本ページはプロモーションが含まれています

薬剤師がホワイトな職場で働きたいっ!日本調剤にパワハラある?

きーーー!!今働いてる薬局、白衣着てるのにブラック薬局ってどういうこと!!

どうしたんですか!?職場に問題があるんですか?

「休みなし」「パワハラあり」「給料安い」で最悪なのよ!専門学部を卒業してホワイトな職場でぬくぬく働こうと思ったのに何なのこれ!話違うじゃん!?

それは大変!コチラの記事を読んで職場に問題があるのか確認してみましょう!

この記事の監修者

薬剤師:みわこ

30代後半の女薬剤師です。(アイコンは思いっきりAI加工しています)新卒で大手ドラッグストア(人間関係で9カ月で退職)→半年ニート→病院隣接の調剤薬局チェーン店(6年続けたけど結婚を機に退職)→3年子育て→職場復帰して大手調剤薬局チェーン店(人間関係がつまらなくて3か月で退職→専業主婦2年→健康食品会社の開発職(楽しかったけど1年で会社が倒産)→現在はベンチャーのオンライン調剤薬局会社で週3出勤のリモート薬剤師しています。

まるすけ社長をフォローする

  1. 日本調剤にパワハラってある?
    1. 理由:上場企業です
      1. 安定企業だからこそパワハラに厳しい
      2. まとめ、日本調剤にパワハラはない←ホワイト企業
  2. 薬剤師に最適なホワイトな職場の見分け方7選!
    1. ①歴史が長い会社・薬局
      1. 案外薬局は倒産しているところが多い・・・
      2. 長く続いているところは経営が安定していてゆったり働ける
    2. ②(結局)大手企業
      1. 大手の日本調剤やマツモトキヨシは高給料で休みも多い
      2. なんだかんだで大手が安心だったりする。
    3. ③オンライン服薬指導を導入している会社
      1. 2022年、オンライン服薬指導が本格的にOKに!
      2. 時代の流れに乗っている薬局を選ぼう!
    4. ④スタッフが多い
      1. 薬剤師の一番のストレスは「人手不足」で現場が回らないこと
      2. たくさんの薬剤師がいる職場だと精神的にもかなり安定かも!
    5. ⑤MR頻繁に出入りしている薬局
      1. 薬品商社の営業がよく足を運んでいる薬局はピンチの時に助かる!
      2. (ちょっと職場を偵察して、スーツ姿の会社員がどれくらい出入りしているか調査してみよう!(笑))
    6. ⑥創薬系・研究系の職場
      1. 調剤薬剤師ではなく、化学ルートに!
      2. 一度薬品開発の現場に携わることができると大手への転職も有利に!
    7. ⑦急募!してない求人をしている会社!
      1. 「急募」は人手不足でパニック中!の危険信号
      2. でも、今すぐ転職したいなら急募はチャンスのサイン!
  3. 【まとめ】薬剤師がホワイトな職場を見つけるなら?

日本調剤にパワハラってある?

結論、

ない

理由:上場企業です

日本調剤は薬局業界のなかで圧倒的なシェアを持つ大手企業。入社できただけで安定です。

安定企業だからこそパワハラに厳しい

大手は少しのスキャンダルも許しません。

ましてや
上司のパワハラなんて
もってのほかです。

日本調剤は
嘘でも「パワハラ」なんて噂が
たたないように、
徹底的なコンプラ遵守を掲げています。

まとめ、日本調剤にパワハラはない←ホワイト企業

日本調剤がパワハラ…
という噂は、大手だから出てきてしまう話。

他の中小規模の薬局よりも
福利厚生や人事がしっかり整っていて
働きやすい会社かと思います。

薬剤師に最適なホワイトな職場の見分け方7選!

薬剤師のみなさん、働きやすい職場ってどう見つけるの?って思いますよね。ここでビッグニュース!ホワイトな職場を見分ける方法、7つ教えちゃいます!

①歴史が長い会社・薬局

まず最初に注目するのは、その会社や薬局の「歴史」。えっ、意外?でもね、実は薬局の世界、倒産してるところ結構あるんですよ。だから、長く続いている会社や薬局は、経営が安定していて、ゆったりと働ける可能性大!長い歴史は信頼の証、間違いなし!

いわゆる老舗!長く続いているということは顧客がついていてり、売上があるってこと。倒産もしにくいし安心してください!履いてますよ!(byとにかく明るい安村)

案外薬局は倒産しているところが多い・・・

「え、薬局も倒産するの?」と思うかもしれませんが、実はそうなんです。経営が難しいところもあるから、歴史が長いところは特にチェック!

