プロモーションが含まれております

会社の奴隷にならない唯一の方法「もう限界!」悲鳴を上げる前にこれ見て!

毎週月曜日がくるのが憂鬱~~!

あらまぁ…若い頃の私みたい…

でも実際、月曜日が憂鬱になるほど会社に嫌気さしてる人は多いはず…


会社員の皆さん、疲れていませんか?「もう限界!」そんな叫び声が聞こえてきそうな今日この頃ですが、会社の奴隷になることを避ける唯一の方法、それは理不尽な状況を理解し、自分の立ち位置を明確にすることです。では、一緒にその理由を深く掘り下げてみましょう!

まるすけ社長

岩手出身の40代後半以上の転職エージェント。2児の父。高卒・おにぎり工場勤務からリクルートに転職。そのあと、独立して人材紹介や派遣とかの会社を創業。みんなの転職クラブ創業者。

まるすけ社長をフォローする

年収500万円が目指せる
無料の転職サイトはdoda

奴隷の皆さんへ伝えたいこと〜会社の対応が理不尽な理由3選〜

なぜ、会社は従業員を奴隷のように扱うのでしょうか?その背景にはいくつかの理由があります。まずは、その理由を明確にして、自分たちの状況をしっかりと把握しましょう。

会社の奴隷として働くのは人生を捨てるほど、嫌だよ~~!

①経営が上手くいっていない

まず、経営が上手くいっていない会社は、コストカットの一環として人件費を削減したいという思惑があります。これは、「人件費を安くしたい」という明確な意図によるものです。従業員の給料を抑え、無給での時間外労働を当たり前のように求めることが日常茶飯事となっています。これは、まさに奴隷状態ですよね?

理不尽なコストカットは誰でも耐えられないものなの…

人件費を安くしたいという思惑

人件費を安くするためには、従業員に過剰な労働を強いることが一つの手段。しかし、これは従業員の健康やワークライフバランスを無視した行為です。これが理不尽なのは、言うまでもありません。

スタートアップやベンチャーに関しては給料も低いよね…

それで雑な扱いもされていたら、たまったもんじゃないよね~!

無給で時間外労働は日常茶飯事

時間外労働は、労働者の権利を無視した行為です。さらに、その時間外労働が無給であることは、もはや奴隷労働と言っても過言ではありません。これは、従業員を単なるコストとしか見ていない証拠です。

日本の時間外労働を決めているもの←36協定

サブロク協定という言葉を聞いたことはあるけど、意味がイマイチ分かっていないという人も少なくないはずです。

36協定とは、「時間外労働や休日労働に関して決めた協定」のことです。

労働基準法では労働時間は1日8時間の週40時間までと決められていますが、残業が発生してくる場合もあります。その場合は労働者との間で時間外労働についての決まりを決め、労働基準監督署に届ける必要があると決めているのもこの36協定です。

労働者の強い味方ですね。

②上層部との感覚の違い

次に、上層部と従業員との間には大きな感覚の違いが存在します。特に、「昔はよく〜したもんだ」という上層部のセリフは、時代の変化を無視した発言であり、現代の働き方とは相容れません。

ただ自慢したいだけなのか、苦労を後継したいのか…

10年もあれば働き方など変わってしまう中で、「昔はこうだった」と理不尽を言われるのは気持ちの良いものではないと思います。

「昔はよく〜したもんだ」←昔と今は違うんですけど・・・

昔の労働環境と今の労働環境は大きく異なります。しかし、上層部はその違いを理解せず、過去の常識を今に当てはめようとします。これは、時代遅れの考え方であり、従業員にとっては理不尽そのものです。

パワハラ事件の例え

新人がわからないところがあるから教えてほしい。と申し出て、上司が「自分で考えて」と突き放したり、「なんでこんなこともわからないの」というのは立派なパワハラになります。

新人からしてみれば、新しい環境、新しい業務内容でわからないことも多いのに教えてもらえないというのは理不尽すぎると思い、仕事への意欲をなくしていきます。

昔はリモートもなく、隣に上司がいて仕事内容を見て覚えることもできたと思いますが、近年はそうとも限らなくなってくるので、昔の価値観を新人に押し付けないでほしいものですね。

