プロモーションが含まれております

面接バックレは損害賠償になる?←はやく謝ろう

転職エージェントの面接を無断欠席 転職活動の裏側

転職エージェントは皆様が採用されることによって売り上げが発生するビジネスです。だから無料で転職サポートができます。無断欠席は言語道断です。

最悪の場合「迷惑行為」で損害賠償沙汰になるかもしれません。

まるすけ社長

岩手出身の40代後半以上の転職エージェント。2児の父。高卒・おにぎり工場勤務からリクルートに転職。そのあと、独立して人材紹介や派遣とかの会社を創業。みんなの転職クラブ創業者。

まるすけ社長をフォローする

年収500万円が目指せる
無料の転職サイトはdoda

  1. 転職面接バックレは損害賠償の可能性もある
    1. 面接にかかるコスト←時給換算したら高額
    2. 転職エージェントの面接も同様にバックレてはいけない
    3. 転職エージェントはバックレてはいけない
    4. 高確率でブラックリストに入る
      1. そのエージェントで転職活動は二度とできない
      2. キャリアアドバイザーを悲しませる行為です
  2. 「遅刻」するときも絶対に連絡すること
    1. 1分でも遅れるなら電話しておこう
      1. 「ごめん」って勇気を出して言えたら結果が変わるかも
  3. キャリアアドバイザーから連絡来ないケースは
    1. キャリアアドバイザーの実力不足
    2. 求職者とCAが喧嘩している可能性もある
  4. もしバックレてしまったら?「謝った方が良い?」
    1. 結論:「謝るべき」
      1. 相手が悲しい思いをしてるから
      2. ごめんなさいの一言で救われる人もいます
  5. ブラック企業ばかり紹介してくるエージェントへの対処法
    1. 「決まりました」と伝えましょう
      1. 連絡ブッチは社会人としてNG
      2. LINEのブロックもNG
  6. 【まとめ】面接バックれは損害賠償案件になる可能性がある
    1. お金が動いている
    2. ブラックリストに入る可能性
    3. 礼儀とコミュニケーション
  7. (補足)面接を辞退したいときは?
    1. 電話で伝えよう
      1. 一次面接だからセーフなんてことはない
  8. (補足)内定を辞退したいときは?
    1. 覚悟を決めて「内定辞退します」って言おう
      1. 入社日までならセーフ
  9. もし直接伝えられないなら就職エージェントに伝えればOK

転職面接バックレは損害賠償の可能性もある

面接にかかるコスト←時給換算したら高額

平常業務をしているマネージャーや役員の時間を思いっきり奪うことです。なかには、有識者を集めて面接を組んでいる企業もあります。それをバックレたら、会社としては損害になるのは当然です。

転職エージェントの面接も同様にバックレてはいけない

転職エージェントの面接を無断欠席することは、絶対に避けるべき行為です。無断欠席は、エージェントや企業に対して非常に悪い印象を与えるだけでなく、最悪の場合、損害賠償の請求を受ける可能性もあります。転職エージェントは企業と求職者をつなぐ役割を果たしており、無断欠席はその信頼関係を深刻に損なうことになります。事前に連絡を入れるなど、最低限のマナーを守るよう心がけましょう。

転職エージェントはバックレてはいけない

まるすけ社長
まるすけ社長

迷惑行為です。最悪の場合法的手続きを取られます。

お金が動いている

転職エージェントを通じての面接は、企業とエージェント双方にとって貴重なリソースと時間がかかるものです。エージェントは企業から報酬を受け取り、その一部を求職者へのサポートに充てています。無断欠席は、このようなお金の流れに支障をきたし、エージェントの信用を失墜させているかもしれません。

嫌がらせと判断される可能性もある

無断欠席は、単なるマナー違反以上の問題を引き起こすことがあります。悪意をもって行われた場合、嫌がらせと判断される可能性もあります。これにより、将来的に転職活動が困難になるだけでなく、法的なトラブルに発展することも考えられます。

