本ページはプロモーションが含まれています

薬剤師の世界はいじめだらけ。狭い調剤薬局での陰湿な上下関係の真実

一生けん命努力してやっとの思いで薬剤師になったのに、職場の雰囲気が最悪なの・・・

お局おばさんがすごいいじめてくるんだよ~!!まじムカつく!!

実際調剤薬局でのいじめって多いらしいよね。

うちの近所の薬局でも、若い薬剤師の子が先輩にぐちぐち嫌味言われててさー。こっちまでその声が聞こえてきて、すごく気分悪かったわ。同情しちゃったよ。

この記事の監修者

薬剤師:みわこ

30代後半の女薬剤師です。(アイコンは思いっきりAI加工しています)新卒で大手ドラッグストア(人間関係で9カ月で退職)→半年ニート→病院隣接の調剤薬局チェーン店(6年続けたけど結婚を機に退職)→3年子育て→職場復帰して大手調剤薬局チェーン店(人間関係がつまらなくて3か月で退職→専業主婦2年→健康食品会社の開発職(楽しかったけど1年で会社が倒産)→現在はベンチャーのオンライン調剤薬局会社で週3出勤のリモート薬剤師しています。

薬剤師にいじめはあるある。理由3選

「薬剤師の職場って、実はいじめが多いって本当?」と思う方も多いでしょう。残念ながら、それは事実の一面です。でも、なぜ薬剤師の間でいじめが発生しやすいのでしょうか?その理由を3つ挙げてみましょう。

理由①:狭い人間関係だから

調剤薬局の薬剤師は10人以下のコミュニティ

一つの調剤薬局で働く薬剤師の数は、だいたい10人以下。こんなに狭いコミュニティだと、どうしても人間関係が密接になりがち。そうすると、「誰か一人が標的に…」という状況が生まれやすくなるんです。

2ちゃんねる開設者としても有名なひろゆき氏が『いじめられる側に「問題」があるのではなく、いじめる側が目ざとく、いじめるための「原因」を見つけ出して、「理由づけ」をしている』と言っていました。これは本当にその通り!


【大人のいじめの例】

  • 誹謗中傷・悪口や陰口
    はい、つまり悪口です。
  • 無理難題の要求
    明らかに許容量を超えた業務をおしつける。
  • 業務とは関係のない過小な要求
    仕事を全く与えないとう嫌がらせパターンもあります。
  • プライバシー侵害
    人の家のことにあれこれ言ってくる人いますよね。

また、「大人のいじめ」に関しては、労働環境の問題が大きく影響しています。

「子供のいじめ」が学校などの「教育現場」から生まれてくるように、「大人のいじめ」においても「職場環境」が大きな発生要因となっています。

いじめが行われる環境として、「少人数で閉鎖的な空間」が要因のひとつとして考えられます。

  • 力関係の強化
    少人数の狭いコミュニティでは、個々の関係が非常に密接であり、一人の影響力が大きくなりがちです。これにより、特定の人物が他のメンバーに対して力を行使しやすくなり、いじめが発生しやすい状況が生まれます。
  • 情報伝播の速さ
    少人数の職場では、噂や評判が容易に広まり、これが人間関係に悪影響を与える可能性があります。
  • 同調圧力
    他者と一致しようとする圧力を指します。少人数団体での統一性や調和を重視する状況において発生することがあります。

これらの要因が相互に結びつき、少人数の狭いコミュニティにおいて大人のいじめが発生しやすい環境をつくっています。

誰か1人がいじめの対象になりやすい環境

狭いコミュニティの中で、少しでも異端と見なされると、その人がいじめの対象に。誰かが標的にされると、他の人は安心して自分は大丈夫と思いがち。でも、それは誰にでも起こりうることなんです。

大人になってもいじめをする陰湿な人いるよねー。

狭いコミュニティって、すぐに誰かがターゲットにされちゃうもんだよ。

しかも、本人はいじめている自覚なかったりするから厄介だ。

理由②:専門職種だから

専門職種内での上下関係をつくりがち

専門職種である薬剤師の世界では、知識や経験による上下関係が強くなりがち。特に、先輩薬剤師からの圧力が強い場合があります。

薬剤師の仕事で感じるストレスの多くが「人間関係」です。

特に「上下関係」や「派閥」等は、他の業種よりも多く存在します。

薬剤師の殆どは「調剤薬局」で勤務しています。狭い職場環境で仕事をしているほど、上下関係が色濃く表れ、「上司との関係が悪くなる」=「職場環境の悪化」に直結してしまうのです。