③文化系vs体育会系

最後に、企業内部の文化の違いも大きな問題です。文化系と体育会系の価値観の違いは、しばしば対立を生み出します。

性格の違いも理解してほしい

とにかく突っ込んでいけ!という体育系の営業会社は、文化系の性格をした人には向かず、辛いですよね。

価値観の違いで対立

文化系の従業員は柔軟な働き方を求める一方で、体育会系は従来の厳格な働き方を好む傾向にあります。この価値観の違いが、職場内での対立や摩擦の原因となることがあります。これは、組織内部の文化を統一することの難しさを示しています。

会社の奴隷が経験する会社の理不尽あるある3選

「会社の奴隷になっていない?」そんな質問に、あなたはどう答えますか?多くの方が「いや、そんなはずは…」と思うかもしれませんが、実はあなたも知らず知らずのうちに奴隷化しているかもしれません!ここでは、そんな会社の奴隷たちが日常的に遭遇する理不尽な状況を3つご紹介します。これ、あなたの会社にも当てはまりませんか?

同じく悩んでいる人はいる

Yahoo!知恵袋では、「会社員になったら一生奴隷のように働かなければならないのか」と悩んでいる人もたくさんいます。

その答えに対して回答者からは、「会社に満足していないようであれば転職しましょう」などの声がかけられているようです。

①異常な仕事量

「忙しいのは仕事だから仕方ない?」いいえ、その忙しさ、異常かもしれませんよ!

過労死と認定されるのは病気だけではありません。警察が詳しく調査して、過去の状況から働きすぎとみなされた場合、自ら命を絶っていても過労死と認定されている事例もあります。

人手が足りないのでは?←なぜ足りない?良い会社だったら足りているはず

仕事が山積みで、手が足りない…これって普通のこと?いえいえ、普通ではありません!仕事量が多すぎて人手不足になっているなんて、実は会社の経営が上手くいっていない証拠かもしれません。よく考えてみてください、本当に「良い会社」なら、こんなに人手が足りない状況にはならないはずです。

日本一忙しい会社は?

最近ではホワイトな企業も増えてきているようですが、まだまだブラックな会社も存在し、理不尽な忙しさを感じる業界もあります。

1位「運送会社」
運送会社では2024年問題で働く時間を制限されますが、その代わりに休憩を減らされたり短時間で一気につかれる仕事を押し付けられる会社があると良そうされています。

2位「飲食系会社」
感染症が流行って外食が減った今でも飲食系の会社は変わらず忙しく、休みを取るなら代わりを探せと言われることもあるようです。

3位「IT系会社」
DX推進やいろいろな機械の高性能化が進むこの時代にIT系の会社はどんどん忙しくなり一人一人が請け負う仕事の量が増えていくことが予想できます。

経営が下手な証拠←もしかしたら潰れるかも・・・

仕事量が多すぎるのは、実は会社の経営戦略が間違っている可能性大!「忙しい=良い会社」ではないんです。実際、忙しすぎることは、会社がうまく回っていない、もしかしたら将来的に潰れるかもしれない、という警告信号かもしれません。

忙しい会社ほど倒産しやすいかも?

「自分が休んだら会社が回らない」といって体調が悪いのに働く人がいますが、そういう会社ほど、倒産しやすい傾向にあります。

1人が休んだだけで回らない会社は今後の変化についていけるはずがないと思います。

②時間外労働

「残業はエリートの証?」いやいや、そんなことはありません!

最近は残業しなくてもちゃんと終わるべき業務が終わらすことができる人の方が、評価されてるみたいだよ…

更に「無給で」というおまけ付き

時間外労働、それも無給で…これはもはや違法行為ですよ!自分の権利を守れていますか?会社はあなたの労働に対してきちんと対価を払うべきです。これはあなたの「権利」ですからね!

あなたは機械ではなく一人の人間なんです~!

権利が守られていない

残業代を払わない会社、これはあなたの労働権を侵害しています。もし会社があなたの時間外労働に対して適切な対価を支払っていないなら、それは大問題。自分の権利は自分で守るしかないのです。

時間外労働で無給って相談すれば、労働組合もすぐ動くはずよ!

