プロモーションが含まれております

【薬剤師2.0の時代】将来性しかない。←年収3000万

ぶっちゃけ薬剤師ってどうなの??

そこそこエリートなイメージはあるけど、なんか地味だし収入もたかが知れてるよねw

ふっ・・・わかってないな〜〜〜

これからの時代むしろ薬剤師しか勝たん!!!


薬剤師の世界が大変身!これまでのイメージをぶち壊す、薬剤師2.0の時代が到来しています。驚愕の年収3000万クラスの可能性も!?まずは、この革命的な変化について見ていきましょう。

無料
薬剤師の理想
薬剤師転職サイト
第1位はファルマスタッフ

【結果】2024年6月度最新「薬剤師向け転職サイト」
アクセス数ランキングBEST3
(「みんなの転職クラブ」「薬剤師の転職クラブ」の合算集計 期間:2024/04/01~2024/05/29)

この記事の監修者

中野美和子

30代後半の女薬剤師です。新卒で大手ドラッグストア(人間関係で9カ月で退職)→半年ニート→病院隣接の調剤薬局チェーン店(6年続けたけど結婚を機に退職)→3年子育て→職場復帰して大手調剤薬局チェーン店(人間関係がつまらなくて3か月で退職→専業主婦2年→健康食品会社の開発職(楽しかったけど1年で会社が倒産)→現在はベンチャーのオンライン調剤薬局会社で週3出勤のリモート薬剤師をしています。

まるすけ社長をフォローする

今よりお金や時間に自由度を高めたいなら、薬剤師専門の転職サイトのファルマスタッフの評判の記事を読むとスムーズです。

  1. 薬剤師は将来性しかない
    1. しかし、職場によって幸福度が左右される
  2. 薬剤師2.0の時代、将来性しかない。
    1. 2022年9月オンライン服薬指導が本格的に認められるようになった
      1. スマホでサクッと薬が買える時代に。
      2. ついに、調剤薬局という狭い箱からインターネット空間へ
  3. 薬剤師がいらなくなるという無能の考え
    1. 市販薬の過剰摂取トラブルが相次いでいる世知辛い世の中
      1. 薬の門番としての薬剤師の市場価値はうなぎ上り←給料水準は上がっている
    2. 薬剤師がいらない世界は存在しない←日本の健康維持のために絶対必要
  4. AIに仕事が奪われるわけがない←本人確認という薬の大きな壁
    1. AIですべての薬が買える世界なら、AIがAI同士で会話して薬を大量発注する最悪のシナリオが訪れる
      1. 絶対に人間による本人確認は必要
  5. 薬剤師の2025年問題とは?←高齢化社会による医療費増大
    1. 薬剤師の需要が高まる予想しかない
    2. というか、医者よりも薬剤師の方が重宝される時代が来るかも。
      1. オンライン服薬で薬の流通量が増大することが期待されるため
    3. 2025年問題は薬剤師にとって活躍の大きな転機
  6. 薬剤師はなくなる資格?←なくならない資格
    1. ただでさえ、マツキヨやスギ薬局が店舗拡大を勧めている
      1. スギ薬局に関してはマレーシアにまで進出している
      2. 日本の薬剤師が世界で活躍する時代がくるかもしれない
      3. 年収2000万、3000万クラスの医者並みの給与の薬剤師が誕生するかも
  7. まとめ←薬剤師の将来性は心配しなくていい
    1. いつの時代も「いつかなくなる」と足を引っ張る奴らがいる
    2. これからの薬剤師は時代の波に乗って新しいヘルスケア分野を引っ張っていってほしい

薬剤師は将来性しかない

  • 6年生の国家資格
    ➡参入障壁が高い
  • 医療業界は廃れない
    ➡圧倒的な安定
  • オンライン薬剤師の時代
    ➡ネットで医療が受けられる時代

薬剤師は将来性ない、いらなくない?とよく言われますが、全くの検討違いです。たしかにOTCの領域は専門資格必要「?」と思われることもありますが、薬の大量過剰摂取を引き起こさないためになくなることはない。(※だから日本は安心な国かもしれませんね。)また、市販薬のオンライン通販に関しても服薬指導は必須とされていますので、今後さらに薬剤師の人手を求める時代になるかもしれません。

