本ページはプロモーションが含まれています

医療事務の将来性はAIがきても生き残り続ける←なくならない

医療事務の将来性 未経験から事務職に転職

医療事務は安定

ちはる
ちはる

医療業界はAI時代も生き残り続けます

医療事務は、常に高い需要がある仕事です。しかし、新たなテクノロジーの進化や経済環境の変化により、その将来性について疑問を持つ人もいます。果たして実際の現場はどうなのでしょうか?

この記事の監修・執筆

竹下 ちはる

無職→ブラック企業の事務職→うつ病で退職→フリーター3年→一部上場の人材企業の事務系総合職に転職→転職エージェントに転職。無職から大手の事務職で正社員になった経験や、転職エージェントの経験をもとに有益な情報を発信します。

まるすけ社長をフォローする

(参考)総務事務の一日の流れ

  1. 医療事務の将来性←AIがきてもなくならない
    1. 医療事務はなくならない←AIが参入できない領域
      1. レセプト業務の完全自動化は起きない
    2. AIの導入と医療事務:変化する業務
      1. AIには補えない人間の強み
    3. 結論:医療事務はAIで代用できるほど責任の小さな仕事ではない
      1. AIは医療従事者のルーチンワークを軽減する
      2. 判断の難しいレセプトの処理や窓口対応は将来もAIに取って代わられない!
  2. 医療事務の需要が少なくなる前に貯金するのもあり
  3. 医療事務の求められるスキル←AI時代の必須能力
    1. 医療事務の仕事内容と重要性
  4. 医療事務として活躍するためのおススメ資格
    1. ①医療事務(複数の運営団体があるがどれでもOK!)
    2. ②医事コンピュータ技能検定
    3. ③医療事務認定実務者試験
  5. 医療事務からのキャリアアップ
    1. ①病院経営者
      1. クリニック経営者が増えている
    2. ②他のクリニックに転職
    3. ③一般事務職に転職
    4. ④医療系企業(医薬品、医療機器メーカー等)への転職
      1. 医療業界内でいくらでも転職できる
  6. 医療事務の平均年収は400万程度←AI時代も下がらないはず
    1. 他の事務職よりも相場は高い
      1. ベテランになるほど給与はアップしやすい
  7. 医療事務の仕事はいつの時代もなくならない
    1. 健康需要がある限りなくならない
    2. お医者さんが儲からなくなるまでなくならない
  8. 【まとめ】医療事務はAIで淘汰されない将来性抜群の仕事
    1. 大切なのはミスをしないこと

医療事務の将来性←AIがきてもなくならない

医療事務の将来性

医療事務は、その専門的な知識と技術を要する仕事の性質上、未来も続いていく職業と言えます。

ちはる
ちはる

医療事務は一般事務と違い「専門性」がある事務職です。特に保険の計算のレセプト業務は熟練の技や知識が必要です!

医療事務はなくならない←AIが参入できない領域

医療事務の多くの業務は、AIによる自動化が難しいものです。

レセプト業務の完全自動化は起きない

レセプト業務は、医療事務の重要な一部です。しかし、この業務は、繊細な判断と専門知識を要するため、AIによる完全自動化は非常に困難です。法律がガンガン変わっていくし、人の命がかかっているのでAIが勝手に白黒判断してはならないんです。

保険の計算は難しすぎる

保険の計算は、各患者の症状や治療計画によって大きく変わるため、AIには難しい業務となります。このような複雑な計算は、人間の精密な作業が必要です。

ミスしたらダメ!

医療事務の仕事は、ミスが許されない重要な業務です。診療報酬の誤計算や、患者情報の誤りは重大な問題を引き起こす可能性があります。

AIの導入と医療事務:変化する業務

しかし、AIの導入により、医療事務の一部の業務は効率化され、職務が変化する可能性もあります。

AIには補えない人間の強み

しかし、患者との対話や情報の精査など、AIには補えない人間の強みがあります。これらの能力は、医療事務の重要な業務と言えるでしょう。

結論:医療事務はAIで代用できるほど責任の小さな仕事ではない

まるすけ社長
まるすけ社長

単純作業はAIでなくなるかと思いますが、責任の大きい管理の仕事は医療事務に任され続けるかと思います。そうしないと、患者さんが不安になります。

医療事務の求人情報は転職エージェントに相談すると無料で教えてくれます。自分の好みの年収や休日数を伝えれば、マッチした求人情報を提供してくれるので、上手く活用してみましょう。迷ったら、20万件以上の求人情報を持つdodaでいいかと思います。

AIは医療従事者のルーチンワークを軽減する

AI技術が医療現場に導入されると、日々の繰り返し作業が楽になります。患者情報の整理やデータ入力など、時間を取られがちな作業をAIが担うことで、医療従事者はより専門的な業務に集中できるようになります。まるで賢いアシスタントがサポートしてくれるようなものです。

事務職がなくなるかもしれないと言われるのはコロナでの発達が原因かもね、よくなるに越したことはないんだけど…。

判断の難しいレセプトの処理や窓口対応は将来もAIに取って代わられない!

