プロモーションが含まれております

会社辞めなきゃよかった!後悔している人が勝ち組になるための行動

仕事がつらくて転職したものの、
思っていたような結果が得られず後悔しちゃう。

実はこんな悩みを抱えている人は
結構いるんです。

それでもめげずに努力すれば
より良い結果は訪れます。

仕事に対する不平不満があるのなら、
一度この記事を読んでみて!

仕事はつらいけど我慢しなくちゃ。
そんなことはありません!

仕事に対する考え方を理解すれば
今まで以上に仕事が捗ります。

そうすれば時間やお金に余裕ができるし、
恋愛だって成功しちゃう。

家族との時間も大切にできるし、
いいこと尽くし!

少しでも迷いを感じているなら
自分はどうしたいのか考えてみるのもアリだよ!

まるすけ社長

岩手出身の40代後半以上の転職エージェント。2児の父。高卒・おにぎり工場勤務からリクルートに転職。そのあと、独立して人材紹介や派遣とかの会社を創業。みんなの転職クラブ創業者。

まるすけ社長をフォローする

年収500万円が目指せる
無料の転職サイトはdoda

会社辞めなきゃよかった…やっぱり戻りたいってアリ?アリよりのナシ!

辞めた後に「戻りたい」と感じることは、誰にでも起こり得る心境の変化です。しかし、過去に戻ることは、前進ではなく、時に成長の機会を逸することにもなりかねません。

思い切って会社を辞めたのはいいものの、本当にこの選択肢で合ってたのかな・・・?

聞くのはタダ!とりあえず戻りたいと伝えてみる

退職後に再びその会社に戻りたいと思ったら、まずはその意思を伝えてみるのも一つの方法です。しかし、この決断をする前に、退職を決めた理由と、再び同じ場所で働くことの意味を深く考えることが重要です。時には、新たな環境が新しい自分を見つける機会となることもあります。

本当に勢いだけで退職した場合は戻りたい意思を伝えてもいいけど、悩んだ末に導いた答えならもっといい環境が待っているかも!

同じことの繰り返しになるかも?次に行こう!

過去の職場に戻ることで、同じ問題や困難に再び直面する可能性があります。一度辞めた理由が解消されていなければ、同じ状況が再び起こることも考えられます。新しい環境への移行は、新たな挑戦と成長の機会を提供します。過去を振り返るのではなく、新たな一歩を踏み出す勇気を持ちましょう。新しい職場で新しい人間関係を築き、自分自身をさらに成長させるチャンスが待っています。

何か自分の中で疑問に感じることがあって仕事が辞めた場合、たとえ戻っても同様のストレスを感じたまま働かなければなりません。

「会社辞めなきゃよかった」って思うのはどんなとき?←お金や働き方のこと

「会社を辞めた後に後悔する」という感情は、特に経済的な不安や働き方の変化が原因で生じることが多いです。転職は新たな機会をもたらす一方で、予期しない課題を引き起こすこともあります。

転職する場合は思っていたような改善が見受けられなかった時の対処法も覚えておかないと・・・。

転職したら給料が下がった

転職市場は不確実で、新しい職場での給与が前職を下回ることも少なくありません。特に、業界や職種を変えた場合、経験やスキルが新しい環境で十分に評価されないことが原因で、給与面での不利益を感じることがあります。

前職より忙しくなった

転職によって仕事量が増え、ワークライフバランスが損なわれるケースもあります。新しい職場での役割や責任が増えることで、想定以上に忙しくなり、精神的・身体的な負担が大きくなることがあります。

前職が辛くて転職したのに、余計に忙しくなって余計にストレスを抱えるハメになっちゃった!

そもそも再就職できない

退職後にすぐに新しい職に就けるとは限らず、予想以上に再就職が困難な状況に直面することもあります。特に経済状況が不安定な時期や、専門性の高い職種では、求人が限られているため、再就職までの期間が長引くことが原因で「辞めなければよかった」と後悔することがあります。

もっとスムーズに次の仕事が見つかると思ってたのに、ぜんぜん再就職できなくて困ったな・・・。

新卒ならではの辞めなきゃ良かった後悔ポイント

新卒で入社した会社を早期に辞めることは、一見すると新たなスタートを切るチャンスのように思えますが、後になって「辞めなければよかった」と感じることがあります。その理由は以下の通りです。

新卒だって思ってたような仕事じゃなくて辞めたいと思う瞬間は必ずあるからね!

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

新卒カードを失う

新卒として就職活動をする際には、多くの企業が新卒採用を行っており、比較的選択肢が広がっています。しかし、一度会社を辞めてしまうと、再就職活動では「新卒」としての特権を活用できなくなります。これにより、就職活動がより困難になる可能性があります。

たとえブラック企業を辞めた場合でも、すぐに仕事を辞めてしまうとそれだけで新卒ならではの優遇は受けられなくなってしまいます。

友達に会いにくくなる

同期や職場の友人とは、共通の経験を通じて深い絆を築くことが多いです。会社を辞めてしまうと、これらの人々との接点が減少し、友人関係を維持するのが難しくなることがあります。職場外で友人を作る機会も減り、孤立感を感じることもあるでしょう。

仕事を辞めたことが負い目になるので、今までの交友関係を維持するのは大変なことなんです。

自己肯定感が下がる

新卒で入社した会社を早期に辞めた場合、自己肯定感が下がることがあります。これは、周囲からの期待に応えられなかったり、自分で設定した目標を達成できなかったと感じたりすることによるものです。また、再就職活動が思うように進まない場合、この感情はさらに強まることがあります。

辞めるの待って!今の会社って本当にダメ?冷静になって考えよう

退職を考える前に、現在の職場の状況を冷静に分析することが大切です。給料、勤務時間、人間関係など、さまざまな側面から現状を評価し、本当に退職が最善の選択なのかを考えてみましょう。

本当に過酷な状況であれば転職も大切ですが、一時的なストレスであれば待遇や環境が大きく変化することだってあります。

給料のこと

お金が理由で働く場所を決めるのはやましいことではありません!

