本ページはプロモーションが含まれています

ウエルシアって薬剤師が働くにはブラック企業?メンタルきついって本当?

ウエルシアが薬剤師の職場としてどうなのか、ちょっとリサーチしてみましょう。

転職したいなと思ってるの?ウェルシア、業界1位だし気になるよね~。

この記事の監修者

薬剤師:みわこ

30代後半の女薬剤師です。(アイコンは思いっきりAI加工しています)新卒で大手ドラッグストア(人間関係で9カ月で退職)→半年ニート→病院隣接の調剤薬局チェーン店(6年続けたけど結婚を機に退職)→3年子育て→職場復帰して大手調剤薬局チェーン店(人間関係がつまらなくて3か月で退職→専業主婦2年→健康食品会社の開発職(楽しかったけど1年で会社が倒産)→現在はベンチャーのオンライン調剤薬局会社で週3出勤のリモート薬剤師しています。

まるすけ社長をフォローする

ウエルシアは薬剤師の職場環境でブラックなのか?

皆さんが気になるのは、「ウエルシアって薬剤師にとってはブラック企業なの?」ってことですよね。この疑問、すぐに答えを出すのは難しいですが、実際のところを掘り下げてみましょう。

社名:ウエルシア薬局株式会社
住所:東京都千代田区外神田2-2-15
電話:03-5209-5672(代表)
URL:http://www.welcia.co.jp/ja/index.html
事業内容:調剤併設型ドラックストアチェーン展開
資本金:77億48百万円
売上高:1兆1142億円(2023年2学期)
従業員数:39,352人(うち薬剤師:6,799人)
店舗数:全国3,533店舗(2023年1月時点

結論:ウエルシアは普通なのでは?

ウェルシア、むしろかなりいい会社じゃない?

マツキヨやココカラファインと同じドラッグストア

まず、ウエルシアっていうのは、私たちがよく知るマツモトキヨシやココカラファインのような大手ドラッグストアチェーンの一つです。つまり、業界の大手であり、その運営も似たようなもの。だから、ウエルシアが特別ブラックなわけではないと考えられるんです。

ドラッグストアっていうよりもはやスーパー!安いしポイント貯まるし使えるよね~。薬できる間に買い物できるの助かる~!

調剤薬局の仕事はどこも同じ…←ぶっちゃけ

ここで正直な話をしましょう。調剤薬局の仕事って、基本的にどこも同じ。処方箋に基づいた薬の調剤、患者さんへの説明、それに付随する事務作業。ウエルシアも他の調剤薬局も、この基本的な流れは変わらないんですよね。

同業ならどこ行ってもやっていけるよ!

決められたことをやり続ける「ルーティンワーク」

そして、この業界では、決められたことを淡々とこなす「ルーティンワーク」が多いです。それが好きな人にとっては安定して働ける環境かもしれませんが、変化を求める人には物足りなく感じられるかもしれません。

仕事上での「ルーティンワーク」とは…

決まった手順をこなす反復作業のこと
決められたフローをこなす業務もルーティンワークと言われることもある。)

ブラック企業とは言い切れない。

結局のところ、ウエルシアがブラック企業かどうかというと、一概には言えない状況です。業界の標準に沿った運営をしていると見ることもできますし、仕事内容の性質上、一部の人には合わないかもしれません。しかし、それが直接ブラックというわけではないんですね。


ウエルシアのドラッグストア調剤薬局事務の辛いことって何?

ウエルシアでの調剤薬局事務、一見平穏に見えるけど、実際はどうなのでしょうか。ここでは、その「辛いこと」に焦点を当ててみます。

薬剤師になるのが大変・難しいと言われる理由3選
  1. 薬科大に合格すること
  2. 6年間単位取得すること
  3. 国家資格に合格すること

薬剤師資格取得までに3つの難関を突破しなければならないのです!

毎日毎日同じことの繰り返し・・・

調剤薬局事務の仕事、実は意外と大変なんです。一番のポイントは、「ルーティンワーク」の多さ。つまり、毎日同じことの繰り返し。薬の在庫管理、処方箋のチェック、患者さんへ服薬指導…。これらは日々変わらない作業で、新鮮さを感じることは少ないかもしれません。

飽きる人が多い

このルーティンワークの性質上、事務職には多くの人が「飽き」を感じてしまいます。特に、新しい刺激や変化を求めるタイプの人にとっては、同じ作業の繰り返しはマンネリ化しやすい。この点が、ウエルシアの調剤薬局事務の辛いところと言えるでしょう。

仕事上での「マンネリ化」とは…

決まったマニュアルやフロー通りに作業をこなす、業務に変化のない状態
安定しているけれど、メリハリがないのでやりがいや意欲低下に注意が必要!


逆に、ウエルシアの薬剤師として働くメリットは?

ウエルシアで働くことの「辛い点」を見てきましたが、それとは裏腹に、数々のメリットも存在します。特に薬剤師として働く際のプラス面を探ってみましょう。

薬剤師って求人多そうだし、給料いいし安定してるイメージだよね!

上場企業!←安定、安心、少なくともブラックではない

まず最大のポイントは、ウエルシアが上場企業であること。これは、安定と安心をもたらします。上場企業というのは、一定の経営基準を満たしている証。これにより、経済的な安定性が高く、企業の将来性も期待できるんです。また、ブラック企業とは一線を画す運営が期待できます。

給料水準も他社よりも高め←ウエルシアホールディングスの平均年収は795万円

そして、給料の面でも見逃せないメリットが。ウエルシアホールディングスの平均年収は約795万円と、業界内でも高めの水準です。これは、薬剤師としての専門性を評価されている証拠。高い給料水準は、働くモチベーションにも繋がります。

薬剤師はやっぱり安定だね!

まとめ←ウエルシアの薬剤師はブラックではない

結論として、ウエルシアの薬剤師としての働き方はブラックとは言えないでしょう。確かに、ルーティンワークの多さや新鮮さの欠如はあるものの、その反面、安定した経営基盤、高い給料水準など、大きなメリットも存在します。

刺激は少ないけど、安定してコツコツ働きたい人におススメの会社!

ウエルシアでの勤務は、刺激が少ないかもしれませんが、その分、安定してじっくりとキャリアを築きたい方には最適な環境です。高い専門性を生かしながら、安心して長期的に働きたい薬剤師の方には、ぜひおススメしたい職場です。

転職したいと思った時が動き時!薬剤師の経験はどこでも活きるから安心してトライしよう!


(PR)

薬剤師なんてならなきゃよかった
なんで私だけ

やめてもいいよ

ファルマスタッフ特設サイト

提供:ファルマスタッフ