本ページはプロモーションが含まれています

薬剤師なんだけどリストラされた←それってあるある、解決法5選

急に呼び出されて、何かと思ったら解雇通知…この先どうしよう…

それは、大変だったね…そしたら私と一緒に解決策見てみよ。


ある日、突然のリストラ通知。薬剤師の世界でも、そんな「あるある」が増えています。でも、何故こんな事態が起きるのでしょう?そして、どう対処すればいいのでしょうか?気になるその理由と解決策を探ってみましょう!

この記事の監修者

薬剤師:みわこ

30代後半の女薬剤師です。(アイコンは思いっきりAI加工しています)新卒で大手ドラッグストア(人間関係で9カ月で退職)→半年ニート→病院隣接の調剤薬局チェーン店(6年続けたけど結婚を機に退職)→3年子育て→職場復帰して大手調剤薬局チェーン店(人間関係がつまらなくて3か月で退職→専業主婦2年→健康食品会社の開発職(楽しかったけど1年で会社が倒産)→現在はベンチャーのオンライン調剤薬局会社で週3出勤のリモート薬剤師しています。

中年薬剤師がリストラされるのはあるある

理由①薬剤師業界全体として人材移動が加速している

若い薬剤師を優先する職場が増えてきている。

薬剤師の世界では、今、大きな波が起きています!人材の大移動時代。特に、若手の活躍が目立ってきているんです。なぜかって?新しい技術や発想が求められるから。若い薬剤師たちが、新鮮な風を吹き込んでいるんですね。それで、経験豊富な中年層が、ちょっと影を潜めがちになっているんです。

そっかぁー…どこの業界でも若手の考えって必要なのかもね…

理由②過誤の責任が大きすぎ

キャリアを詰みすぎたが故、過誤の責任が重くなる。

長年のキャリアは、素晴らしいけれど、その分、責任も重い。一つのミスが、大きな問題につながりかねません。長い経験は、大きな責任を背負うこともあるんですね。まるで、山積みのカードのように、一枚のカードが崩れると全てが…。そんなプレッシャーの中での仕事は、なかなか厳しいものがあります。

社歴が長いと後輩からも頼られる存在になるし、上司には責任感を要求されるし…もうやだぁあああああー

理由③AIに仕事を奪われつつある

既に日本調剤・スギ薬局などは薬剤師のDX化を勧めつつある

そして、今、AIの波が!薬剤師の業界でも、AIの導入がどんどん進んでいます。日本調剤やスギ薬局など、大手企業では、もうDX(デジタルトランスフォーメーション)が進行中。これが、薬剤師たちの仕事をどんどん変えていっているんです。便利な世の中ですが、AIには勝てない…?そんな不安が頭をもたげる今日この頃です。

AIちゃん、ちょっと道譲ろうか。


薬剤師なのに突然のリストラ、そんなときの解決方法5選

リストラの通知が来たら、どうする?パニックになる?いいえ、まずは深呼吸。そして、ここに紹介する5つの解決策を試してみましょう。リストラは終わりじゃない、新しいスタートです!

①オンライン薬局業界で働く

これから高確率で伸びる業界だからある意味安定

今、注目のオンライン薬局業界。ここはまさに未来型の職場!ネットを通じて薬の相談や処方ができるんです。便利な世の中になったものです。そして、この業界、成長中。安定を求めるなら、ここが狙い目かも!?

2022年度の診療報酬改定で、大幅にオンライン診療、オンライン服薬指導のルールが緩和ました。

ここでは、薬局業界のオンライン化の取り組みを例に見てみましょう!

具体的なオンライン化には

  • 薬の配達サービス
  • 電子処方箋
  • オンライン服薬指導のサービス

などなど…とまあこんなものがあるんです。

今後もどんどんオンライン化が進むと予想されてるそうですよ!

②失業保険・傷病手当金を貰う

社会保険料を支払ってきたので、リストラ後のリカバリーは効きます

社会保険料、ちゃんと払ってきましたよね?それなら、この時こそ、その恩恵を受けるチャンス!失業保険や傷病手当金を利用して、一息ついてみましょう。安心して、次の一歩を考える時間が持てますよ。

失業保険と傷病手当金について説明しますよ!