しかし、職場によって幸福度が左右される

薬剤師の仕事の幸福度は、「職場選び」で80%決まると言っても過言ではない。もし、自分とは合わない性格の人が集まる職場で働いてしまったら相当地獄です。だから、実際のところファルマスタッフで派遣薬剤師の道を進み、あえてドライな人間関係を進む人もたくさんいます。

もし、今の職場にちょっとなんか辛いかも…と少しでも悩んでいるなら、すぐにでも転職エージェントに相談するのがおススメです。人間関係の解消だけでなく、お給料や休日も大幅アップする可能性が高いです。

無料

薬剤師2.0の時代、将来性しかない。

薬剤師業界がガラリと変わる大きな波が到来!今や、ただの「薬のプロ」から、ヘルスケアの未来を切り拓くキープレイヤーへと進化しています。これがまさに薬剤師2.0!

キープレイヤー・・・!?薬剤師に似つかわしくない横文字・・・!!

地味〜〜〜なイメージだったけど、これからはキラキラ職業の仲間入りってこと!?

2022年9月オンライン服薬指導が本格的に認められるようになった

2022年9月、ついにオンライン服薬指導が本格的にスタート!これは、まさにゲームチェンジャーです。スマホ一つで、どこにいても薬の指導が受けられる時代が到来したんです。

忙しい人こそ「新しい医療」を使おう!

オンライン服薬指導とは、専用アプリを通じて、好きな場所から医師の診察と薬剤師の服薬指導を受けることができるサービスです。通院時間や待合室での待ち時間を削減できるだけでなく、診察料等をクレジットカードで支払うことができます。

病院に行くたびに「現金下ろさなきゃ〜」って地味に面倒だったけど、キャッシュレス決済ができるなんてやっと令和に追いついてきたなって感じ♪

(参考:日本調剤、オンライン診療・服薬指導アプリ「CLINICS」での処方薬の「対面受け取り」へ全国店舗※1で対応開始~受け取り方法に自宅配送以外の新たな選択肢を追加~)

スマホでサクッと薬が買える時代に。

想像してみてください。スマホをポチっと操作するだけで、必要な薬が手に入る。それも、専門家のアドバイス付きで。これが今、現実になっているんです!便利すぎて、もはや手放せない!?

処方箋はもう待たなくていいんです!

オンライン調剤薬局では、これまで処方箋の受け取り方法は配送のみでしたが、今後は対面受け取りも可能になります。
お昼休みにオンライン診察を受け、退社後にそのまま薬局で薬を受け取る・・・なんてこともできるようになれば、忙しい現代人にはとっても助かりますね。

(参考:日本調剤、オンライン診療・服薬指導アプリ「CLINICS」での処方薬の「対面受け取り」へ全国店舗※1で対応開始~受け取り方法に自宅配送以外の新たな選択肢を追加~)

ついに、調剤薬局という狭い箱からインターネット空間へ

薬剤師の活躍の場が、調剤薬局の「狭い箱」から大きく広がりました。インターネット空間が新たなフロンティアに!これからの薬剤師は、デジタルとリアルを駆使して、新しいヘルスケアの形を創り出すことが求められます。革新的な時代の到来、ワクワクしますよね!

わしの薬剤師人生、薬局の中で始まり薬局の中で終わると思っておったが、これからはインターネットの世界にも飛び込めるのじゃな!長生きするもんじゃ〜

無料

どの転職サイトで情報収集すればいいか悩んでいる方はファルマスタッフの評判・口コミ10選をご参考ください。薬剤師の在宅ワークOK求人も取り扱っています。


薬剤師がいらなくなるという無能の考え

「薬剤師が不要になる」なんて、とんでもない!今の世の中、薬剤師の役割はますます重要になっています。では、その理由を探ってみましょう。

「薬剤師はいらなくなる」なんて言ったやつは、どこのどいつだ〜い?

・・・あたしだよ!!!

冗談はさておき・・・薬剤師の必要性を見ていこう!