上下関係が生まれやすい理由として

  • 専門知識の差
    薬剤師は高度な医薬品知識が必要な為、経験やスキルに違いが生まれやすくなります。
  • 安全性への責任
    薬剤師は誤りが大きなリスクとなるため、指示やチェックが厳格に行われ、上下関係ができやすくなります。
  • 女性が多く特有のいじめが起きやすい
    「女性が活躍する職場」として知られている薬剤師業界。しかし、女性の仕事に対するプライドは男性よりも高いとされている為、上下関係にかなり厳しい薬剤師も多く存在しています。

先輩からに陰湿ないじめで転職する薬剤師は多々いる

経験豊富な先輩から、知識やスキルの未熟な後輩へのいじめ。これが原因で、転職を考える薬剤師は意外と多いんです。陰湿ないじめは、精神的なダメージも大きいですからね。

うちのお局がまさにこれ!!新人いじめっていうの?未熟な後輩をいじめてストレス発散でもしてるわけ!?毎日怒鳴り散らされて、もういや!!!

理由③:給料格差(※薬剤師がいじめる側)

登録販売員やレセプトスタッフより給料が高いからマウントを取ってしまうことも

薬剤師は、登録販売員やレセプトスタッフと比べて給料が高いことが多いです。この給料の差が、いじめる側がマウントを取る一因となってしまうことがあります。

これも狭い人間関係ならではの減少

給料格差によるいじめは、狭い人間関係の中で生まれやすい現象。特に、一つの職場で長く働くと、その傾向が強くなることがあります。


もしいじめられたらどうする?

「いじめに遭遇したら、どうすればいいの?」こんな疑問を持つ薬剤師の方々も多いはず。いじめは絶対に許されることではありません。もしもの時のために、対処法を3つお伝えします。

いい大人がいじめとかホント最低だよね!!神経疑うわ!!

私だったら対処法として呪いをかけてやる!!!!

①労働基準監督署に報告←証拠はしっかり集めること

いじめは労働問題です。だからこそ、労働基準監督署に報告することが大切。ただし、言葉だけの訴えでは難しいことも。証拠があれば、話はグッと進みます。メールや会話の録音など、いじめの証拠はしっかりと集めましょう。

労働基準監督署とは・・・会社に対する監督や労災保険の給付等を行うところです。

厚生労働省の第一線機関であり、全国に 321 署あります。
労働基準監督署は、労働条件や労働環境に関する法令の順守を監督する組織であり、職場いじめもその一環として扱われています。

  • 相談窓口
    労働基準監督署には相談窓口が設けられており、そこで個別の相談や問題を伝えることができます。
  • 法令に基づく対応
    職場いじめが法令に違反している場合、労働基準監督署は調査を行い、必要に応じて是正勧告や制裁を行います。
  • 匿名相談も可能
    必要であれば、匿名で相談することも可能です。労働者が安心して相談できる環境を整備しています。

②職場に行かない←上司orエリアマネージャー等に報告すること

いじめが原因で職場に行けなくなったら、まずは上司やエリアマネージャーに報告しましょう。いじめは、個人だけの問題ではなく職場全体の問題です。職場の環境改善のためにも、上層部に知らせることが重要です。

