本ページはプロモーションが含まれています

サンドラッグってブラック?薬剤師のストレス対策万全って本当?

サンドラッグって朝早いし、勤務時間は長すぎ~。休みに研修で出張とか泣ける…。

不満溜まるね~。薬剤師の資格あるんだし転職したら?

転職かぁ。ドラッグストアってみんなこんなかんじなのかな?

調べてみよ!


薬剤師としてのキャリアを考える際、企業の環境は重要な要素ですよね。特に「ブラック企業」かどうかは気になるところ。そこで、今回は薬剤師に人気のサンドラッグにスポットを当ててみました。職場環境や働く上でのストレス対策は万全なのでしょうか?

この記事の監修者

薬剤師:みわこ

30代後半の女薬剤師です。(アイコンは思いっきりAI加工しています)新卒で大手ドラッグストア(人間関係で9カ月で退職)→半年ニート→病院隣接の調剤薬局チェーン店(6年続けたけど結婚を機に退職)→3年子育て→職場復帰して大手調剤薬局チェーン店(人間関係がつまらなくて3か月で退職→専業主婦2年→健康食品会社の開発職(楽しかったけど1年で会社が倒産)→現在はベンチャーのオンライン調剤薬局会社で週3出勤のリモート薬剤師しています。

まるすけ社長をフォローする

サンドラッグは薬剤師に取ってブラック企業なのか?

薬剤師の間でよく耳にする「ブラック企業」という言葉。これは、過度な残業や休日出勤など、労働条件が厳しい企業を指す言葉です。しかし、サンドラッグは本当にそんな「ブラック企業」なのでしょうか?

サンドラッグって駅前とか商店街にもあるし郊外に大型店もあるよね。商品が多くてスーパーみたい!お菓子も安いし最高!

結論:サンドラッグはかなり良い会社なのでは?

実はサンドラッグは、薬剤師にとってかなり働きやすい環境を提供している会社と言えるかもしれません。その理由を3つ挙げてみましょう。

理由①約60年続く老舗の薬局

サンドラッグは約60年の歴史を持つ老舗薬局です。長年にわたって顧客の健康をサポートしてきた実績があり、地域社会に根差した信頼と安定を築いています。歴史が長いということは、それだけ多くの薬剤師が安心して働ける環境が整っている証拠かもしれませんね。

サンドラッグって知らない人いないよね!

理由②東証一部上場企業(プライム)

また、サンドラッグは東証一部に上場している企業です。これは、経済的な安定性や透明性が高く、社員にとっても安心の指標になります。上場企業であることは、給与や福利厚生がしっかりしていることの証でもあります。

東証プライムといえば日本の大企業の証!

理由③年間121日以上の休暇

驚くべきことに、サンドラッグの薬剤師は年間121日以上の休暇があると言われています。これは他業界を含めても非常に多い部類に入ります。休暇が多いことは、プライベートの充実やストレス管理にも効果的。薬剤師として長期的にキャリアを築くには理想的な環境と言えるでしょう。

休み多いの最高!


このように見ると、サンドラッグは薬剤師にとって「ブラック企業」というレッテルを貼るにはほど遠い、むしろ働きやすい環境を整えている企業のようですね。次に、なぜ「ブラック」と言われることがあるのか、その理由を掘り下げてみましょう。


サンドラッグが薬剤師が働くにはブラックと言われる理由

サンドラッグが時折「ブラック」と評されることには、いくつかの理由があります。ここで、その理由を詳しく見ていきましょう。

朝が早い

薬剤師としての一日は早朝から始まることが多いです。サンドラッグでも、開店前の準備や在庫管理など、朝の業務が盛りだくさん。朝型の人にはピッタリですが、朝が苦手な人にとっては少しハードルが高いかもしれません。

サンドラッグ早朝業務について

開店前準備のための早朝業務は主に品出しがメインです。
大型ドラッグストアとなるとかなりの商品数ですが、毎日ほぼ一定量の入荷があるため、連日開店までに間に合わせるように早朝から作業する必要があります。

一日の労働時間が長い←しかし、年間休日は多い!