市販薬の過剰摂取トラブルが相次いでいる世知辛い世の中

最近のニュースを見ていると、市販薬の過剰摂取によるトラブルが頻発しています。なんとも世知辛い状況ですよね。これって、薬剤師のアドバイスがあれば避けられたかもしれません。

「オーバードーズ(=市販薬の過剰摂取)」が原因で緊急搬送される人は、年々増えていっているらしいよ。わざとじゃなくても、自分でも気がつかないうちに薬にのめり込んでしまう人が多いんだね・・・。

薬の門番としての薬剤師の市場価値はうなぎ上り←給料水準は上がっている

このような背景があるため、薬剤師の市場価値はうなぎ上り!安全な薬の使用を守る「薬の門番」として、その役割は非常に重要です。そして、その価値の高さが給料水準の上昇につながっているんです。さすが、王者の資格!

薬剤師の働き方は様々!職種や地域によっても収入の差も

「薬剤師」と一言で言っても、その働き方は様々。一般的なイメージの「薬局」で働く薬剤師もいれば、病院や製薬会社のMR、経営者や研究者として働く人もいます。
そんな薬剤師20代〜50代の平均年収は「583.4万円」。一般的な日本人の平均年収は「443万円」と言われている中、比較的高い水準だといえるでしょう。

(参考:平均年収583万円…薬局や病院にいる「一般的な薬剤師」が不足しているワケ【医師が解説】)

薬剤師がいらない世界は存在しない←日本の健康維持のために絶対必要

「薬剤師がいらない」という考えは、ありえない話。日本の健康維持のために、薬剤師は絶対に必要なんです。専門的な知識と経験に基づく薬の提供とアドバイスは、どんなAIにも代替えできない価値を持っています。

薬の提供だけだったらAIで済むと思うけど、不安なことや心配なことはやっぱり人間である薬剤師さんに聞いてほしい!

無料

AIに仕事が奪われるわけがない←本人確認という薬の大きな壁

AIが進化しても、薬剤師の仕事がなくなることはありません。なぜなら、薬の世界には「本人確認」という大きな壁があるからです。この壁を乗り越えることは、現時点のAIには不可能です。

AI相手だったら本人確認はどうとでも誤魔化せそうだもんね・・・

AIですべての薬が買える世界なら、AIがAI同士で会話して薬を大量発注する最悪のシナリオが訪れる

想像してみてください。もしAIがすべての薬を買えるようになったら、AI同士が会話して勝手に薬を大量発注するような最悪のシナリオが起こるかもしれません。これは、ただの空想ではなく、現実のリスクです。もし薬剤師としての将来が不安なら、ファルマスタッフの評判を確認して転職を検討してみるのも大切です。

絶対に人間による本人確認は必要

ここで重要なのは、薬を安全に使用するためには「人間による本人確認」が絶対に必要だということ。医薬品の適切な使用と管理には、薬剤師のような専門家の介入が不可欠です。これはAIでは決して代替できない、薬剤師の大切な役割なんです。

次は、2025年問題という、薬剤師にとっての大きなチャンスについて探っていきましょう。ますます面白くなってきましたね!

なんだか薬剤師という仕事が誇らしくなってきたよ・・・!!

2025年問題でさらにチャンスが広がるなんて・・・早く詳しく教えてくれ〜!!

薬剤師の2025年問題とは?←高齢化社会による医療費増大

2025年問題、聞いたことありますか?これは、高齢化社会が進む中での医療費の増大を指します。この問題が薬剤師にとってどう影響するかというと、実はこれが大チャンスなんです!

医療費うんぬんの前にまず「健康」を目指そう!

国民の5人に1人が75歳以上となる2025年。医療費の増大や労働人口の減少に加え、個人が自身の健康維持や病気予防に取り組むケースが少ないことが課題として挙げられています。
解決策の一例として、イオン薬局は製薬会社などと協業し、来局者に対して健康増進や重症化予防につながる提案を継続的に実施するサービスを開始!
これにより「通っているうちに健康になっていた!」という嬉しいビックリが期待できるかも!?

(参考:イオン薬局/薬剤師が健康情報を活用する実証事業開始)

(参考:労働力不足、医療人材不足、社会保障費の増大——間近に迫る「2025年問題」とは?)

無料

薬剤師の需要が高まる予想しかない

高齢化が進むと、当然、医薬品の需要も増えます。そして、それに伴って薬剤師の需要も高まるのは間違いなし。これからの薬剤師にとって、将来性は明るい!と言っても過言ではありません。

というか、医者よりも薬剤師の方が重宝される時代が来るかも。

実は、医者よりも薬剤師の方が重宝される時代がくるかもしれません。なぜなら、薬の正しい使用方法や副作用の管理など、薬剤師の専門性がより求められるからです。

オンライン服薬で薬の流通量が増大することが期待されるため

オンライン服薬指導の普及により、薬の流通量が増大することも予想されます。これにより、薬剤師の役割はさらに拡大し、その重要性は増す一方です。

「薬剤師はいつなくなってもおかしくない」なんてもう言わせない!!これからは薬剤師の時代ね!

