本ページはプロモーションが含まれています

40代の薬剤師は転職で年収下がる?←はい←でも、アップさせる方法を特別紹介!

薬剤師になってずっと同じ職場で働いているのですが、
40代に突入した今、転職を考えているのですが、実際
今からの転職ってどうなんだろう???

僕も40代の時に何度も転職を考えたなぁ。
役職にも就いていたから、収入が下がるのは嫌だし….
だから、僕は色々な所から情報集めをして転職を決めたよ!

この記事の監修者

薬剤師:みわこ

30代後半の女薬剤師です。(アイコンは思いっきりAI加工しています)新卒で大手ドラッグストア(人間関係で9カ月で退職)→半年ニート→病院隣接の調剤薬局チェーン店(6年続けたけど結婚を機に退職)→3年子育て→職場復帰して大手調剤薬局チェーン店(人間関係がつまらなくて3か月で退職→専業主婦2年→健康食品会社の開発職(楽しかったけど1年で会社が倒産)→現在はベンチャーのオンライン調剤薬局会社で週3出勤のリモート薬剤師しています。

まるすけ社長をフォローする

40代の薬剤師は転職で年収下がる?←はい

同じ職場に長く働いているからそれなりに給料も上がったりもしていたけど、今のこの状況から新しい職場に転職するとなると、給料がまた一からのスタートになりそうで怖いなぁ…..

結論:下がる可能性が高い

40代の薬剤師さん、注意!転職を考えているなら、ちょっと待った!なんと、年収が下がる可能性、かなり高いんです。ええ、本当に。でも、どうして?そんなに下がる理由があるの?

理由①:決して若くない転職

まず、一つ目の理由。年齢的に、「決して若くない」っていう現実。40代、キャリアの真っ只中だけど、転職市場ではちょっと厳しいかも。企業は若手を好む傾向があるから、年齢がネックになることも。でも、経験豊富な40代の魅力、見逃してほしくない!

調べてみたら実は、薬剤師の平均年齢は「45.7歳」なんです!
50歳以上の薬剤師も「38.7%」もいるそうです。
決して若くない年齢ですが、薬剤師の世界ではむしろチャンスなのではないでしょうか?

参照サイト:薬学ゼミナール「数字で見る薬剤師」

理由②:薬剤師は飽和状態

次に、薬剤師市場、実はちょっと飽和状態。そうなんです、薬剤師さんが多いんですよ。だから、新しい職場を見つけるのが大変かも。競争が激しいってことは、なかなか高い給料を提示してもらえないかもしれないんです。

調査してみたところ、確かに日本全体で薬剤師の競争倍率は高くなってきているようです。
しかし、薬剤師の有効求人の倍率は、他の職種と比べて3倍近くもあるそうです。どうやら、
薬剤師が都市部に集中しているため、地方の薬局や病院の方で深刻な薬剤師不足になっているようなのです。そのため高時給や好待遇の求人は、都会よりも地方に集まる傾向があるみたいです!!薬剤師の転職は地方が大チャンス?!

理由③:足元見られて安い初任給になる可能性が高い

そして、最後に。転職すると、新しい職場では「初任給」ってことになるわけです。ここがミソ。新しい環境では、経験を重視してくれない可能性も。つまり、足元を見られて、思ったより低い給料スタートになるかもしれません。

当社で調べてみた所、転職後年収が上がった割合は「55%」と以外に多い?!ようです。
ただし、年代別で分けてみると、30代の方が上がった割合が多いようです。
40代はちょっと低いみたいですね。



40代薬剤師でも年収キープorアップさせる手段

今までの情報をもとに求人を探せば、40代でも有効な転職ができそうだな!

薬剤師専門の転職サイトに登録←無料

転職で年収ダウン?いえいえ、そんなことはありません!40代の薬剤師さんでも、年収をキープ、またはアップさせる秘密の武器があるんです。それは何かって?薬剤師専門の転職サイトに登録すること!しかも、なんと無料!ビックリですよね?

メリット①:給与交渉を代行してくれる

最初のメリット、これ重要!給与交渉を代行してくれるんです。自分で言い出しづらい給料の話、プロにお任せできるって安心じゃないですか?交渉力もバッチリ。望んでいる給料に近づけるチャンスがぐんとアップ!

私、お金の事は特に自分から交渉できないタイプだから、プロの方に交渉をお願いできるって、とっても魅力的!ドラマ「ドクターX」の米倉涼子さんみたいな人が代行してくれると頼もしいわ!笑

メリット②:複数の求人情報を見比べながら転職活動ができる

次に、これまた大きなメリット。複数の求人情報を比較できるんです。一つ一つじっくり見て、自分にピッタリの職場を見つけることができる。選択肢が広がるって、転職活動にも張り合いが出ますよね!