謝罪した方が良いです。

万が一バックれてしまったら、メールでもいいので謝罪をしましょう。たくさんの人の時間を奪ってしまっています。

高確率でブラックリストに入る

無断欠席は、転職エージェントにとって非常に深刻な問題であり、その結果、ブラックリストに登録される可能性が高くなります。ブラックリストに登録されると、そのエージェントを通じた転職活動が今後一切できなくなるだけでなく、他のエージェントにも影響を及ぼすことがあります。

そのエージェントで転職活動は二度とできない

ブラックリストに登録されると、そのエージェントを通じた転職活動は二度とできなくなります。エージェントは、企業と求職者の間の信頼関係を築く役割を果たしているため、無断欠席などの信頼を損なう行為は厳しく対処されることが一般的です。

キャリアアドバイザーを悲しませる行為です

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、求職者の転職成功を真剣にサポートしています。無断欠席は、彼らの努力を無駄にし、悲しませる行為となります。信頼関係を築くためにも、最低限のマナーと誠実さを持って対応しましょう。

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

「遅刻」するときも絶対に連絡すること

時間を守ることは、社会生活において非常に重要です。しかし、予期せぬ事態で遅刻してしまうこともあるでしょう。そのような時、どのように対応するかが重要になります。

嘘じゃなくてマジでおばあちゃんに道聞かれて遅刻しそう!

1分でも遅れるなら電話しておこう

遅刻がわかった瞬間、たとえ1分の遅れであっても、相手に電話をして状況を伝えましょう。これは、相手への敬意を示す行動であり、あなたの責任感を示す機会でもあります。

「ごめん」って勇気を出して言えたら結果が変わるかも

遅刻が確定したら、「ごめんなさい」の一言を伝える勇気を持つことが大切です。誠実に謝罪することで、相手の怒りや失望を和らげ、状況を好転させる可能性があります。

ごめんなさいも言えないなんて、そもそも人としてどうかな。

キャリアアドバイザーから連絡来ないケースは

転職エージェントを利用しているにも関わらず、キャリアアドバイザー(CA)から連絡が来ないケースも存在します。このような状況は、以下の理由で起こることがあります。

キャリアアドバイザーの実力不足

連絡が来ない原因の一つとして、キャリアアドバイザーの実力不足が挙げられることがあります。経験が浅い、または専門的な知識が不足しているCAは、求職者のニーズに応えるのが難しい場合があるため、連絡が途絶えることがあります。

求職者とCAが喧嘩している可能性もある

また、求職者とCAの間にコミュニケーションの障害や対立が発生している場合、連絡が途絶えることがあります。このような状況では、お互いの意見や要望をしっかりと共有し、解決策を見つける努力が必要です。

もしバックレてしまったら?「謝った方が良い?」

約束や仕事をドタキャンすることは、相手に大きな迷惑をかける行為です。もしもそのような事態が起きてしまったら、どのように対処すべきか、というのは非常に重要な問題です。

ドタキャンとか、友達ですらされたら嫌でしょ

結論:「謝るべき」

バックレた後には、必ず謝罪をするべきです。これは、相手への最低限の礼儀であり、自分の行動に責任を持つという意味でも重要です。

悪いことをしたら「ごめんなさい」。義務教育で習うはず。

相手が悲しい思いをしてるから

約束を守れなかったことで、相手は悲しんだり、困惑したりしています。

ごめんなさいの一言で救われる人もいます

「ごめんなさい」という一言は、時に大きな力を持ちます。謝罪することで、相手の心の傷を癒やし、関係を少しでも修復するきっかけになるかもしれません。謝ることは、自分にとっても相手にとっても、関係を前に進める第一歩になります。

まだ巻き返せる!あきらめるな!

