本ページはプロモーションが含まれています

薬剤師もう無理←燃え尽きてストレスMAX、どうすれば・・・

頑張って勉強して薬剤師になったけど、もう無理かもしれない・・・

もう朝になると仕事に行きたくなくて憂鬱になるんだよね。

実際に薬剤師になって働いてみると「思っていた仕事と違う」って感じる人多いみたいですね。

そうなんだよ!もっとキラキラした世界で、やりがいとかキャリアアップを目指せると思ってたんだ!!でも現実は働く職場によって格差がかなりあってさ・・・


「薬剤師、もう無理かも…」そんな風に感じているあなた、一人じゃないですよ!薬剤師の仕事って、外から見える以上にストレスが多い。どうしてこんなにキツいのか、その理由を掘り下げてみましょう。

この記事の監修者

薬剤師:みわこ

30代後半の女薬剤師です。(アイコンは思いっきりAI加工しています)新卒で大手ドラッグストア(人間関係で9カ月で退職)→半年ニート→病院隣接の調剤薬局チェーン店(6年続けたけど結婚を機に退職)→3年子育て→職場復帰して大手調剤薬局チェーン店(人間関係がつまらなくて3か月で退職→専業主婦2年→健康食品会社の開発職(楽しかったけど1年で会社が倒産)→現在はベンチャーのオンライン調剤薬局会社で週3出勤のリモート薬剤師しています。

薬剤師もう無理←その気持ち分かります。

薬剤師って、表面上はキラキラして見えるけど、実際は結構大変。具体的に何がキツいのか、いくつかの理由を見てみましょう。

「毎日同じことの繰り返し」

毎日、同じルーティンの繰り返し。新鮮さがなくて、時には退屈を感じることもあるでしょう。

もっと刺激のある仕事だと思ってたけど、調剤薬局の仕事って1日の流れが決まってる感じで、毎日同じ作業の繰り返し。正直つまらないんだよね。

「それなのに責任重大」

薬の調合って、ミスが許されない重大な仕事。そのプレッシャー、めちゃくちゃ大きいですよね!

薬剤師ってちょっとしたミスが重大事故につながる可能性があるから、大変ですよね。

常に集中しないといけないのに、仕事がつまらないのはツライ・・・

「保険のレセプションめんどくさい」

保険請求の処理、細かい作業が多くて、本当にめんどくさい。しかも、間違えたら大変なことに!

保険請求作業って本当めんどくさくて嫌いだ~!!!!!もっと自動化進んでくれよ!!

保険レセプションって思っているより大変なんですよ。
患者から処方箋を受け取り、保険請求までの一連の業務を行います。

保険レセプション作業の大変さにはいくつかの要因があります。

  • 複雑な規則や手続き
  • 処方箋に記載された情報を正確にデータ入力する
  • ミスのない正確なスキルが求められる
  • 月末になると残業が増える

その月の診療報酬は、翌月10日までに審査支払機関に提出します。そのため、月末になるとレセプト業務が集中し残業も増えてしまいがちです。

「案外地域密着型の仕事で、人間関係が大変。」

地域の人との関係性も大切にしないといけないし、時には地域特有の煩わしさも…

ほんと地方の調剤薬局っていろんな人が来る都市部とは違って、患者さんも限られるし、年配の人なんかだと世間話しに来てる感もあるんだよね。俺のこと息子か孫とでも思っているか(笑)

「給料は良いけど、管理薬剤師なってから全然あがらない。」

給料は悪くないけど、一度管理薬剤師になると、そこから上がりづらい…やる気も失せるよね。

職場によっては管理薬剤師に与えられる役職手当が限られていたりするんですよね。そのせいで、思ったよりも給料が上がらないことも。それに地域の調剤薬局は都市部と給与水準が異なるため、管理薬剤師の給与が上がりにくい場合があります。

「登録販売員の入れ替わり激しすぎて、教育めんどくさい」

人の出入りが多くて、いつも新人教育。これもまた、繰り返しのルーティンワークだ。


薬剤師もう無理ということは、もしかしたらノイローゼかも?

「もう無理かも…」って思う日々、実はただのストレス超えてるかもしれません。ノイローゼや鬱病のサインかもしれないんです。薬剤師の仕事、特に調剤薬局で働くと、小さなコミュニティだからこそ、ストレスがたまりやすいんです。

薬剤師は人気の高い職業であるにもかかわらず、仕事でストレスを感じ、ノイローゼや鬱病になる薬剤師もいます。

主なストレスの原因として以下があげられます。

  • 職場内の人間関係
  • 人手不足
  • 業務に関するプレッシャー
  • 患者とのコミュニケーション
  • 保険請求処理作業
  • 年収や待遇に関する不満
  • 休日の少なさ

仕事のストレスから「もう働きたくない」「違う仕事に就きたい」と考えてしまう気持ちもわかります。

小さなコミュニティ(調剤薬局)だとノイローゼが引き起こされやすい

小規模な職場だと、人間関係が密になるから、プレッシャーが大きいんです。それが、時にノイローゼを引き起こす原因になることも…

鬱病になるまえに、有給を使いまくることをお薦めします。

もし、心身ともに疲れ切っているなら、まずは有給を使って休むことが大切。自分を大事にして、心と体のリセットが必要です。

WHO(世界保健機関)が鬱病が「2030年には最も多くの人々を苦しませる病気になる」と警告しています。しかし、その正確な病態はいまだによくわかっていません。

中国の復旦大学、英国のケンブリッジ大学などの研究者が2023年9月の英誌「ネイチャー・メンタルヘルス」に掲載した論文によると、7つのライフスタイルが鬱病リスクの大幅な低下につながることが分かりました。

  1. 健康的な睡眠(毎晩7~9時間)
  2. 非喫煙
  3. 頻繁な社会とのつながり
  4. 定期的な運動
  5. 座りっぱなしの回避
  6. 適度な飲酒
  7. 健康的な食事

その中でも「健康的な睡眠」が最も大きく鬱病リスクを低下させる効果がありました。

周りの目など気にしないで、しっかりと有給をとって、たっぷりの睡眠で心身ともに癒してあげましょう♪

薬剤師もう無理なら他の仕事はいかが?