2025年問題は薬剤師にとって活躍の大きな転機

つまり、2025年問題は薬剤師にとって大きな転機なのです。高齢化社会における医療ニーズの増加は、薬剤師にとって新しい活躍の場を提供してくれます。

無料

年収600万以上で働きたいなら
ファルマスタッフ


薬剤師はなくなる資格?←なくならない資格

「薬剤師は時代遅れになる?」なんて心配は不要です!実は、薬剤師の資格はこれからもますます価値を増していくんです。それには、いくつかの明確な理由があります。

これからの時代を生き抜くためにも、何か資格を持っておいた方がいいのかな〜?

だったら薬剤師の資格とかいいんじゃない?今キテるらしいよ♪

ただでさえ、マツキヨやスギ薬局が店舗拡大を勧めている

大手のドラッグストア、例えばマツキヨやスギ薬局が次々と店舗を拡大しています。これは、薬剤師の需要が増えている証拠!需要が増えれば、その分薬剤師の価値も上がるというものです。

スギ薬局に関してはマレーシアにまで進出している

さらに、スギ薬局はマレーシアにまで進出しています。これは、日本の薬剤師の技術が世界レベルで評価されている証拠!日本の薬剤師がグローバルに活躍する時代がやってきているんです。

薬剤師歴数十年のわしが「ぐろーばる」で活躍できる日が来るとは・・・天国の妻もさぞびっくりしていることじゃろう〜!

日本の薬剤師が世界で活躍する時代がくるかもしれない

つまり、日本の薬剤師が世界で活躍する時代が目の前に来ています。海外での薬剤師需要も増えているので、これからは国境を越えた活躍が期待されます。

誠実で丁寧な日本の薬剤師なら、世界で活躍できること間違いないっしょ!!★

年収2000万、3000万クラスの医者並みの給与の薬剤師が誕生するかも

そして、何と言っても、年収2000万、3000万クラスの薬剤師が誕生する可能性も!医者並みの給与を得る薬剤師が出てくる時代がもうすぐそこにあるんです。

高収入で「なりたい職業ランキング」上位になる未来もあり得るかも!?

薬剤師は医療業界になくてはならない存在!とはいえ、薬剤師になるためにはお金も労力もかかる・・・。苦労してなったのに収入が平均よりちょっと高いくらいじゃモチベーションも上がらないですよね。年収2000万、3000万が珍しくない職種になれば、薬剤師になりたいという人が増えるだけでなく、今薬剤師で不満を抱いている人もモリモリ働く意欲が湧き出てくるかも♪

無料

まとめ←薬剤師の将来性は心配しなくていい

さて、この記事を通して見えてきたのは、薬剤師の将来性に関する明るい展望です。心配する必要なんて、実はまったくないんです!

いつの時代も「いつかなくなる」と足を引っ張る奴らがいる

どの職業にも言えることですが、「いつかなくなる」という悲観論を唱える人は常にいます。しかし、実際には、薬剤師の需要は高まる一方。進化し続ける医療業界において、薬剤師の役割はますます重要になっています。

薬剤師はこれからも必要な職業だとわかって一安心・・・。いつかなくなる仕事なら転職した方がいいかな〜って思ってたけど、まだまだ頑張ってみようかな♪

これからの薬剤師は時代の波に乗って新しいヘルスケア分野を引っ張っていってほしい

これからの薬剤師に求められるのは、時代の波に乗って新しいヘルスケア分野をリードしていくこと。デジタル化の進展、オンライン服薬指導の普及、グローバル化など、新たな機会が満載です。薬剤師は、ただ薬を渡すだけの存在ではなく、ヘルスケアの未来を形作るキーパーソンとして活躍の幅を広げることができます。

淡々と言われたことだけをやるなんてもったいない!時代の先駆者となり、世界で活躍していくためにも、これからは薬剤師が医療業界を率先して引っ張っていこう!

無料

年収600万以上で働きたいなら
ファルマスタッフ