プロモーションが含まれております

ゲイが多い仕事は?←エンタメ業界は独特な才能が必要だから多い!

「約7.6%の人がLGBTで、10人にひとり弱は、ゲイ・レズビアン・バイセクシャル、トランスジェンダ ーであろう。」

これは、2015年4月の電通の調査結果よるものです。

近年、テレビやインターネットでも「〇〇の職業にはゲイが多い」と話題になることがあります。きっとどんな職業でも、ゲイは存在していると思われますが、今回は、ゲイが多い仕事についてまとめてみました。

近頃、テレビでゲイの人を見ることが多くなったなあ。

年収500万円が目指せる
無料の転職サイトはdoda

ゲイが多く働いている仕事←エンタメ業界

ゲイが多く働いている業界についての調査は、多くの人々にとって興味深いテーマであります。この記事では、その一覧と統計データを詳しく解説します。特に、業界ごとの比率や、ゲイが多く働いている理由についても触れていきます。

バラエティ番組でおなじみのマツコ・デラックスさんやテレビコメンテーターで東京大学名誉教授のロバート・キャンベルさんもそうだよね。

(参考:LGBTの芸能人一覧。日本と海外で公表している有名人の方々を紹介。)

エンターテイメント業界

エンターテイメント業界は、ゲイが多く働いているとされる業界の一つです。特に、映画や音楽、舞台などのクリエイティブな分野での働き手が多いです。この業界は多様性が求められるため、ゲイであることがむしろ歓迎される場合も多いのです。

そういえば、AAA 與真司郎さんがファンイベントでゲイであることを告白したわね。

ファンのみんなからは、大きな拍手と、これからも応援すると声援が送られたんだって。

(参考:AAA與真司郎 ゲイであることを告白し、自身を解放。悩みや苦しみを抱える全ての人の「居場所」を開設

映画業界

映画業界では、監督やプロデューサー、俳優など、多くのゲイが活躍しています。特に、LGBTQ+に関するテーマ性の作品が増えている今、多様な視点が求められています。

ゲイの人は、特有の目線で世界を見ているので、才能のある表現者が多いのかも…

音楽業界もゲイが活躍している

音楽業界もまた、ゲイが多く働いている業界の一つです。アーティストやプロデューサー、作曲家など、多くの職種でゲイが活躍しています。多様性が求められるこの業界では、ゲイであることが新しい価値をもたらす場合が多いです。

エルトン・ジョンやジョージ・マイケルが海外では有名である。彼らのようにゲイを告白し、同性と結婚したことを公表しているミュージシャンは多い。また、歌手のリッキー・マーティンが、自身のホームページで同性愛者であることを告白した。

(参考元:「あの人もそろそろカミングアウト!?」海外で相次ぐゲイ告白、Jポップ界へも波及か

https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_201004_post_4234/

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

ゲイだと仕事で不利になる?

ゲイっていうことを隠さないと、働けなかったりするのかな…

結論:ならない

性的指向は仕事の能力や成果に影響しません。職場で平等な扱いを受ける権利があります。

男女で平等な扱いが求められることとなんら変わりないってこと!

もしなるようなら労働基準監督署に報告しましょう

性的指向に基づく不利益な扱いを受けた場合は、適切な機関に相談することが重要です。

ゲイという理由で不当な扱いを受けるのは、許されることではありませんし、

泣き寝入りする必要もないんです。

それは差別です。

職場での差別は許されるべきではありません。すべての人が尊重される環境が必要です。

今、そのような差別をする企業があったとしたら、時代遅れといえるでしょう。

ファッション業界も独特なセンスで仕事をしているゲイが多い

ファッション業界も、ゲイが多く働いている業界として知られています。デザイナーやモデル、フォトグラファーなど、多くのゲイがこの業界で成功を収めています。

ファッション業界はゲイの人たちが多いと感じるけど、何か特別な美的センスがあるのかな。

デザイナー

ゲイのデザイナーは、多くの有名ブランドで活躍しています。彼らのセンスと才能は、ファッション業界に多大な影響を与えています。

ジャンポール・ゴルチエが⾃らプロデュースし、作・演出・衣裳も本人が手がけたというランウェイミュージカルファッション・フリーク・ショーが、2023年日本初公演でした。

(参考:世界的デザイナー、ジャンポール・ゴルチエの「ファッション・フリーク・ショー」をファッション音痴な筆者が実際に観てみたら超面白かった&元気がもらえた件について【体験レポ】)

モデル

ゲイのモデルもまた、多くのランウェイや広告で見ることができます。多様性と包摂性が求められる現代において、ゲイのモデルが多く活躍するのは自然な流れと言えるでしょう。

モデルとして世界で活躍する日韓国際ゲイカップルのTaikiさんとNoahさんは、日本で同棲を始めて8年になるんだ。

(参考:「日本は長期ビザ取得が難しい…」日韓国際ゲイカップルが直面する現実の厳しさ「同性婚できたら結婚式に両親を呼びたい」)

【更新】2024年07月08日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

会社経営者にゲイが多い理由

企業のトップ、経営者にもゲイが多いって聞くけど…その理由は何かあるのかな?

多分…独自の感性を活かせるから?

異なる背景や経験は、創造的な発想や独自のビジネスアプローチにつながることがあります。

たしかに、文化的背景が豊かな人のほうが、独創的なアイデアが浮かぶのかもしれないですね!

人とは違う視点でモノを見ることができるから?

多様な視点を持つことは、新しい市場の機会を見つける上で有利に働く場合があります。

ゲイであることは強みになるかも

自身のアイデンティティを受け入れ、それを強みとして活用することで、ユニークな価値を提供できるかもしれません。

自分のアイデンティティと向き合い続けたひとたちは、思慮深く感じますよね。

そんな魅力に惹かれて、まわりにも個性的な仲間が集まってきそう!

ゲイが多い仕事

ゲイが多く働いている業界は多様であり、その背景には多くの要因があります。多様性と包摂性が重視される現代社会において、ゲイが多く働いている業界はこれからも増えていくでしょう。

「ゲイ」も一つの個性。ゲイだからこそ、能力を活かせる仕事もあるんだな。

その他ゲイに多い業種

小売・サービス業  IT関連  メーカー  医療関係  公務員  広告・出版・メディア 等

ゲイが多い仕事はある【ダイバーシティで働きやすい世界になっています】

職場の多様性が重視される現代では、さまざまな業界で性的指向に関わらず働きやすい環境が整っています。

実際に、パティシエとして自分のお店を持っているゲイの男性もいます♪

どんな業界でも活躍できるチャンスはありそうです。

個性を活かして働いてみませんか?

自分らしさを大切にしながら、個性を生かして働くことができる職場が増えています。

就職エージェントに相談してみましょう(無料)

自分に合った環境を見つけるために、就職エージェントのサービスを利用するのも良いでしょう。エージェントは、希望や適性に合わせた職場を紹介してくれます。

エージェントサービスは無料。せっかくですから、とことん希望を伝えてみましょう!

自分だけでは見つけられなかった業界・職種など、新しい道も見えてくるかもしれません♪

【最新】2024年07月08日
オススメ転職エージェント