本ページはプロモーションが含まれています

総務事務に将来性はあるのか?←バックオフィスの未来

総務事務の将来性 未経験から事務職に転職

なんでも屋は滅びるのか?

ちはる
ちはる

令和の総務部は「エンタメ力」が必要です!

総務部の将来性は、今のままだと厳しいです。特に中小企業で総務部の求人をしている会社はほとんどありません。しかし、大手企業はまだ募集をしている会社もあります、求める人材は「会社を楽しくさせるエンタメ力」です。

この記事の監修・執筆

竹下 ちはる

無職→ブラック企業の事務職→うつ病で退職→フリーター3年→一部上場の人材企業の事務系総合職に転職→転職エージェントに転職。無職から大手の事務職で正社員になった経験や、転職エージェントの経験をもとに有益な情報を発信します。

まるすけ社長をフォローする

(参考)総務事務の一日の流れ
  1. 総務事務はいらないのか?←大企業は必要
    1. 総務の仕事は「エンターテイメント」
      1. 会社の風紀を守る仕事←バックオフィスは必要不可欠
    2. ChatGPTでは総務の仕事はできない
    3. しかし、中小企業では総務部はなくなりつつある
      1. 秘書が総務の仕事をしているケースが多い
    4. 【結論】大手企業は総務は必要
      1. 中小企業に総務はいらない
  2. 総務事務業界の現状
    1. バックオフィスを配置する会社は少なくなっている
      1. 今後もAIにより少なくなるかも
    2. 大手企業は総務事務が必要
      1. 外資系企業は「オフィスマネージャー」という役職
  3. 総務で必要とされるスキルは?
    1. コミュニケーション能力
    2. スケジュール管理能力
    3. PCスキル
  4. 総務の将来性って他の事務職と比べてどう?
    1. とりあえず事務職になりたいひとへ
  5. 総務の不安←AIに奪われる?
    1. 言われたことしかできない人は仕事を失う
    2. 今の時代必要な総務は「企画力」
      1. 会社に個性を作ろう!
  6. 総務事務と一般事務の違いは?
    1. 【結論】同じ
      1. でも、総務事務のほうが仕事は深い
      2. 人事の手伝いや経理の手伝いもする
  7. 総務事務からのキャリアステップは?
    1. 経理or人事が濃厚
      1. 令和の時代だと人事に異動が濃厚
  8. 総務事務の年収は?
    1. 完全未経験の20代なら300万程度
      1. 30代から総務部に未経験転職はありえない
    2. それでも挑戦したい…!30代から総務へ未経験転職したい場合のコツは?
      1. 資格取得
      2. 法務関連の知識の取得
      3. 転職エージェントを活用する
    3. 総務の仕事がしたいなら若いうちに転職のススメ

総務事務はいらないのか?←大企業は必要

総務事務はいらないのか?←大企業は必要
ちはる
ちはる

総務の仕事は進化しています!

総務の仕事は「エンターテイメント」

総務は一見退屈なバックオフィスの役割に見えますが、彼らの仕事は会社の”エンターテイメント”における重要な役割を果たしています。会社を楽しく、ワクワク、風紀をただすためのなんでも屋さんです。

会社の風紀を守る仕事←バックオフィスは必要不可欠

総務の仕事とは具体的に何を意味するのでしょうか?それは会社の風紀を守るという大切な役割です。その範囲は以下のような業務に広がっています。事務職はオワコンと言われていますがまだまだ仕事はある状態です。

①新しいオフィスの手配

オフィスのレイアウト、装飾、家具の選定、そして全体的なオフィス環境の構築は総務の重要な役割です。これらの業務は従業員の労働生産性と満足度に直接影響を与えるため、非常に重要です。

②社内イベントの企画

社内イベントの企画や管理も総務の重要な職務です。これには会社のパーティー、チームビルディング活動、研修セッションなどが含まれます。

③社内規定の作成・更新

社内規定の作成や更新は、企業の内部秩序を守るための重要な業務です。まるで、船の航海図を更新する船長のように、総務担当者は社内のルールや方針を明確にし、すべての乗組員が同じ目的地に向かえるようにします。変化するビジネス環境や法令に対応し、社内規定を最新の状態に保つことは、企業を円滑に、かつ効率的に運営するために不可欠です。

身につけてしまえばどこでも通用するキャリアウーマンになれそうじゃん…。違うかな?(笑)

④社外との窓口業務

社外との窓口業務は、企業の顔とも言える重要な役割です。総務担当者は、取引先、業界団体、行政機関など、さまざまな外部組織とのやり取りを行います。これは、企業が外部の世界と接続するケーブルのようなもので、情報の受け渡しや協力関係の構築を可能にします。効果的なコミュニケーションと適切な関係管理を通じて、企業の外部イメージを向上させ、ビジネスチャンスを広げることができます。

企業の顔なんてアイドルになった感覚。(笑)