他の会社と比べて給料は安い?高い?

市場価値を知るためには、同業他社や異業種での給料水準を調べてみることが重要です。自分のスキルや経験がどの程度評価されているのか、客観的なデータをもとに検討してみましょう。

ネットでは業種によって給与水準が公開されていることがあるので、それらを元に自分が正しく評価されているのか見極めるのも大切です。

給料が安くても残業が少ないなら良くない?

給料だけでなく、労働時間やワークライフバランスも重要な要素です。残業が少なければ、プライベートの時間を充実させることができます。仕事とプライベートのバランスをどのように取るかも考慮に入れましょう。

副業するとか上司に給与アップの相談をするとか

給料に不満があるなら、副業を検討するか、給与アップの相談を上司に持ちかけるのも一つの方法です。自分の価値をしっかりと伝え、適正な評価を受けるための交渉も考えてみましょう。

給与に対して不満があるなら給与アップの相談や、自分のスキルを駆使して副業をすれば大きな収入になることだってあります。

勤務時間のこと

働くことは嫌いじゃないけど、やっぱりプライベートも大切にしたい!

残業が少ない職場なら退社後の時間を楽しめる

残業が少ない職場は、個人の趣味や家族との時間など、自分の時間を有意義に使える大きなメリットがあります。自分にとって大切なことは何か、優先順位を見極めてみましょう。

忙しくても残業代で稼げるならお金貯まるよね

多忙な職場でも、しっかりと残業代が支払われる場合は、経済的な利点も考慮する必要があります。短期的な貯蓄目標がある場合など、この点がプラスに働くこともあります。

【更新】2024年06月18日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

人間関係のこと

勤務時間や給与に対する文句はないけど、人間関係が悪すぎて転職したいんだよね。

これがダメだと他が良くても無理!

職場の人間関係は、働く上での満足度に大きく影響します。もし現在の職場の人間関係に問題があるなら、それが改善可能かどうかを考えてみましょう。時には、新しい環境でのスタートが必要な場合もあります。

転職したら今の仲間は居ないけど平気…?

現在の職場に良い同僚や友人がいる場合、その人間関係を手放すことの意味もよく考える必要があります。新しい職場で新たな人間関係を築くことに自信があるか、自分自身に問いかけてみましょう。

後悔しててもしょうがない!会社辞めた後のステップ

会社を辞めた後に後悔しても、時間は戻りません。大切なのは、前向きに次のステップに進むことです。ここでは、会社を辞めた後に取るべき行動を5つのステップに分けて紹介します。

①自己分析して自分を知る

まずは自己分析を行い、自分の強みや弱み、興味や価値観を深く理解しましょう。自分が何を求め、どんな環境で働きたいのかを明確にすることが重要です。これは、次のステップに進むための基盤となります。

②希望する職種を決める

自己分析の結果をもとに、希望する職種を決めます。自分のスキルや経験が活かせる職種、興味がある分野を考慮しながら、目指すべき職種を具体的に定めましょう。可能であれば、将来性やキャリアパスも考慮に入れると良いでしょう。

あなたが持っているそのスキル、他の分野で活用できる機会がたくさんあります!

③資格や勉強で自分の価値を高める

希望する職種に必要なスキルや知識があれば、資格取得や勉強を通じて自分の市場価値を高めましょう。専門的な知識やスキルは、転職市場での競争力を高めるために有効です。オンライン講座や通信教育など、利用できるリソースは豊富にあります。

④転職サイトに登録

希望する職種が決まったら、転職サイトに登録し、求人情報を収集しましょう。複数の転職サイトを利用することで、より多くの情報を得られます。また、専門の転職エージェントに相談することも、効果的な戦略の一つです。

自分に合った企業が必ず見つかる上に、エージェントに相談すればより良い転職先が見つかるなんて最高じゃないか!

⑤応募する

情報収集を行い、自分に合った求人が見つかったら、積極的に応募しましょう。応募書類の作成や面接の準備には、事前のリサーチが重要です。自分の経験やスキルを効果的にアピールし、企業に自分の価値を理解してもらうために努力しましょう。

【まとめ】会社辞めなきゃよかった…戻れないなら進むだけ

会社を辞めた後に後悔しても、過去には戻れません。重要なのは、未来に向かって一歩ずつ進むことです。自己分析をして自分の強みを理解し、希望する職種を明確に定めましょう。さらに、資格取得やスキルアップに励み、自分の市場価値を高めることが次のステップへの鍵となります。転職サイトへの登録や積極的な応募を通じて、新しいキャリアの道を切り開きましょう。戻れないなら前だけを見て、新たなチャンスを掴むために進んでいきましょう。

仕事を辞めたことで後悔するよりも、これから先の未来を掴むために行動すれば必ず良い結果が訪れます!

【最新】2024年06月18日
オススメ転職エージェント