本ページはプロモーションが含まれています

転職エージェントをバックレた人限定【ブラックリスト入り】

転職エージェントをバックレた人限定【ブラックリスト入り】 転職活動の裏側

バックレ
ダメ絶対

求職者
求職者

転職エージェントってブラックリストとかあるの?

まるすけ社長
まるすけ社長

もちろんあります。

転職活動・就職活動で迷惑行為を行っている人はキャリアアドバイザーから間違いなく見捨てられます。

まるすけ社長

岩手出身の40代後半以上の転職エージェント。2児の父。高卒・おにぎり工場勤務からリクルートに転職。そのあと、独立して人材紹介や派遣とかの会社を創業。みんなの転職クラブ創業者。

まるすけ社長をフォローする

年収500万円に達成していない方へ
応募から転職まであなた専任のサポーターが
マンツーマンで転職をサポートしてくれます
普通の求人サイトで仕事を探すより簡単で
あなたの希望条件に沿った転職が実現できます

転職エージェントバックレたらブラックリスト

転職エージェントバックレたらブラックリスト

転職エージェントには毎日たくさんの求職者の登録があります。しかし、求職者の中には迷惑な求職者もたくさんいます。

  • 登録後の初回面談をバックレ
  • 面接予定があったのにバックレ
  • キャリアアドバイザーを悩み相談の人だと思ってる
  • ストーカー

などなど、迷惑をかける人は転職エージェント内のブラックリストに入ります。(※少なくとも、私の周りの人材紹介会社は対応注意リストは作っています。)

特に転職エージェント業界で一番迷惑なのは「ストーカー」です。キャリアアドバイザーに恋をしてしまい、ストーキング行為をするような卑劣な方々もいます。そういう人は即刻ブラックリスト入りです、連絡を拒否します。

厳しいですが、転職エージェントが大切にしたいのは「本気で人生を変えたい人」です。面接をバックレるような人のなんて知ったこっちゃありません。

ブラックリストを作るのは当然

転職エージェントに関わらずあらゆる社会でブラックリストは存在します。例えば、居酒屋でゲロをまき散らしたお客さんは当然出入り禁止ですよね?転職エージェントは皆さんが内定を獲得して入社してくれなければ倒産してしまいますので、時間を浪費させるような求職者が排除されるのは当然です。

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

他の転職エージェントと共有されているブラックリストは存在しない

他の転職エージェントと共有されているブラックリストは存在しない

無断欠席などで転職エージェントのブラックリストに入ってしまった場合、他の業者にも情報が共有されているのではないか・・・と不安になる方も多いかと思います。しかし、個人情報保護法の観点から他の会社で共有されているリストは存在しません

個人情報保護法で禁止されている

第十七条 個人情報取扱事業者は、個人情報を取り扱うに当たっては、その利用の目的(以下「利用目的」という。)をできる限り特定しなければならない。

 個人情報取扱事業者は、利用目的を変更する場合には、変更前の利用目的と関連性を有すると合理的に認められる範囲を超えて行ってはならない。

個人情報保護法の法律

法律上、他社の選考状況や就職エージェントの使用状況を共有してはいけません。

リクナビ事件(転職サイトの個人情報保護が問われた事件)

2019年、リクナビという新卒媒体で、内定辞退率を本人の同意なしに予測して、有償で38社に提供していたことが問題になりました。

このことから分かるように、たとえ、バックレたとしても他の転職エージェントにあなたの情報が流出することはありません。

でもバックレは絶対禁止!

(参考:リクナビ事件

有料職業紹介事業で禁止されている

転職エージェントは有料職業紹介事業と言われている法律の規制の中で行われていて、個人情報を漏洩したり、深堀りしすぎることを禁止しています。

過去の犯罪歴は分からない

転職エージェントは個人情報を初回登録の段階で初めて入手するので、それ以外の情報は何も知りません。ですから、もし言いたくないことがあればエージェントに言う必要はありません。

しかし、バックレ・ぶっちは確実に選択肢を失う

共有のブラックリストがないとしても企業のブラックリストには入る可能性があります。特に大手転職エージェントからマイナスな評価を受けると、今後もし転職活動を本気でやろうとしたときに足を引っ張られる可能性もございます。ご注意下さい。

面接バックレは重罪

面接バックレは重罪
まるすけ社長
まるすけ社長

キャリアアドバイザーがセッティングした面接のバックレは許しません。

転職エージェントは、あなたと企業の間に入って面接の日時を設定してくれます。芸能業界でいうマネージャーみたいなポジションです。もし、あなたが面接をバックレたら非常に迷惑が掛かります、企業との取引も失われるかもしれません。

どのバックレも最悪ですが、転職エージェントが設定した面接だけは絶対にバックレないようにしましょう。最悪の場合は損害賠償請求されるかもしれません

まるすけ社長
まるすけ社長

本当に面接に参加できないのであれば、事前にちゃんとエージェントに伝えましょう。

転職エージェントは複数登録すると、求人情報の担保もできるし、第三者の意見を聞くこともできるので最低でも2社から情報を入手するようにしましょう。詳しくは転職エージェントの複数併用記事をご参考ください。

【更新】2024年04月18日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

転職業界全体のブラックリストはある?

