で仕事を辞めたいは全然あり!

弁護士という職業は多大な責任とストレスを伴いますが、職を変えることによって新たなキャリアを築くことは十分可能です。自分の強みや希望を生かし、新しい道を探求することは、個人の成長にも大きく貢献します。

新人なのにもう辞めたい…
新人でも中堅でも辞めたいという思いになるのは同じこと。

転職しよう!
そう思ったときが新しい人生の始まりです!

辞める勇気が出てきたぞ!
転職エージェントに相談してみよっと

弁護士がラクするなら

弁護士ドットコムキャリア
編集部
編集部

企業法務って
結局ラクな弁護士の生き方No.1だよね

弁護士のキャリアを歩むなら弁護士ドットコムキャリアの登録は欠かせない。弁護士専門の圧倒的な求人数と手厚いフォローが充実しているので、弁護士ドットコムキャリアに登録さえしておけば、いつでも好きな条件の職場に転職しやすいです。

弁護士
弁護士

転職の流れ
わからない

編集部
編集部

弁護士ドットコムで教えてもらえば?

こんなおじさん弁護士でも転職できました

万が一のために登録だけでもしておくべき

編集部
編集部

念の為の準備もアリだと思います

利用料金”無料”

【最新】2024年05月19日
オススメ転職エージェント