プロモーションが含まれております

INTJの転職活動なら転職エージェントに「クリエイティブな仕事がしたい」というべき理由

介護施設で働いています。16パーソナリティ性格診断っていうのをやってみたら、けっこう当たっていたんです。建築家のINTJタイプらしいのですが、どうも介護職には向いてないみたいでした。INTJ向きの、もっとクリエイティブな仕事に転職しようかなと考えています。

なるほど。INTJっていうことは、内向的、直観的、思考型、判断型という傾向の人なのですね。創造力や分析力に恵まれているので、向いていそうな仕事はたくさんありますよ。

年収500万円が目指せる
無料の転職サイトはdoda

INTJタイプの特性と転職市場

INTJタイプの方々は、理性的で独立した思考を持つ人物として知られています。彼らは自分の考えを深く追求し、創造的な解決策を見つけることが得意です。

性格診断結果のポイント:「傾向の強さ」が大切!

診断テストで、例えばINTJと出た場合、I:内向、N:直観、T:思考、J:判断という各傾向の強さが%で表示されます。この値が50に近ければ、反対側の、E:外向、S:感覚、F:感情、P:知覚の傾向も50に近いわけですから、特徴的には弱い領域のはずです。逆に100に近いほど、こだわりが強い領域です。適職を探す場合は、こだわり領域が満たされる職業・職場を選びましょう。

INTJの強みとは?

INTJタイプの方々は、論理的で戦略的な思考が得意で、計画を立てて目標に向かって進むことができます。彼らは自分のアイディアに自信を持ち、困難な問題にも立ち向かいます。

でも、「親しみやすい」とか「人懐っこい」という感じではないんですよね…

理性的で独立した思考を持つINTJ

INTJは、自分の考えを他人に依存せずに形成します。彼らは情報を冷静に分析し、客観的な判断を下すことができるため、研究や分析に従事する職業が適しています。

転職市場で求められるINTJのスキル

転職市場では、INTJの持つ分析力や戦略的思考が高く評価されます。特に、テクノロジーや研究開発の分野では、INTJのスキルが活かされることが多いです。

分析力と戦略的思考とは

「戦略(的)思考」という言葉を簡単に説明すると、「目的を達成するために手段を選ぶこと」です。その目的の前には、カベがいくつかあるのが普通です。カベを乗り越えるための手段を決めるには、まず、そのカベと自分(自社)の強みや弱みを分析しなければなりません…と、ここまで書くと、就活・転活そのものですよね? また、敵キャラのスペックによって戦い方を選択する、いわゆるターン制戦闘ゲームも連想しませんか? スターレイルやエバーテイルなどでしょうか。

クリエイティブな仕事におけるINTJの役割

INTJは、新しいアイディアを生み出し、既存の問題に対して革新的な解決策を提案できるため、クリエイティブな仕事においても重要な役割を果たします。

旅行の計画やプレゼント選びはワクワクします。どうやったら楽しい旅行になるかとか、何を選んだら喜んでもらえるかとか、いろいろ調べて組み立てていくプロセスは楽しいです。

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントは、転職活動をサポートしてくれるプロのエージェントです。彼らは市場の動向を把握しており、求職者のスキルや経験を考慮して、適切な職を紹介してくれます。

転職エージェントが提供するサポート内容

転職エージェントは、履歴書の作成支援や面接のアドバイスなど、転職活動における様々なサポートを提供しています。特に、INTJの方々は自分の考えを言葉にするのが苦手な場合があるため、エージェントのサポートが役立ちます。

事例:DODAのキャリアカウンセリングの流れ

どこでもそうですが、まずはカウンセリングから。DODAでは、次のような流れになっています。

  • ヒアリング:転職理由、現在までの仕事・経験、キャリアプランなどの聞き取り
  • 情報提供:志望業界・職種の求人動向、求められているスキルや経験に関する情報提供
  • キャリアプランの相談:「強み」「弱み」「できること」「やりたいこと」の整理と、今後のキャリアプランへの落とし込み
  • 求人の紹介:非公開求人を含めた求人情報の紹介
  • 活動スケジュールの設計:転職活動のスケジューリング

INTJに合った職を見つけるサポート

エージェントは、INTJの特性や希望を理解し、それに合った職種を紹介してくれます。例えば、研究開発やプロジェクトマネージメントなど、INTJの強みが活かされる職種を提案してくれるでしょう。

転職エージェントを通じてクリエイティブな仕事を見つける

転職エージェントは、企業のニーズや業界の動向を把握しているため、クリエイティブな仕事を求めるINTJにとって、新しいチャンスを見つける手助けをしてくれます。

転職エージェンって多いんですね。リクルートやDODAなどの総合型の他に、業界・職種に特化したエージェントもあるし。また、マイナビ転職エージェントサーチのように、指定した業界・職種の求人情報を持つ「転職エージェントそのもの」が検索できるサービスもあるんですね。

エージェントが提案するクリエイティブな職種

エージェントは、例えばマーケティングストラテジストやデザイナーなど、クリエイティブな発想が求められる職種をINTJに紹介してくれることでしょう。

クリエイティブな仕事にはどんなものがあるかを調べておきましょう。例えばマイナビエージェントにある「職種図鑑」のページでは、「クリエイティブ職」という項目の中で、20以上の職業を紹介していますよ。

「クリエイティブな仕事がしたい」と伝える重要性

INTJの方々は、自分のアイディアを形にしたいと考えていることが多いです。そのため、転職エージェントに「クリエイティブな仕事がしたい」と伝えることは非常に重要です。

INTJの求めるクリエイティブな仕事とは?