⑤会社をワクワクさせる

以上の業務を通じて、総務は労働環境を楽しく、活気あるものにする役割を担っています。これらは従業員の士気と満足度を高め、企業全体の生産性を向上させる効果があります。

ChatGPTでは総務の仕事はできない

AIの進化により、多くの業務が自動化され、一部の職種が危機に瀕しています。しかし、AIはまだ会社を楽しくさせる、人間の感情に反応することはできません。総務の役割は、そのような「人間力」を必要とするため、AIに取って代わられることはありません。

しかし、中小企業では総務部はなくなりつつある

しかし、中小企業では総務部が少なくなってきています。これは、一部の役割が他の部署に分散されたり、またはアウトソーシングされたりするためです。

秘書が総務の仕事をしているケースが多い

中小企業では、秘書や事務職が総務の役割を担当するケースが多いです。これらの従業員は多岐にわたる業務をこなす能力が求められます。

【結論】大手企業は総務は必要

大手企業にとって、総務部は極めて重要です。従業員の労働環境を管理し、業務効率を最大化する役割を果たすため、総務部の存在は不可欠です。

中小企業に総務はいらない

一方、中小企業では、多くの総務の役割が他の部署に分散される傾向にあります。これは効率性やコスト削減の観点から理解できます。

ちはる
ちはる

事実として、総務の中途求人募集をしている会社は大企業以外なくなっています。事務職を狙うなら人事とか経理とか営業事務が現実的です!

総務事務業界の現状

総務事務業界の現状

総務事務業界の現状について詳しく見ていきましょう。この分野は企業の運営において重要な役割を果たしていますが、最近の動向としてはいくつかの変化が見られます。

バックオフィスを配置する会社は少なくなっている

近年、総務事務の配置が少なくなっている企業が増えています。特に中小企業では、コスト削減のために総務部門を縮小する傾向が強まっております。しかし、この背景にはさらなる問題が潜んでいるかもしれません。

今後もAIにより少なくなるかも

AIの進化により、総務事務の一部業務が自動化される可能性が高まっています。例えば、書類の整理やデータ入力などの単純作業はAIによって代替されることが予想されます。このため、今後も総務事務の配置が少なくなる傾向が続くと考えられます。

大手企業は総務事務が必要

一方で、大手企業では総務事務の重要性が高まっています。組織の規模が大きくなるほど、人事や法務などの複雑な業務が増えるため、総務事務の専門家が求められるのです。

外資系企業は「オフィスマネージャー」という役職

特に外資系企業では、総務事務の役割が「オフィスマネージャー」として位置づけられることが多いです。この役職は、オフィスの運営全般を担当し、経営層とも密接に連携する重要なポジションです。

Adminと呼ばれることもある

「オフィスマネージャー」は、一部の企業では「Admin」とも呼ばれます。この役職は、経営の効率化や業務のスムーズな進行をサポートするため、今後の企業運営においてますます重要になると考えられます

総務で必要とされるスキルは?

総務部門は、企業の心臓部とも言える場所です。社内のさまざまな業務を円滑に進めるためには、特定のスキルが必須となります。では、どのようなスキルが総務で求められるのでしょうか?

心臓部…。総務になるって死ぬか生きるかの選択並み…。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力は、総務部門で最も重要なスキルの一つです。社内外の人々との橋渡し役となり、情報の正確な伝達や調整を行います。まるで、複数の楽器を操る指揮者のように、調和を保ちながら全体をリードする必要があります。

コミュニケーションをうまくとれればぶっちゃけどこでもやっていけるぞ!(笑)

スケジュール管理能力

総務部門では、会議のスケジューリングやイベントの計画など、時間を効率的に管理する能力が求められます。スケジュール管理能力があれば、多忙な職場でもタスクやプロジェクトを滞りなく進めることができます。これは、繁忙期における交通整理のような役割を果たし、事故や混乱を防ぎます。

スケジュール管理能力ってできれば苦労しないんだよね。簡単じゃなさすぎ…。

PCスキル

現代の職場では、文書作成、データ分析、プレゼンテーション作成など、PCスキルが不可欠です。総務部門でも例外ではありません。PCスキルがあれば、日々の業務をスムーズに、かつ効率的に行うことができます。まるで、画家が絵筆を使いこなすように、PCスキルを駆使して業務のクオリティを高めることができます。

このご時世PCスキルあれば群を抜ける。(笑)

総務の将来性って他の事務職と比べてどう?

医療事務の将来性はAIによって相当厳しくなると言われています。貿易事務もやめとけと言われるようになりました。営業事務の将来性は安泰です。

そして総務事務や人事事務の将来性は「全然ある」と断言できます。さすがに事務未経験でパソコンできない状態で転職は厳しいかもしれませんが、ある程度面接で節度のある対応ができたら問題ありません。

とりあえず事務職になりたいひとへ

まず事務職を知りたい方は、一般事務のおススメ業界をチェックしてみてください。

総務の不安←AIに奪われる?