サンドラッグでは、一日の労働時間が長いこともあります。特に忙しい日には、想定外の残業が発生することも。しかし、その一方で年間121日以上の休暇が保証されているので、長い労働時間と休日のバランスが取れています。

サンドラッグ採用情報【中途・薬剤師職】(2023年12月現在)
  • 給与:月収32.8万円~
  • 昇給:年1回(4月) 賞与:年2回(7月及び12月、基本給 約4ヶ月/年)
  • 手当:通勤手当・残業手当・地域手当・役職手当・資格手当・その他手当
  • 就業時間:1日平均実働8時間(週平均労働時間40時間以内、ローテーション制)
  • 時間外勤務:あり
  • 休日休暇:年間休日116日(週休2日)
  • 週休休暇:初年度10日間、最大20日間

休日に研修の出張がある・・・←手当は出るけど・・・

また、休日に研修やセミナーへの参加が求められることも。これは薬剤師としてのスキルアップには欠かせないものですが、プライベートの時間を削ることになるため、賛否両論あります。ただし、出張手当が支給される点はプラス面です。

出張に対する肯定的な意見
  • 新しい交友関係が築けるのが楽しい。
  • 出張先が楽しいところだったら、今度は旅行で観光してみたくなる。
  • 普段の仕事の気分転換になる。
  • 現地に行くことで、課題が見つかるかもしれない。


一日の労働時間が長くてもOKという人にはおススメ

長時間労働に対応できる方には、サンドラッグは魅力的な職場と言えます。

日本労働条件では一日8時間以上働いたら残業代がでます!

日本の労働法では、1日8時間を超える労働は残業とみなされ、残業代が支払われることになっています。サンドラッグも例外ではなく、残業が発生した際は残業代がしっかり支給されます。

あなたの職場は大丈夫ですか?

薬剤師と言えば給料が高いイメージがありますが、実際ドラッグストア勤務でも有資格者は待遇もしっかりしているので残業手当も当然付きます。
労働時間に対し相応の賃金が支払われない場合、会社組織そのものに問題があるかもしれません!

サンドラッグはもちろん残業代はしっかり支給される職場

サンドラッグでは、残業代が適正に支払われることが保証されています。長時間勤務が必要な場合でも、その分の対価はしっかりと受け取ることができるので、安心して働ける環境と言えるでしょう。

このように、サンドラッグはいくつかの面で「ブラック」と見なされることがありますが、これらは職場環境を充実させるための努力の一環とも考えられます。それぞれの働き方や価値観に応じて、サンドラッグは魅力的な選択肢になり得る職場です。

残業代、大事!

サンドラッグで働いた未来はどんな感じ?

サンドラッグで働く未来を想像してみましょう。どんな特徴があるのか、具体的に見ていきます。

とにかく休みが多い!

まず、サンドラッグで働く大きな魅力の一つが、その休日の多さです。年間121日以上の休暇があるというのは、他の多くの職場と比べても群を抜いています。この休日を利用して、趣味や家族との時間、自己啓発に時間を割くことができるのは大きな利点ですね。

休み多いの、最高!(2度目)

めっちゃ給料が高いわけじゃないけど安定!

サンドラッグの給与水準は、業界トップクラスというわけではありませんが、安定していることが魅力です。上場企業としての安定した経営基盤があるため、給与の面でも安心して長期的なキャリアを築くことができます。

安定が第一!

リストラの恐怖からは回避できる←上場企業は簡単に人を辞めさせられない

また、サンドラッグは上場企業という背景もあり、リストラのリスクが低いという点も見逃せません。安定した経営環境の中で、長く働き続けることができるのは、薬剤師として安心感を持つ上で非常に重要です。

上場企業ってスバラシイ!守られてる!

まとめ←サンドラックの薬剤師はブラックに嘆いているケースは少ない(と思う)

最終的に、サンドラッグで働く薬剤師が「ブラック企業」と感じるケースは意外と少ないのではないでしょうか。もちろん、早朝からの勤務や長時間労働、休日出勤などの課題はありますが、それを補って余りある休暇の多さ、安定した給与、リストラの心配の少なさなど、働きやすい環境が整っていると言えます。サンドラッグでのキャリアを考える際は、これらの点を踏まえて判断すると良いでしょう。

不満や不安で転職は全然あり!自分に合う職場を探そう!


(PR)

薬剤師なんてならなきゃよかった
なんで私だけ

やめてもいいよ

ファルマスタッフ特設サイト

提供:ファルマスタッフ