INTJが求めるクリエイティブな仕事とは、自分のアイディアを活かし、革新的なプロジェクトに携われる仕事です。例えば、新しい製品の開発や、既存のサービスの改善などが挙げられます。

理想の職場環境をエージェントに伝える

エージェントに対して、自分がどのような職場で働きたいのか、どのような仕事がしたいのかを具体的に伝えることで、より適切な職を紹介してもらうことができます。

クリエイティブ職には、WEBサイトやゲーム関連会社のプロデューサー/ディレクター/デザイナーなどIT技術をベースにした仕事が多いですね。その他には、広告プロデューサー/ディレクター/プランナー、DTPオペレーター、イラストレーター、ライターなどもありました。

エージェントに期待することを正確に伝える方法

「クリエイティブな仕事がしたい」という要望を具体的に伝えるためには、自分のスキルや経験、これまでの実績を具体的な例を挙げて伝えると良いでしょう。

結局、まずは自己分析なんですよね。転職エージェントのサイトにも独自のツール・書式がありますが、おすすめは厚生労働省のサイトjobtagです。適性検査、しごと能力プロフィール、キャリア分析など、自分のスキル・実績等をまとめてくれる便利で楽しいツールがそろっています。

「クリエイティブな仕事がしたい」という要望を具体的に伝える

例えば、「新しいマーケティング戦略を考案して、売上向上に貢献したい」といった具体的な要望を伝えることで、エージェントはあなたのニーズを理解しやすくなります。

「こんな会社のこんな仕事いいかも」と感じる求人例をピックアップしておけば、エージェントにもイメージが伝わりやすいです。リクルートエージェントの場合、求人情報ページのキーワード欄に「クリエイティブ」と入力すると、該当する求人がヒットします。

【更新】2024年05月18日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

INTJが転職活動で成功するためのポイント

INTJが転職活動で成功するためには、自分の特性やスキルを理解し、市場のニーズに合わせてアピールすることが重要です。

自分のスキルと市場のニーズを理解する

INTJは、自分の持つ分析力や戦略的思考を活かして、市場のニーズに応える職を見つけることができます。

INTJのスキルを最大限に活かす職種

例えば、データ分析やプロジェクトマネージメントなど、INTJの特性を活かせる職種は多いです。これらの職種では、INTJの持つ論理的思考や計画性が重宝されます。

クリエイティブ職は、”無”から”有”を生む上流工程の仕事です。INTJの素質に加えて、特定の高度なスキルや、下流工程を含んだ全体像を把握するための下積み経験が必要です。従って、未経験からクリエイティブ職を目指す場合は、長期的な視点に立ってキャリアを考えましょう。

転職エージェントとの効果的なコミュニケーション

INTJは、自分の思考や感情を他人に伝えるのが苦手な場合があります。しかし、転職エージェントと効果的にコミュニケーションをとることで、自分の希望や要望を正確に伝えることができます。

転職エージェントの活用法:リクルートエージェントの場合

リクルートエージェントには、「転職エージェントの賢い利用方法」や「転職エージェントと上手に付き合うコツ」などについてまとめたページがあります。「多くの求人に目を通し、感想を伝える」「事情が変わったら必ず報告」「レスポンスは早めに」「気になることは本音で」など、具体的なアドバイスが書かれています。ポイントは、「こまめに、正直に」ということですね。

INTJのコミュニケーションスタイルを理解する

INTJは、直接的で率直なコミュニケーションを好む傾向があります。この特性を理解し、エージェントに対して自分の思いを率直に伝えることが大切です。

私もどちらかというと、口頭によるコミュニケーションは得意ではありません。でも、選考では必ず面接があります。練習だと思って、エージェントの方と積極的にコミュニケーションをとるように努力しましたよ。

まとめ←INTJの転職活動を成功に導く方法

INTJの人に限ったことではありませんが、転職は、準備に十分な時間をかけないといけないな、と思いました。例えばWebデザイナーとか、自分の中で方向性が定まったなら、準備期間中に、必要なスキルを身に付けておいたほうがいいですね。

INTJの特性を理解し、適職を見つける

INTJは、自分の特性を理解し、それを活かすことで、転職活動を成功に導くことができます。

INTJの人は、もともと分析力のある人なので、自己分析や業界・職種研究などは得意なはずです。

【最新】2024年05月18日
オススメ転職エージェント