「薬剤師辞めたいけど、他にできることあるの?」って思ってるなら、以下の仕事を考えてみては?

薬剤師の仕事がもうやりたくないと思うなら、思い切って転職って手もありますよ!!
案外薬剤師の経験を活かせる仕事が見つかるかもしれません。

製薬会社のスタッフ

研究職やDI職で活躍

薬剤師の知識を活かして、製薬会社の研究職やDI職で活躍するのはどうでしょう?新薬開発や情報提供など、幅広い分野で活躍できます。

DIとは、Drag Information(ドラッグインフォメーション)の略で、医薬品の情報を管理する業務を称したものです。
MRや医師、医療機関などに情報を提供、アドバイスを行うのがDIの仕事です。

一般的に薬剤師が勤務するところは病院や調剤薬局が多いですが、DIの勤務地となるのは、主に製薬会社です。化粧品会社、ドラックストアなどでも需要がありあす。

【主な仕事内容】

  • 医薬品情報の収集や管理
  • 資料の制作
  • 問い合わせへの対応
  • 医療関係者への勉強会開催やMR(医薬情報担当者)の教育
  • 文献検索や情報収集
  • 厚生労働省への報告業務

さらに、各機関や関係者へ提供する情報を正確かつ、わかりやすくまとめ、医療関係者からの問い合わせに迅速に対応する役割も果たします。

化学品・健康食品メーカーの開発スタッフ

青汁・化粧品・サプリメントの開発に従事

化学品や健康食品メーカーでの開発スタッフも面白いかも。青汁や化粧品、サプリメントの開発など、新しい分野で活躍できますよ。

一般的な食品を開発し、新しい味や食材、製品を市場に提供する商品開発とは違い、健康食品開発は特定の栄養や健康効果に焦点を当て、消費者の健康の向上を目的とし商品を開発します。

健康食品の開発には様々な種類があります。

  • 栄養補助食品
    栄養素を補助することを目的とした食品サプリメントや栄養補助食品の開発
  • 機能性食品
    「おなかの調子を整える」「脂肪の吸収をおだやかにする」など特定の健康効果が期待される成分を含む食品の開発
  • プロバイオティクス
    腸内の健康を促進するための善玉菌を含む食品やサプリメントの開発

薬剤師の健康食品開発への転職は、製品に含まれる成分やその相互作用、健康への影響など薬学的知識を活かせ非常に有益です!あなたの薬剤師免許が健康食品の信頼性と品質を強調する証明になってくれますよ!!

治験スタッフ

薬剤師派遣でも治験の管理スタッフは良く募集されています

薬剤師の資格を活かして、治験の管理スタッフになるのも一つの道。治験コーディネーターや管理者として、新しいキャリアを築けます。

治験コーディネーター(CRC)は、医療施設において治験を実施するためのサポートをおこなう仕事です。

治験コーディネーターには
院内の治験コーディネーター(院内CRC)SMOの治験コーディネーターの二種類があります。SMOは医療機関から治験コーディネーター業務や治験事務局業務の委託を受けている会社のことを指します。
未経験から治験コーディネーターを目指す場合はSMOに転職をすることがほとんどです。

【主な仕事内容】

  • 治験実施計画書の理解
  • 被験者への治験中のフォロー
  • 症例報告書のドラフト作成


治験を円滑に進めるための調整が主な仕事です。患者と医療機関とのコミュニケーションも必要になります。

治験コーディネーターに必要な資格はありませんが、実務において専門性を問われるため、薬剤師免許をもっていると活躍できる場面は多いでしょう。各種薬剤の基本的な知識があるため、新薬に対する理解も早く治験の意図も把握しやすいでしょう。


【まとめ】もう無理になる前に、薬剤師を活かして他の仕事にチャレンジ

「薬剤師、もう無理…」そう思う前に、待ってください!まだまだチャンスはあります。あなたの貴重な薬剤師としての経験を活かせる新しい道が、確実にあるんです。

無料の薬剤師専門求人サイトを使えば専任のキャリアアドバイザーが転職サポート

転職って、一人で考えると難しいですよね。でも、安心してください。薬剤師専門の求人サイトを使えば、専任のキャリアアドバイザーがあなたの転職をサポートしてくれます。応募から入社までの手続きも、全部代行してくれるんです。これなら、初めての転職でも安心ですね。

まずはチャレンジ!薬剤師の新しい未来を!

新しい仕事にチャレンジするのは、少し怖いかもしれません。でも、薬剤師のあなたならできる!新しい未来は、あなたが一歩踏み出すことで始まります。自分の可能性を信じて、新しい挑戦を始めましょう!

毎日のマンネリ。モチベーションの低下・・・憂鬱な日々を過ごすなら、思い切って転職するのも有りかもね!!薬剤師の仕事しか出来ないと思っていたけど、考え方次第で資格を活かした別の職業に就くことも出来るんだね♪

思い切ってワクワク出来る新たな仕事探してみようかな!!

そうです!なにもつまらないと思いながら同じ会社に居続ける必要なんてないんです!!

あなたにピッタリの仕事が見つかるといいですね☆ファイトです♪


(PR)

薬剤師なんてならなきゃよかった
なんで私だけ

やめてもいいよ

ファルマスタッフ特設サイト

提供:ファルマスタッフ