転職業界全体のブラックリストはある?

結論、ない。理由は個人情報保護がしっかり保護されているから。もちろん社内のブラックリストはちゃんとあります。

とある転職エージェントでバックレたけど、他の転職エージェント使ってもいい?

いい。だけど、次は絶対にバックレないようにしましょう

まるすけ社長
まるすけ社長

二度と転職エージェントを使うなということは言いません。でも、次こそは本気で行動しましょう。

数年後にバックレたエージェント使ってもいい?

わからない。バックレは重罪だから社内のブラックリストにあなたの名前が残っているかもしれない。少なくとも、うちの会社は一度でもバックれたら許しません、永久追放にしています。

企業の人事側のブラックリストはある?

企業の人事側のブラックリストはある?

転職エージェント側のブラックリストはあるのですが、人事側のブラックリストはあるのでしょうか?

大手はあるんじゃないかな?

人事のブラックリスト事情については分かりません。とはいえ、毎月100応募以上集まるような企業は、NGリストを作らないと確実にパンクします。だから、たぶん大手はあるのかなと思います。

まるすけ社長
まるすけ社長

落とされても何度も何度も応募してくる求職者はブラックリストに入るかと思います。ある程度は期間を開けてから再応募しましょう。

SNSがきっかけでブラックリストに入ることある?

SNSがきっかけでブラックリストに入ることある?

絶対ない

SNSが理由でブラックリストに入ることはない。転職エージェントも企業人事どちらも、理由はSNSは匿名だから、あなたがどんなSNS活動をしているかは知ったこっちゃありません。そもそも職業安定法第5条の4に定められる、求職者等の個人情報の取扱いに関する規制に抵触する可能性があります

まるすけ社長
まるすけ社長

選考で落とすのは良いけど、SNSを勝手に調査して、勝手にブラックリストに入れるような業者はあり得ないです。

入社前のリファレンスチェックはある

リファレンスチェックとは「あなたが信頼できる人間か?」をチェックする行為です。人事若しくは転職エージェントが選考途中に行います。

リファレンスチェックの内容

  • SNS活動
  • 前職の同僚からの推薦状の要望
  • 前科や犯罪歴の調査

などです。リファレンスチェックは転職業界でかなり普及してきています。

まるすけ社長
まるすけ社長

外資系の企業は入社前に必ずと言っていいほどリファレンスチェックを行っています。

バックレなくてもブラックリスト入りするケース

バックレなくてもブラックリスト入りするケース

ブラックリストの選定基準は転職エージェントごとに違うし、たぶんキャリアアドバイザーがどう思うかによって判断されるので一概にこれだとは言えません。少なくとも「普通」であれば問題ないはずです。

しかし、キャリアアドバイザーの仕事を阻害するような人は時間の無駄なのでブラックリスト入りです。

  • 全然応募しないのにキャリア相談してくる
  • 書類選考が通過できないのをキャリアアドバイザーのせいにする
  • 嘘をつく(職歴詐称)

特に選考が落とされたことをキャリアアドバイザーの責任にする人は迷惑です。どの口が言ってんだ?って思います。

転職エージェントは無料であなたを手伝っています

転職エージェントは求職者の皆さんの圧倒的な味方です、お金も一切もらいません、それなのに横柄な態度をとったり、見下したり…するような人は不要なので自分ひとりで転職活動をすればいいかと思います。

SNSの活動次第ではブラックリスト入りもあり得る

最近はモラルを重視している転職エージェントも多いです。社会人として恥ずかしい投稿をしていると、転職エージェント側としても「就職するのは難しいなぁ」と思われてしまいます。匿名にしたりして対策しましょう。

キャリアアドバイザーが警戒する人物

キャリアアドバイザーが警戒する人物

転職エージェント側もバックレは警戒しています

職歴詐称などの嘘

虚偽の職歴や資格情報を相手に伝えた場合、ブラックリストに入れられる可能性があります。

反社会的勢力の関係者

反社との関わりを持ってしまうと有料職業紹介事業の運営ができなくなってしまいます。ですから、転職エージェントは非常に厳しく面談をして、あなたを精査しています。

最悪なのは、内定後に噓がばれてトラブルになり求人企業からの信失うことです。

そうならないためにも、転職希望者が経歴などに嘘をついていることが分かったら、ブラックリストに入れてサポートを打ち切られることがあるのですね。

【まとめ】転職エージェントのバックレダメ絶対

【まとめ】転職エージェントのバックレダメ絶対

キャリアアドバイザーは普通の人間です。ですから、迷惑をかけたり傷つけるようなことはしてはいけません。もし、担当のキャリアアドバイザーと相性が悪ければ「担当変更してもらえますか?」って本部に相談したり、他の転職エージェントを使えば良いです。

転職活動は人生の大切な分岐点です、縁起の悪いことはやめておきましょう。複数の転職エージェントを使ってもいいのでまずは新しい環境で転職活動しましょうね。

【最新】2024年04月18日
オススメ転職エージェント