もしバックレてしまったら、避けて通るのではなく、勇気を持って謝罪を。その一言が、相手への思いやりとなり、あなた自身の成長にも繋がります。

【更新】2024年05月16日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

ブラック企業ばかり紹介してくるエージェントへの対処法

転職エージェントを利用している際に、ブラック企業ばかりが紹介されるという状況に直面することがあります。このような場合、適切な対処が求められます。

「決まりました」と伝えましょう

エージェントが紹介する企業が自分の求めるものと合わない場合、正直に「すでに転職先が決まりました」と伝えるのが良いでしょう。無理に引き受ける必要はありませんが、礼儀を持って対応することが重要です。

連絡ブッチは社会人としてNG

連絡を無視する、いわゆる「連絡ブッチ」は、社会人としてのマナーに反します。不満がある場合でも、きちんと理由を伝え、感謝の意を示すことが望ましいです。

LINEのブロックもNG

また、エージェントとの連絡手段としてLINEを使用している場合、ブロックする行為もNGです。ブロックすると、相手に対する不信感や敵意を示す行為となり、今後の人間関係にも影響を及ぼす可能性があります。

【まとめ】面接バックれは損害賠償案件になる可能性がある

転職エージェントの面接や初回面談は、自身のキャリアを形成する重要なステップです。そのため、無断欠席は絶対に避けるべき行為です。万が一バックレていしまったら、複数の転職エージェントを活用して新しいチャンスを作りましょう。

お金が動いている

転職エージェントは、求職者と企業をつなぐ役割を果たしており、そのプロセスには多くのリソースが投入されています。無断欠席は、エージェントや企業に対して損害を与える可能性があるため、極力避けるべきです。

ブラックリストに入る可能性

無断欠席を繰り返すと、そのエージェント内でのブラックリスト入りや、他のエージェントへの信用低下が生じることがあります。今後の転職活動に大きな支障をきたすことになるため、注意が必要です。

礼儀とコミュニケーション

何らかの理由で面接に参加できない場合は、早めに連絡を入れるなど、礼儀を持って対応することが大切です。また、エージェントとのコミュニケーションを深めることで、自分に合った企業を見つける支援を受けることができます。

(補足)面接を辞退したいときは?

面接を辞退したい場合、その旨を相手に伝える方法は非常に重要です。正しい方法で伝えることが、プロフェッショナルな印象を残すために不可欠です。

やっぱ起業するんで面接辞退しま~す

電話で伝えよう

面接の辞退は、メールや書面よりも電話で直接伝える方が好ましいです。直接話すことで、あなたの誠実さが伝わりやすく、相手も理解しやすいでしょう。

一次面接だからセーフなんてことはない

面接の段階に関わらず、辞退する場合は迅速かつ丁寧に行動することが大切です。一次面接であっても、相手はあなたの参加を期待して準備をしています。そのため、辞退の連絡はできるだけ早めにしましょう。

早ければ早いほどいい、それが連絡。

(補足)内定を辞退したいときは?

内定を得た後に辞退したいと思った場合、その対応には特に注意が必要です。内定は、企業があなたを採用するという意思表示であり、辞退することは大きな決断です。

覚悟を決めて「内定辞退します」って言おう

内定を辞退する場合も、直接電話で伝えるのがベストです。自分の言葉でしっかりとした理由を説明し、感謝の意を示しましょう。「内定辞退します」とはっきりと伝える勇気を持つことが重要です。

どうせ顔見えないんだし怖くないよ!

入社日までならセーフ

一般的に、入社日までに辞退の意志を伝えれば、法的な問題は生じません。しかし、できるだけ早期に伝えることで、企業が代替の採用計画を立てる時間を確保できます。

もし直接伝えられないなら就職エージェントに伝えればOK

直接企業に伝えることが難しい場合は、就職エージェントを通じて辞退の旨を伝えることも一つの方法です。エージェントはあなたと企業の間を取り持つ役割を果たし、適切な方法で辞退のプロセスをサポートしてくれます。

嫌なことから逃げる手段がある時代になったんです。フルに使おう!

【最新】2024年05月16日
オススメ転職エージェント