AIが多くを担う未来でも、人間独自の感性や判断力が求められる場面は残ります。複雑なレセプトの処理や、患者さん一人ひとりの心に寄り添う窓口対応など、人の温かみが必要な仕事はAIには難しいでしょう。医療現場における人間の役割は、技術が進化しても変わらぬ価値を持ち続けます。

結局人が最後を握っているんだよな、人がいなきゃ何も生まれない。まじで。


医療事務の需要が少なくなる前に貯金するのもあり

とはいえ、AIが医療事務の単純作業をどんどん奪っていく可能性は考えられます。万が一に備えて、貯金をしっかり備えて、転職活動中も食っていけるようにすると安心です。2024年はライブ配信のお仕事がブームになっているので、お家のスキマ時間にサクッと副収入を得るのもおススメです。

医療事務の求められるスキル←AI時代の必須能力

医療事務の求められるスキル←AI時代の必須能力

医療事務が求められるスキルは、コミュニケーション能力や保険制度の知識、丁寧な作業が必要です。これらの能力は、AIにはない人間特有の能力であり、AI時代でも必須となります。

医療事務の仕事内容と重要性

医療事務は、レセプト作成から患者対応まで、医療現場でのさまざまな業務を担当します。これらの業務は、医療サービスの質を保つために不可欠なものです。

医療事務として活躍するためのおススメ資格

もっていたら一目置かれたりして…。

①医療事務(複数の運営団体があるがどれでもOK!)

医療現場の要、それが医療事務員です。患者さんと医師の橋渡し役を務め、事務作業を円滑にします。資格は多くの団体が提供しており、選択肢は豊富。あなたのキャリアパスに合った資格を見つけましょう。

資格があるだけで鎧を着てるような自信がもてるぞ!

②医事コンピュータ技能検定

病院内の情報管理のプロになりたいなら、この資格がピッタリです。患者情報の入力から保陼請求まで、医療現場で必須のPCスキルを身につけられます。まるで病院のナビゲーターのように、情報の海をスムーズに航行できるようになります。

情報管理って聞くとなんかすごい重要な役割任せられそう…。

③医療事務認定実務者試験

実践力を証明したいなら、この資格がおすすめ。患者さんの受付からレセプト作成まで、医療事務の全般をカバーします。実際の業務で直面するような課題に挑戦し、その解決能力を証明することができます。まるで医療事務のスーパーヒーローになるための訓練のようです。

実践力は即戦力になるんじゃないか。 得でしかない、自信にしかならない。(笑)

医療事務からのキャリアアップ

医療事務からのキャリアアップ

医療事務の経験は、さまざまなキャリアアップの道を開く可能性があります。

①病院経営者

病院経営に関する知識や経験を持つ医療事務は、将来的には病院経営者となる道もあります。

クリニック経営者が増えている

特に、最近では独立してクリニックを開業する医療事務の人々も増えています。

特に美容業界

美容医療の需要の増加に伴い、美容クリニックの経営も視野に入れている人も多いです。

②他のクリニックに転職

医療事務のスキルと経験は、医療業界内での転職に大いに役立ちます。

③一般事務職に転職

医療事務の経験は一般事務職への扉を開きます。患者対応やレセプト処理で培ったコミュニケーション力と細やかな注意力は、どんなオフィスでも重宝されます。まるで万能キーのように、さまざまな業界のドアを開けることができるでしょう。

苦しい経験だったとしても新しい扉が開けたらドラマ並みじゃない?(笑)

④医療系企業(医薬品、医療機器メーカー等)への転職

医療事務の経験を活かして、医療系企業で新たなキャリアを築くこともできます。医薬品や医療機器メーカーでは、医療現場の知識が大きな強みになります。まるで架け橋のように、医療の現場と製品開発の間で重要な役割を果たすことができるでしょう。

キャリアで花咲けばそれこそ人生バラ色…!

医療業界内でいくらでも転職できる

医療事務のスキルは専門性が高く、医療業界内であれば幅広い職種への転職が可能です。

医療事務のスキルは専門性が高い

医療事務は、その高度な専門性から医療業界内で高く評価されています。一般事務の業界おススメでも医療系はトップクラスです。

医療事務の平均年収は400万程度←AI時代も下がらないはず

医療事務の平均年収は400万程度

医療事務の平均年収は約400万円とされています。これは他の一般的な事務職よりも高い水準です。

ちはる
ちはる

大きな病院よりも、小規模のクリニックの方がお給料が良いというケースがあります。

他の事務職よりも相場は高い

医療事務の専門性と重要性を反映して、他の一般事務職と比べて給与水準が高い傾向です。

ベテランになるほど給与はアップしやすい

保険計算の業務は「知識」「慣れ」が必要です。だからベテランの方が仕事が早いので、スキルアップという考え方はあります。未経験から事務職に転職するのは難しいですが、医療系なら案外スムーズかもしれません。

医療事務の仕事はいつの時代もなくならない

医療事務の仕事はいつの時代もなくならない

医療事務は、その重要性からいつの時代も求められる職業であり、医療業界の成長とともに将来も続くでしょう。

健康需要がある限りなくならない

人々の健康への需要は絶えず、それに伴い医療事務の需要も続くでしょう。

お医者さんが儲からなくなるまでなくならない

医療事務は、医療業界が存続する限り存在し続けます。

【まとめ】医療事務はAIで淘汰されない将来性抜群の仕事

【まとめ】医療事務は10年後も生き続ける

以上のように、医療事務はAIの進化や経済環境の変化にも関わらず、その存在価値を保ち続けるでしょう。

ちはる
ちはる

AIが医療現場を侵食するのは、まだまだ先の話だと思います…

大切なのはミスをしないこと

医療事務の仕事は、正確性と専門知識が求められる職業です。そのため、常にミスを犯さないという意識を持つことが重要です。