本ページはプロモーションが含まれています

レズビアンが多い仕事は?←独自の感性と才能が活かせる業界とは?

LGBTQ+という言葉が普通に見聞きされるようになった昨今。その中でも、レズビアンの多くは、そのことを公表せずに生きている方が多いと考えられます。というより、職場でわざわざカミングアウトする必要性もないとも言えます。

レズビアンが出会いを求めるならば、やはりレズビアンの多い職場に就職するということも考えるでしょう。

いったい、どのような仕事にレズビアンが多いのでしょうか。

年収500万円に達成していない方へ
応募から転職まであなた専任のサポーターが
マンツーマンで転職をサポートしてくれます
普通の求人サイトで仕事を探すより簡単で
あなたの希望条件に沿った転職が実現できます

レズビアンの仕事探しへの悩み

好きになる対象が同性ってだけなのに、世知辛いなあ。

①パートナーが男性という…周りとの恋愛話に混ざれない

職場での話題に入りにくいことがあります。他の人は男女の恋愛話で盛り上がっても、自分の経験を共有しにくいです。

②周りからの偏見の目があるかもしれない

自分を出すことで、偏見に直面するかもしれません。仕事の能力とは別に、性的指向で評価される恐れがあります。

日本は思っている以上に性的指向において古典的。

→つまり人間関係で不安が多い

職場での人間関係において、不安を感じることが多いです。自分らしく働きたいけれど、難しい局面もあります。

気持ち悪いとか思われたら…。怖い。

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

どんな会社なら安心?

ダイバーシティとインクルージョンを大切にする会社が安心です。多様性を受け入れ、すべての人が尊重される環境が重要です。また、性的指向に関する理解とサポートがある職場が望ましいです。

性的指向とか関係なく、仕事と人柄で評価してほしい!

レズビアンが多い仕事は?

①公務員←女性が生涯働きやすい環境だから

収入が安定して安心。それに、福利厚生がしっかりしているし、定年まで働けば老後の心配はないですね。

②歯科衛生士←歯科業界はなぜは女性が多い職業

たしかに、若い女性ばかりだよね。「女性の仕事」という昔からの考えが続いているためなのかな。

③士業(弁護士・税理士・司法書士等)←女性が1人で食っていける専門職だから?

やはり、高収入ということなのかな。たとえ、一生独身だとしても十分に生活できるということなのかな。

【更新】2024年04月21日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

なぜレズビアンが多い仕事が存在するのか

社会的背景と性的指向

性的指向は個々のプライベートな事柄であり、それが仕事選びにどれだけ影響を与えるのかは一概に言えません。しかし、社会的な偏見やステレオタイプが存在することも事実です。レズビアンが多いとされる職業には、社会的な背景や文化的な要因が影響している可能性があります。

「美人過ぎる女子バレーボール選手」と称された滝沢ななえさんは、レズビアンであることを公表後、「美人なのにもったいない」といった、異性愛を前提とした声があったそうです。それと、パートナーがいるのに日本で同性婚は法的に認められていないのです。

(参考:レズビアン公表の元バレー選手「美人過ぎる」と評された現役時代と今の思い)

職業選択の自由度

性的指向によって職業選択が制限されることは少ないと言えますが、一部の職業ではレズビアンが多いとされています。これは、その職業が性的指向に対してオープンであるため、レズビアンが働きやすい環境が整っているからかもしれません。

一部の職業にレズビアンが多いのは、性的指向がオープンだから、働きやすいということなんですね。

統計データとその解釈

いくつかの研究では、レズビアンが多い職業とされるものが存在しますが、これはあくまで統計データに過ぎません。統計データは多くの要因に影響を受けるため、一概に「レズビアンが多い職業」と断定することはできません。

統計データだけでは、「レズビアンが多い職業」とは言い切れません。

レズビアンの仕事選びにおける性的指向の影響

個々の価値観と選択

性的指向は一つの要素に過ぎませんが、それが仕事選びに影響を与えることもあります。個々の価値観や生き方が反映される場でもあります。

職場環境との相性

レズビアンであるからといって特定の職業に就くわけではありませんが、職場環境との相性は重要な要素です。オープンな職場環境であれば、性的指向に関わらず多くの人が働きやすいでしょう。

ダイバーシティとインクルージョン

近年、多くの企業がダイバーシティとインクルージョンを重視しています。性的指向に関わらず、多様な人々が働ける環境を作ることが求められています。

資生堂では障がいのある従業員を国内の資生堂グループに約350人雇用しています。

障がい者の方を採用する際は選考プロセスに考慮したり、専用のインターンシップを実施したりしているようです。

また、障がいを持つ従業員に対してだけでなく、管理職に向けて障がいへの理解を促す研修を定期的に実施することで、障がい者の方が安心して働けるように理解を深める取り組みも行っています。


レズビアンが多いとされる職業が存在する背景には多くの要因が考えられます。しかし、最終的には個々の選択と価値観が最も重要であると言えるでしょう。

やはり、最終的には個人の考え方が大切なんですね。

レズだからって仕事で困る必要はない

職場での性的指向は、仕事の能力とは無関係です。人はそれぞれの能力で評価されるべきです。

そこらの人より仕事できるんだから!

正直、性的思考と仕事は関係ない

職場で大切なのは、どれだけ仕事をうまくこなせるかです。個人の性的指向は仕事の質に影響しません。

それで差別を受けることはない

理想的には、誰もが性的指向によって差別されることなく働けるべきです。多様性を尊重することが大切です。

仕事に関係しないんだから、差別なんかしてほしくないよね。

もし差別を受けたら転職して大手に行けば大丈夫

差別に直面した場合、より包括的な環境を提供する企業への転職も一つの選択肢です。多くの大手企業は多様性を重視しています。

少しずつ世界は変わっています、もう少し待ちましょう

社会は徐々に変化しており、多様性を受け入れる企業も増えています。希望を持って、変化を待つことも大切です。

絶望するにはまだ早い!

【最新】2024年04月21日
オススメ転職エージェント