③パワハラ

最後に、これが一番深刻かもしれません。

パワハラが一番許せない…もっと基準対象に線がはっきりと引かれればいいのに!

もう、終わってます・・・

パワハラ、これはもう言うまでもありません、完全にアウトです。上司や同僚からの威圧的な態度、無理な要求、これらはすべて「パワーハラスメント」に該当します。これに耐えているあなた、もう限界かもしれませんよ。

上司さえ違ければ!って毎日のように思ってる…

会社の奴隷の皆さん、聞いて!

「会社の理不尽、もう日常ですか?」そう思っているあなた!ちょっと待ってください。理不尽は決して当たり前ではありません。実は、あなたにはもっと良い選択肢があるんですよ!

仕事をなくすわけにいかないと思ってる人も多いだろうし…ね。

会社が理不尽←当たり前に思ってる?

「会社が理不尽?そういうものだと思っていた」と感じている方、多いのではないでしょうか。でも、それは大間違い!会社が理不尽であることは、決して当たり前ではありません。あなたが権利を主張し、働きやすい環境を求めることは、とても大切なことなのです。

理不尽な上司への対応は、上司の上司に相談するのが一番です!

それでも守ってくれない会社は…もう終わりだよね。

決して当たり前ではない

働く上での理不尽は、我慢するものではありません。あなたはもっと良い労働環境に値する人です。理不尽を当たり前と思わないで、自分の働きやすさを最優先に考えましょう。

良い条件で雇ってくれる会社があるはず

「こんな会社しかないのかな…」と思っていませんか?いえいえ、そんなことはありません。世の中には、あなたの才能を正当に評価し、良い条件で雇ってくれる会社が必ずあります。諦めずに探してみてくださいね。

転職こそが転機という可能性もあります!もっと条件のいい会社で働きましょう!

【更新】2024年06月19日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

さあ、脱奴隷へ!「会社が理不尽!しんどい!もう辞める!」となったら

「もう耐えられない!」と思ったら、それは転職のサインかもしれません。今の会社を辞めて、新しい職場への道を探しましょう。

2人に1人は転職サイトを見ている時代って本当?

近年では市場価値を知ることができる転職サイトや、企業からスカウトされるという転職の仕方も珍しくはありません。

まずは、転職サイトに登録してみて自分の価値を知るところから始めてみましょう!

今の会社を辞めて転職活動←これしかない

「辞めるのはリスクが大きい?」いいえ、辞めないことの方がもっと大きなリスクかもしれません。辛い状況で働き続けることは、あなたの心と体に大きな負担をかけます。新しい職場で、新たなチャンスを見つけましょう!

現在はフリーランスとして自分の好きなように働いてる人も多いみたいですよ!

辛い状況で働いていても精神的に病んでしまうだけ

現状に留まることは、精神的な健康を害する可能性があります。ストレスは体だけでなく、心にも悪影響を及ぼします。自分の健康を守るためにも、転職を考える時期かもしれませんね。

精神的ストレスがたまると精神疾患も患いやすくなるし、人としての生活もできなくなるよ

辞めても手当てがある

「辞めたら収入がなくなる…」そんな心配は無用です。日本には失業保険などの制度がありますから、転職活動中も安心して生活を続けることができます。安心して転職に踏み切ってください。

退社後の社会保険制度はどうしたらいい?

社会保険の資格失効日は退社日の翌日になります。

手続きに関しては会社が行ってくれるので、忘れず保険証を返還するようにしましょう。

まとめ←会社の奴隷から解放されたい←今すぐ辞めて転職だー!

会社の奴隷から脱出するには、まずは自分の状況を正しく認識すること。理不尽な状況は決して当たり前ではありません。もっと良い働き方、もっと良い会社があなたを待っています。今すぐ行動を起こして、自分らしい働き方を見つけましょう!転職は、新たな自由への第一歩です!

仕事に人生潰されるより人生楽しく生きた方が良くない?

今すぐ転職サイト登録してみるぅぅぅぅ

【最新】2024年06月19日
オススメ転職エージェント