失業保険っていうのは、

仕事を探してる人が「お金がない!どうしよう…」とならないようにお金を支給して支援する制度です。

傷病手当金というのは、

病気やけがで働けなくなって、治療のために仕事を休まないといけない時に支給される給付金のこと。

③労働基準監督署に相談

不当なリストラは違法かもしれません、一度確認しましょう

「えっ、こんな理由でリストラ?!」と思ったら、労働基準監督署へGO!不当なリストラの可能性も。専門家の意見を聞いて、自分の立場をしっかり確認しましょう。知らないと損することもありますからね。

ここでは、労働基準監督署について説明しますね!

労働基準監督署というのは、簡単にいえば企業が法律を破ってないか見張ってる機関のことです。

野原家でいう、みさえとしんのすけの関係でしょうか。うん、ちょっとずれてますね。

じゃあ、労働者に何してくれるのって話ですが

  • 企業に不当な扱いを受けたときの申告できる
  • アドバイスをもらう
  • 問題の対応を求める

何かができます!

具体的には、「残業代貰ってないんですけど!」みたいなことが事実が発覚した時、

労働基準監督署から企業に対して「残業代を払いなさい」って是正勧告してくれるんですね。

ただ、労働基準監督署の是正勧告は強制力がないのでそこは注意です。

④思いっきり地方に住む←薬剤師不足のエリアは多々あります

薬剤師専門の転職サービスで、キャリアアドバイザーに薬剤師の急募案件を確認しましょう

都会の喧騒を離れて、地方でのんびりと…いかがでしょう?薬剤師が不足している地域、実はけっこうあります。転職サービスを利用して、新たな場所での新生活をスタートしてみませんか?

地方の薬剤師が人手不足な主な理由として

  • 薬局やドラックストアがめっちゃ増えてその分の薬剤師の需要が増えたこと
  • 薬剤師の男女比は4:6で女性が多く、子育てや出産で休職する人なんかが多い

原因があります。ていうかこれは、地方に限らずの理由でもあるんですが…

そして、どんな都道府県が不足してるかというとほぼほぼ足りてないんです。

というのも、人口10万人に対して何人の薬剤師がいるかを見てみると

全国の平均は「190」人と出ています。

ですが、このラインに届いてない都道府県はかなり多く、特に少ない地域としては

  • 鳥取市 鳥取県 
  • 八戸市 青森県
  • 松江市 島根県
  • 八尾市 大阪府

があるそうです。オーマイごっと。

⑤とりあえず、旅行して、すっきり。

ピンチはチャンス。新しいことを始めるいい機会かもしれません!

最後に、ちょっと変わった提案。とりあえず、旅行に出かけてみませんか?頭をリセットして、新しい視点を得るチャンスです。帰ってきたら、新しいアイデアや気持ちで、新たなスタートを切る準備ができるかもしれませんよ!

リストラされたって、大丈夫。次の一歩を踏み出すためのアイデアは、たくさんあります。ポジティブに考えて、新しい道を切り開いていきましょう!


まとめ~薬剤師のリストラはよくあること←行動で解決可能

さて、薬剤師のリストラ。衝撃的な出来事かもしれませんが、実はそんなに珍しい話じゃありません。でも、大事なのは「どう立ち向かうか」です。リストラは終わりのサインではなく、新しいスタートの合図。そう考えてみると、ちょっとワクワクしてきませんか?

オンライン薬局業界で働く、失業保険を活用する、労働基準監督署に相談する、地方での生活を考える、そして、旅行でリフレッシュする。これらはただの一例です。選択肢は無限大。あなたに合った道を見つけてください。

この道のりは、一人で歩む必要はありません。薬剤師専門の転職サービスやキャリアアドバイザー、友人や家族のサポートを活用しましょう。あなたの経験とスキルは、まだまだ多くの場所で輝けます。

リストラを経験するということは、新しい扉を開くチャンス。行動を起こすことで、思いもよらない素晴らしい未来が待っているかもしれません。リストラされたら?それは、新しいステージへの第一歩。前を向いて、勇気を持って進みましょう!

急なリストラは本当につらかったよね…でもまたここから行動を起こしてたて直せばいいんだよ。焦らず、ゆっくりでいいんだよ。


(PR)

薬剤師なんてならなきゃよかった
なんで私だけ

やめてもいいよ

ファルマスタッフ特設サイト

提供:ファルマスタッフ