複数の求人を見比べる事ができるのは、かなり良いね!
都会や地方の両方を比較できたり、薬局や病院のそれぞれのメリットデメリットなども比較できると、自分がどういった場所で働きたいか分析もできるだろうし、自分が求めている職場を見つける事ができそうだ!

メリット③:転職エージェントと一緒に活動できる

さらに、転職エージェントとタッグを組んで活動できるんです。これ、もう心強い以上!経験豊富なエージェントが、あなたの転職を全力サポート。プロの知識とノウハウがあるから、スムーズな転職が可能に。

転職って自分一人でやらなきゃいけない事のようなイメージが強いが、経験豊富なエージェントに頼っても良いのは本当に心強いな!正直友達にも相談しずらいし。。。
どうせだったら、ウッチャンナンチャンのウッチャンみたいに顔から優しさが溢れ出てて、気軽に相談できて、ここぞって時にはとっても頼りになる人がいいなぁ。欲張りすぎか!?

メリット④:面接から入社日までの手続きは担当が仲介してくれるから安全

そして、このメリットも見逃せません。面接から入社日まで、すべての手続きを担当が仲介してくれるから、安全安心。わからないことや不安なことがあっても、すぐに相談できるのがいいですよね。

面接から入社日までの全ての手続きを担当してくれるなんて、マネージャーのような事までしてくれるの!!!忘れっぽい私には、このメリットが一番魅力的だわ!

メリット⑤:無料←就職先企業側から料金をもらうから

最後に、もう一度強調しておきます。これ、全部無料!信じられないかもしれませんが、実は就職先の企業から料金をもらっているんです。だから、転職希望者には無料で提供できるのです。

転職エージェントは、メリットが沢山ある事がわかりました!

  1. 登録が無料!
  2. 企業とのやりとりを代行してくれる
  3. 企業の内部情報を事前に把握できる
  4. 面接の通過率が高くなる
  5. 条件交渉も代わりにしてくれる


などなど、まだまだメリットがあります!
こんなに便利なサービス「転職エージェント」を使わない手はないのです!



40代薬剤師の平均年収っていくら?大手なら680万円ぐらい

お待たせしました、40代薬剤師の皆さん!気になる平均年収のお話です。大手企業に勤める場合、平均年収は約680万円というデータがあります。すごいですよね!でも、これってどういうこと?

マツキヨや日本調剤の管理薬剤師なら700万円弱は可能性は十分ある

例えば、マツキヨや日本調剤といった大手チェーンで管理薬剤師として働くなら、年収700万円弱も夢じゃない!十分可能性があります。経験とスキルを活かせば、これくらい稼げる場所もあるんですよ。

ウエルシアや小規模の薬局だと600万中盤かな?

では、ウエルシアや小規模の薬局ではどうでしょう?こちらは年収が600万円の中盤くらいかなと思われます。大手と比べると少し低めですが、それでもなかなかの額ですよね。

えっ!!!私が思っていたよりも貰える額多くて少しびっくりです!
ウエルシア、近所にあるので、正直気になってはいたのですよね。
確かに大手と比べると低いですが、条件次第では充分の額でもあるなぁ。

結論:給料で選ぶなら、マツキヨor日本調剤系列の求人のススメ

というわけで、給料を重視するなら、やっぱりマツキヨや日本調剤系列の求人を狙うのがおすすめ。しっかりとした給与体系がある大手なら、安定した収入が期待できます。

給料だけで考えるとやはり大手か!他の条件が理由で転職を考える人も多いだろうけど、だとしても収入はかなり大事!!転職前よりも下がるとしても、極力下げたくないからね!

→この辺も担当のキャリアアドバイザーに相談してみましょう!

不安な点やもっと知りたいことがあるなら、担当のキャリアアドバイザーに相談してみましょう。プロのアドバイスが、あなたの転職活動をさらにスムーズに進める手助けとなるはずです。

【まとめ】40代薬剤師は転職で年収が下がるのか?

さて、ここまでの情報を踏まえて、40代薬剤師の転職で年収が下がるのか、まとめてみましょう。転職サイトの利用、大手企業の求人狙いなど、年収をキープまたはアップさせる方法は確かにあります。しかし、転職市場の状況や年齢、経験などを考慮すると、年収が下がる可能性を完全に無視するわけにはいかないでしょう。大事なのは、リアルな情報を手に入れ、自分のスキルと経験を最大限活かす転職戦略を練ることです。そして、プロのサポートを受けながら、最適な転職先を見つけることが鍵となります。

僕が転職をした頃よりもはるかに有能なサービスが増えているので、40代でも思いきって転職をできる時代だなぁと感じた!だからこそ遠慮せずどんどんプロのサポートを受けて、自分が求めている就職先をしっかり見つけて、先の未来に向けて悔いのないように行動して行こう!


(PR)

薬剤師なんてならなきゃよかった
なんで私だけ

やめてもいいよ

ファルマスタッフ特設サイト

提供:ファルマスタッフ