長く続いているところは経営が安定していてゆったり働ける

長年続いているところは、何かしらの「強み」があるはず。そんなところなら、安心して働けそうですよね!

薬局が倒産しているらしい!なんで?!

実はコロナ禍の影響で、薬局の倒産が相次いでるんです!原因としてはこれらです。

受診控えで処方箋、調剤の減少

薬剤師不足

大手ドラッグストアの調剤参入

また、最近では在宅調剤やネット調剤など、店舗をもたなくても調剤を受け取れる環境が整備されていることも倒産の原因となっています。

調剤薬局が今後の時代の流れに対応した経営の仕方を迫られているということですね。

②(結局)大手企業

次に、やっぱり外せないのが「大手企業」。大手の薬局チェーンだと、高給料に休みも多いって、まさに夢のよう!

やっぱ大手はパンツ履いてるぐらい安心感があるなー。全国に仕事があるから働きやすいし、社員も多くて女性の気持ちも分かってもらいやすいよね。キャリアアップも目指せるし、やっぱ大手企業かな・・・

大手の日本調剤やマツモトキヨシは高給料で休みも多い

例えば、日本調剤やマツモトキヨシなど、名前を聞いただけで「あ、知ってる!」ってなるような大手。ここなら、給料も休日もしっかりしていることが多いんです。

なんだかんだで大手が安心だったりする。

大手って、なんとなく堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、実は働きやすさでは抜群に良いんですよ!

大手ドラッグストア「マツキヨ」は働きやすい!?

なんとなく忙しくて大変そうなイメージのマツキヨ。

じつは調剤薬局の薬剤師としてはいろいろとメリットもありそうですよ。

まずは年収!マツキヨで働く薬剤師の平均年収は700万円越え!これは全国の薬剤師の平均年収を200万以上も超える年収ですよ。全員が高年収になれる訳ではないですが、目指せる目標があるというのは嬉しいですよね。

高い年収が目指せるというのはマツキヨの社風にあります。

「誰でも何でもチャレンジできる」

マツキヨでは社員のランク付けや役職などがシステム化していて、キャリアアップを目指しやすくなっています。頑張った人には頑張った分だけ、見返りがかえってくるようになっています。

マツキヨでは自分にあった働き方ができるので、働きやすい環境といえますね!

③オンライン服薬指導を導入している会社

さて、次はちょっとテクノロジーの話。2022年から、オンラインでの服薬指導が本格的にOKになりました!これ、大きなチャンス!

薬局で服薬指導ってけっこう面倒くさかったりするよね。体調悪い時とか辛いし、あと子どもの体調悪いのに薬局で待たされるのってストレスでしかないもん。オンラインで薬を受け取れるって、マジでウーバーぐらいめっちゃ便利!


2022年、オンライン服薬指導が本格的にOKに!

オンラインでの服薬指導が可能になったのは、薬剤師にとっても患者さんにとっても便利な変化。これを導入してる薬局は、時代の流れをしっかり捉えている証拠です!

時代の流れに乗っている薬局を選ぼう!

こういう先進的な取り組みをしている薬局は、新しいことにも柔軟で、働きやすい環境が整っている可能性が高いです。

オンライン服薬指導とは?

オンライン服薬指導とは患者と薬剤師が情報通信機器(パソコンやスマートフォンなど)を通じて、処方する薬剤の飲みかたや注意点の情報提供を行うことです。

今までは対面が基本である服薬指導ですが、オンライン服薬指導が広がることで患者の薬受取の選択肢が増えるとして注目されています。

ただ、オンライン服薬指導にはメリットだけでなく、デメリットもあるため注意する必要があります。

メリット

・患者の体力的、時間的負担が減る

・薬剤師の負担が減る

・外出、対面での感染リスクが減る

●デメリット

患者の情報把握がしにくい

環境によってオンラインの使用が限られる

以上のようにわざわざ薬局に行かなくても服薬指導を受けられますが、対面でない分、薬剤師が患者の様子や反応を理解しづらく、インターネット環境などが整ってないとサービスが受けられないなど、問題点もあります。

④スタッフが多い

さてさて、次に重要なポイントは「スタッフの数」!なんと、薬剤師さんのストレスの大元、それが「人手不足」なんです。だから、スタッフがたくさんいる職場、これ、かなり重要!

たくさんのスタッフがいれば、事務作業やレジ打ちなどの薬剤師がやらなくていい仕事も回ってこないから、マジで全集中の呼吸(by鬼滅の刃)で調剤業務をできるわ!