最悪の場合、上司やエリアマネージャーに報告しても問題が解決しない場合は、内容証明を利用することが考えられます。

内容証明は、郵便で送る際に郵便事業者が送達の事実を証明してくれるサービスであり、これを使うことで報告の事実が裏付けられます。

【内容証明で行うメリット】

  • 相手にプレッシャーを与えられる
  • 「いじめをやめて欲しい」と求めたと証明できる
  • 裁判の際の証拠になる

【内容証明を作成する際のポイント】

  • 事実関係を詳細に記載する
  • 会社にどのように対応して欲しいのか記載する
  • 受け取り拒否されないよう「親展」とだけ封筒に記載する

しかし、この手段は慎重に使うべきであり、法的なアドバイスを受けることが望ましいです。
なぜなら、いったん内容証明を出してしまうと撤回ができないからです。

③気にしない←いじめる側が100%悪い

これは、精神的にもっとも困難かもしれませんが、「気にしない」という選択肢もあります。いじめる側が100%悪いのは間違いありません。自分を責めたり、落ち込むことはありません。しかし、長期的に見れば、この問題に向き合い、解決することが大切です。

「悪いのは向こう」「気にすることない」って分かっていても、そう割り切れないよね・・・

でもこのままこの職場にいるなら、なんとかしないと・・・はぁ~気が重い!!


薬剤師いじめ現場の人間関係を再構築するのは不可能に近い

「いじめのある職場、もう無理!」そんな時、どうするかが重要です。残念ながら、一度壊れた人間関係を元に戻すのは、非常に困難。特にいじめが根深い場合、環境を変えることを考えるのが賢明です。

もうこの職場限界!!!と思ったら、無理してそこで働き続ける必要ないと思う。

「いじめた側が悪いに、自分が辞めなきゃいけないなんておかしい」って思うかもしれないけど、そんな職場は一刻も早くおさらばするのが正解だよ!自分の幸せを取り戻さなくちゃ♪

転職して新しい出会いを求めるのがベター

新しい職場で新しい出会いを求めることは、新たなスタートを切る絶好のチャンス。新しい環境であれば、いじめのない健全な職場文化の中で働ける可能性が高まります。

いじめのない社会を目指すには、個人や組織、社会全体が協力して様々な取り組みを行うことが必要です。しかし、現実は正直難しい

連日職場でのいじめのニュースを耳にします。子供に「いじめはダメだ」と教えるはずの教師ですら、いじめをするのが現実です。あの「激辛カレーいじめ」のニュースは衝撃的でした。

でも「いじめの起きやすい職場環境」を事前に把握し、それを活かした転職活動ができれば、新しい職場では心地よく働くことができるはずです。

いじめのない会社に転職するには、人間関係が良好な会社を探す必要があります。

無料の薬剤師専門転職エージェントに悩みと希望の条件をつたえるべし

転職は一人で考えると難しいもの。ですが、薬剤師専門の転職エージェントを利用すれば、あなたの悩みや希望を理解して、最適な職場を紹介してくれます。

希望条件にマッチした職場を紹介してくれます

あなたの希望する条件にマッチした職場を見つけてくれるので、安心して転職活動ができます。

転職サイトには特徴があり、「20代の若手層向け」「40代以上のミドル層向け」「女性向け」などさまざまあります。でもそれを自分で見極めるのは至難のわざ。その点、転職エージェントなら自分に合った求人を紹介してくれるので、安心♪

風通しよい会社で理想の人間関係も手に入るかもしれないよ。運命の出会いもあったりして♡

入社日までの手続きサポートもしてくれます←はじめての転職でも安心

転職エージェントは、履歴書の書き方から面接対策、入社日までの手続きサポートまで、トータルであなたをサポート。初めての転職でも、安心して進められます。

【まとめ】薬剤師のいじめ←そんな人間関係捨てちまえ!

いじめに苦しむ薬剤師の方々へ。もう無理だと思ったら、思い切って新しい環境への一歩を踏み出しましょう。人生の主人公はあなただけ。自分の幸せと健康を一番に考え、前向きな選択をしましょう!

いじめられても大人だし我慢して働かなきゃって思っていたけど、よく考えたらいじめるやつが悪いに決まってるよね!!もうこんなとこ辞めてやるんだから!!人で不足で困るのはそっちだからね!!!ざまあみろ~!!

そうだそうだ~!!!人間関係は変えられないし、いじめる人がいる職場で働く必要なし!

今は転職向けの求人もたくさん出ているし、自分の理想の職場を見つけちゃおう~♪


(PR)

薬剤師なんてならなきゃよかった
なんで私だけ

やめてもいいよ

ファルマスタッフ特設サイト

提供:ファルマスタッフ