総務の不安←AIに奪われる?

総務職の人々にとってAIの進化は潜在的な脅威となり得ます。一部の専門家は、AIと自動化によりバックオフィスの仕事の約7割が失われると予測しています。

言われたことしかできない人は仕事を失う

ただし、この予測は「命令に従ってルーチンワークをこなす」だけの人々に主に関係しています。これはAIや自動化が繰り返し可能なタスクを簡単に処理できるためです。

今の時代必要な総務は「企画力」

そのため、総務職の人々は企画力を持つことがますます重要になってきます。これには、社内イベントの企画や、労働環境の改善に対する新しいアイデアなどが含まれます。

会社に個性を作ろう!

総務の人々は、企業の個性を作り出すことができます。これはAIや自動化では真似のできないスキルです。英文事務も将来性がある職業なので総務の将来性も失われることはありません。

ちはる
ちはる

言われたことしかできない総務は滅びます!

総務事務と一般事務の違いは?

総務事務と一般事務の違いは?

【結論】同じ

基本的に、総務事務と一般事務の職務は同じです。どちらもオフィスの運営を支えるための役割を果たします。

でも、総務事務のほうが仕事は深い

しかし、総務事務は一般事務よりも幅広い業務を担当します。これには、人事や経理の補助的な業務も含まれます。

人事の手伝いや経理の手伝いもする

具体的には、人事の手伝いとして新入社員のオリエンテーションを手配したり、経理の手伝いとして請求書や支払いの管理を担当することもあります。

総務事務からのキャリアステップは?

総務事務からのキャリアステップは?

経理or人事が濃厚

総務事務からのキャリアステップとしては、経理や人事への移行が考えられます。総務職はこれらの部署の業務に関連する経験を積む機会を提供するため、スムーズな移行が可能です。

令和の時代だと人事に異動が濃厚

特に、現代のビジネス環境では、人材管理の重要性が増しているため、人事への異動が多く見られます。

ちはる
ちはる

総務部から人事に移動する人はめっちゃ多いです。

総務事務の年収は?

総務事務の年収は?

完全未経験の20代なら300万程度

完全未経験の20代の総務事務の年収は、平均的には約300万円程度です。しかし、これは企業の規模や業種、地域などにより異なることを覚えておきましょう。

30代から総務部に未経験転職はありえない

また、30代から総務部に未経験での転職は難しいと言われています。これは総務部の業務が広範で複雑であるため、一定の経験とスキルが必要とされるからです。

長年転職エージェントしてきたけど1人もいない

長年の転職エージェントの経験からも、30代から総務部への未経験転職者はほとんど見かけません。

それでも挑戦したい…!30代から総務へ未経験転職したい場合のコツは?

30代からの総務への未経験転職は、新しいキャリアの扉を開く大冒険です。まるで、未知の海へ船出する航海士のように、準備と勇気が必要となります。しかし、適切な準備と戦略を持てば、成功の可能性は大いに広がります。以下のコツを参考に、その航海を成功に導きましょう。

ルフィになった気持ちでがむしゃらに、巻き込んでしまったとしても突っ走っていくのもありだな!

資格取得

総務領域に関連する資格を取得することは、あなたの意欲と能力を証明する一つの方法です。例えば、ビジネス実務法務検定や社会保険労務士などの資格は、総務職において役立つ知識とスキルを持っていることを示します。資格は、未知の海を渡る際の羅針盤のようなもので、方向性を示し、信頼性を高めます。

法務関連の知識の取得

総務部門では、法律や規制の知識が求められることがよくあります。労働法、契約法など、ビジネスに関連する基本的な法律知識を身につけることは、総務職への転職において大きな武器となります。この知識は、新しい港への航海中に遭遇するかもしれない法的な嵐を乗り越えるのに役立ちます。

法律関連の知識をもつなんて事故っても無理。

転職エージェントを活用する

転職エージェントの利用は、未経験からの総務職への転職において非常に有効です。転職エージェントは、あなたのスキルや経験を理解し、適切な企業を紹介してくれます。また、履歴書の添削や面接対策のアドバイスなど、転職活動をサポートする多くのサービスを提供しています。転職エージェントを利用することは、未知の海域を探索する際に頼りになる航海ガイドを雇うようなものです。

難解な迷路にはまってしまうなら活用するべき…!

総務の仕事がしたいなら若いうちに転職のススメ

したがって、総務の仕事に興味がある場合は、早いうちに転職を検討することをおすすめします。それにより、必要なスキルと経験を積むことが可能になります。

総務事務の将来性は確かにあります。その仕事は企業の運営を支え、働きやすい環境を作るために不可欠です。しかも、AIや自動化による影響は限定的であり、総務の「企画力」はAIには真似できないスキルです。これらを踏まえると、総務事務は未来に向けて成長し続ける仕事と言えるでしょう。