薬剤師の一番のストレスは「人手不足」で現場が回らないこと

人が少ないと、仕事の負担がどんどん増えちゃう。忙しい、休めない、とストレスが溜まる一方。だから、人手が十分な職場は、働きやすさの大きなポイントです!

たくさんの薬剤師がいる職場だと精神的にもかなり安定かも!

たくさんのスタッフがいれば、仕事の分担もしやすいし、何かあった時のフォローも期待できます。精神的にもずっと安定しますよね!

スタッフが足りなくて、忙しい時だとテンパっちゃって、患者さんの名前間違えちゃったり、おつりを渡し忘れちゃってりで失敗ばっかり・・・。スタッフが沢山いれば余裕をもって仕事できるから絶対そのほうがいいよね!

⑤MR頻繁に出入りしている薬局

そして、これも見逃せないポイント。MR、つまり医薬品メーカーの営業担当者が頻繁に出入りしている薬局をチェック!

MRさんが来てくれると、新しい薬の情報とかがいち早く入ってくるので助かるんだよね。しかも足りない薬とかも回してくれやすいし、仕事しやすいんだよね。

薬品商社の営業がよく足を運んでいる薬局はピンチの時に助かる!

MRがよく来る薬局は、商品情報が新しく、何かあった時にサポートを受けやすいんです。新しい薬の情報も早く手に入り、緊急時にも強い味方に!

(ちょっと職場を偵察して、スーツ姿の会社員がどれくらい出入りしているか調査してみよう!(笑))

面接に行くときなど、ちょっと周りを観察してみるといいかもしれません。スーツを着た人が頻繁に出入りしているかどうか、それがヒントになるかもしれませんね!(ちょっと探偵気分で楽しんでみてください!)

MRさんのなかには、イケメンもいて私の中では目の保養!出会いが少ない薬局でイケメンMRさんが来るとちょっとテンションUPするよね。

⑥創薬系・研究系の職場

次に注目すべきは、創薬や研究に特化した職場です。ここ、ちょっと面白いかもしれませんね!

新しい薬を創るっていうのは、薬剤師にとっては憧れだよね。めっちゃ頭よくないと難しいって聞くけど、若いうちにチャレンジしてみるのもいいかもしれない!

調剤薬剤師ではなく、化学ルートに!

通常の調剤薬剤師の道を離れ、化学や研究に焦点を当てた職場を選ぶのも一つの方法。新薬開発や研究職は、日々の業務に変化があり、刺激的です。

一度薬品開発の現場に携わることができると大手への転職も有利に!

薬品開発の経験は、将来的に大手企業への転職にも強みになります。専門性を高めることで、キャリアの選択肢が広がりますよ!

大学の同級生が製薬会社の研究部門にいるけど、プロジェクトで成果のこすと他の企業からめちゃくちゃスカウトがくるって言ってたな・・・羨ましい。

⑦急募!してない求人をしている会社!

最後のポイントは、求人情報の「急募」の有無。これ、実は重要なサインなんです。

急募って聞くと、絶対に入社できる気がしてラッキー!って思っちゃうけどな。

「急募」は人手不足でパニック中!の危険信号

「急募」と書かれている求人は、人手不足で困っている可能性が高いです。急募=忙しさやストレスが多い職場かもしれませんね。

でも、今すぐ転職したいなら急募はチャンスのサイン!

ただし、すぐに仕事を始めたい場合、急募の求人はチャンスかもしれません。状況をよく考えて、自分に合った選択をしましょう!

なるほどね。今仕事があって次のキャリアアップを狙ってる時はじっくりと考えたほうがいいってことね。急募にあわてて食いついたら、ブラックって場合もあるってことよね。


【まとめ】薬剤師がホワイトな職場を見つけるなら?

というわけで、薬剤師がホワイトな職場を見つけるための7つのポイントをお届けしました。歴史が長い会社、大手企業、オンライン服薬指導、スタッフが多い職場、MRの頻繁な出入り、創薬系・研究系の職場、そして急募でない求人をチェックすること。これらを基準に職場を選ぶと、働きやすい環境が見つかるかもしれません。自分に合った職場を見つけて、ホワイトな環境でぬくぬくと働きましょう!

まずは転職するのは、「いますぐ」なのか「将来的」なのか自分が理解すること!求人をみて慌てることが一番危険ですよ。じっくりと調べて、余裕をもった転職活動をすることがホワイト職場につながります。


(PR)

薬剤師なんてならなきゃよかった
なんで私だけ

やめてもいいよ

ファルマスタッフ特設サイト

提供:ファルマスタッフ